美容外科・皮膚科のニキビ治療について



ニキビが出来たら自分でケアする方がほとんどではないでしょうか。「ニキビがひどくなって自分の手に負えなくなったら病院に行けばいい」と、医療機関を最終手段として考えている方が多いようです。

しかし、ニキビは尋常性ざ瘡と呼ばれるれっきとした皮膚の病気です。


確かに、軽度のニキビであれば特別なケアを行わずとも、跡形もなく綺麗に治るケースもありますが、市販のニキビ薬が合わなかったり、間違ったニキビケアを行うことで、ニキビ跡として残ってしまうくらい重症で厄介なニキビに成り得ることもあります。

医療機関では保険が効くニキビ治療が受けられますので、ニキビ跡を残さず綺麗にニキビを治したい!という方は一度皮膚科へ足を運んでみてはいかがでしょうか。


たかがニキビ、されどニキビ…つまり、ニキビを甘く見ていると後で後悔する可能性がある、ということだけでもココを読んで心に留めておいてもらいたいものです。



ニキビで悩まない為には、ニキビが大きくなる前に初期の段階でしっかりとケアしておくことが大切です。自分に合ったニキビ化粧品をお使いの方は問題ありませんが、ニキビが全然治らないのにセルフケアを続けている方は、ぜひ一度皮膚科で相談してみることをおすすめ致します。


ニキビだけじゃなくニキビ跡がコンプレックスだと言う方は、美容外科での治療も検討してみてはいかがでしょうか。

ただ、効果が高い分、副作用やリスクなどデメリットも気になると思いますので、下記の記事をぜひ参考にしてニキビ治療を検討してみてくださいね。

美容外科・皮膚科の治療の関連記事


皮膚科でのニキビ治療とは?



皮膚科などの医療機関ではどのようなニキビ治療が受けられるのか気になるところですよね。ここでは皮膚科でのニキビ治療についてお話したいと思います。

皮膚科では、国家資格を持つお肌の専門医によるニキビ治療が行われます。

ニキビがどんな状態なのか、日頃どのような生活習慣を送っているのか、など簡単なカウンセリングをして、患者さんに合ったニキビ治療法を導きだしてくれます。

皮膚科で行うニキビ治療は主に、

・面ぽう圧出
・処方薬
・ケミカルピーリング

などがあります。

面ぽう圧出とは、スティック状の専用の器具を使用してニキビの中身を押しだす、いわば荒業治療とも言われる方法です。ニキビの炎症を防ぐ為に、できたばかりの白ニキビの段階で行います。

面ぽう圧出は、ニキビが治りやすく同じ箇所には再発しにくくなるというメリットがありますが、圧出時に痛みがやや強く感じる場合もあります。


また、皮膚科では主にニキビの炎症を抑える抗炎症剤と、ニキビ菌に働きかける抗生物質が処方されます。抗生物質には、飲むタイプの内服薬と塗るタイプの外用薬があります。服用する期間は、人それぞれ症状によって異なりますので、先生と相談しながら最適な状態をキープできるように通院する必要があります。

そして、ケミカルピーリングは保険が効かない自由心療となりますが、ニキビ以外にも様々な美容効果が期待できる為、最近女性を中心に人気のある治療法です。ケミカルピーリングとは、フルーツ酸などの薬剤を使用し、皮膚にたまった古い角質や毛穴に詰まった汚れなどを溶かして処理する方法です。

ニキビ予備軍を取り除いてくれるので、ニキビの悪化を防いでくれます。また、ターンオーバーを促す効果もありますので、ニキビが出来にくいお肌へと整えてくれます。医療機関での治療は効果も高いですが、デメリットもありますので、その点に注意して受診してください。

 ニキビ跡、化粧水を選ぶならどれ?

美容外科によるニキビ跡治療



皮膚科は皮膚疾患の治療を目的としていますが、美容外科の場合は美容を目的としています。そのため、ニキビ治療への自由度が高い点が魅力ではありますが、安易に足を運んでしまうのは考え物です。

ここでは、簡単に美容外科のメリット・デメリットや治療法についてお話致します。

■メリット
・ニキビ跡ケアの効果が高い
・専門医による専門的な治療が受けられる

■デメリット
・費用が高い(自由診療になるため保険は適用外)
・治療には数か月かかる
・医師の腕によって治療効果が異なる
・効果が高い分、強い副作用が出ることも


美容外科の魅力は、効果が高いことにあります。しかし、費用は1回の治療につき、2~3万円ほどかかる所が多く、定期的に繰り返し治療を受けなくてはなりません。満足いくまで通うとなると、数十万単位の出費は覚悟しなくてはなりません。

では、美容外科で受けられる代表的なニキビ跡治療をご紹介いたします。


・レーザー治療
レーザー治療とは、特定の波長を持つ光を利用して患部を治療することです。レーザーは色素に反応しますので、色素沈着や赤みといったニキビ跡は次第に改善されていきます。

ただ、使用する機械によって痛みや赤みを伴うこともありますので、クリニック選びには注意が必要です。


・ケミカルピーリング
フルーツ酸やサリチル酸といった化学薬品によって、肌表面に溜まった古い角質を強制的に除去する治療法です。ターンオーバーで剥がれ落ちなかった角質をクリアにすることができますので、色素沈着ニキビ跡にも有効です。

また、ピーリングの刺激によってコラーゲンの生成が促されますので、程度の軽いクレーター跡にも効果的です。

しかし、ピーリングは肌へのダメージが気になる所です。できれば、ニキビ跡化粧水でのお手入れや生活習慣の見直しなど、自然な形でターンオーバーを促したいですね。