なぜできる?ニキビの原因はこれ!

ニキビができる原因、きっかけには様々なものがありますが、根本的な原因は毛穴の「皮脂詰まり」です。

皮脂詰まりを起こす大きな原因に、「皮脂の過剰」と「角化異常」があります。

 
どんな時に皮脂の過剰や角化異常が生じるのか、その原因と対策を説明します。

ニキビの種類

ニキビは進行具合によって、赤ニキビや白ニキビなどの種類に分けられます。

またニキビができやすい時期から、「思春期ニキビ」や「大人ニキビ」という分類もあります。

 
それぞれのニキビの特徴について見ていきましょう。

白ニキビ・黒ニキビ

初期のニキビには微小面皰(めんぽう)と白ニキビがあり、まだ炎症を起こしていないニキビです。

すべてのニキビは皮脂腺の出口(毛穴)がふさがれる「皮脂詰まり」が原因です。

 
ニキビの原因として「皮脂の過剰」がよくあげられますが、皮脂が過剰でも皮脂詰まりを起こさない限りニキビはできません。

「微小面皰」は、いわばニキビの赤ちゃんで、まだ見た目では分らない大きさです。

 
微小面皰が何個かあると、手で触れたときに「肌のざらつき」を感じます。

微小面皰のすべてが大きなニキビに進行するわけではなく、スキンケアで解消することもあります。

 
「白ニキビ」は、毛穴に溜まった皮脂が白く透けて見える、初期のニキビです。溜まった皮脂によって皮膚は少し盛り上がっています。

白ニキビの角栓が空気に触れて酸化し、黒ずんで見えるのが「黒ニキビ」で、解放面皰とも言われます。

赤ニキビ・黄ニキビ

皮脂の過剰な分泌も、ニキビの原因になります。

毛穴詰まりを起こしている白ニキビに皮脂などの汚れが溜まると、炎症を起こして「赤ニキビ」や「黄ニキビ」になります。

 
「赤ニキビ」は、溜まった皮脂の中でアクネ菌が増殖して、炎症を起こしているニキビです。

熱を持った感じや、軽い痛みを感じることがあります。

 
「黄ニキビ」は炎症が進行して、毛穴に膿が溜まって黄色く見えるニキビです。

痛みがあり、真皮層のダメージが大きくなってクレーター状のニキビ跡が残ることがあります。

 
黄ニキビがさらに進行して、毛穴の外で内出血が起きると「紫ニキビ」と呼ばれ、真皮層のダメージはさらに大きくなります。

思春期ニキビ・大人のニキビ

ニキビはできる年齢によって、「思春期ニキビ」と「大人のニキビ」に区別されます。

男子は11歳、女子は10歳くらいから第二次性徴期に入り、男子は男性ホルモンの分泌が盛んになり、女子も女性ホルモンと共に男性ホルモンの分泌も増えます。

 
男性ホルモンの分泌が増えると、皮脂の分泌が増え、角化異常も起きやすくなります。これが「思春期ニキビ」の原因です。

「大人のニキビ」は、肌の乾燥とストレスが2大原因です。どちらもやはり皮脂の過剰と角化異常を招く要因になり、ニキビができやすくなります。

 
皮脂の過剰な分泌はニキビの原因になりますが、実は乾燥もよくありません。

肌は乾燥すると、これ以上水分が奪われるのを防ごうとして、必要以上に皮脂を分泌してしまうのです。

 
またストレスを受けるとホルモンバランスが乱れ、男性ホルモンの割合が大きくなるため、これもニキビの原因になるのです。

とくに大人のニキビは、男性ホルモンの感受性が高いフェイスラインに多発します。

 

ニキビができる原因は?

ここまで見てきた通り、ニキビには色々な種類があります。これらのニキビの原因について、詳しく見ていきましょう。

ホルモンバランスの変化

ホルモンバランスの変化は、代表的なニキビの原因の一つです。

女性ホルモンには「卵胞ホルモン」と「黄体ホルモン」があります。

 
生理前の2週間は「黄体期」と呼ばれ、肌の調子が悪くなり、ニキビもできやすくなります。

その理由は、この期間は卵胞ホルモンの分泌が減って、黄体ホルモンの分泌が増えるからです。

 
卵胞ホルモン(エストロゲン)は「美肌のホルモン」とも呼ばれ、肌に潤いや張りを与える働きがあります。

生理前は卵胞ホルモンの分泌が減り、肌が乾燥しやすくなります。乾燥して硬くなった肌では皮脂詰まりが起きやすくなります。

 
一方で黄体ホルモン(プロゲステロン)は、皮脂の分泌を活性化させる作用があり、黄体期には皮脂の分泌が増えて、皮脂詰まりを起こしやすくなります。

また黄体ホルモンが増えることによって、肌の抗菌作用が低下するのも、ニキビができやすい原因です。

 
また生理前は、イライラする、落ちこむ、怒りっぽくなる、など感情の動きが不安定になりがちです。

月経前症候群(PMS)と呼ばれるこのような症状も、ニキビの原因になります。

 
精神的なストレスは男性ホルモンの分泌を活性化して、それによって皮脂の分泌が増えます。

生理前のニキビがフェイスラインや口の周りにできやすいのは、この部分(男性では髭の生える場所)の肌は、男性ホルモンに対する感受性が高いからです。

睡眠不足による自律神経の失調

睡眠不足で肌の調子が悪くなるのは誰もが経験することですが、ニキビの原因にもなります。

睡眠不足は心身に大きなストレスを与えます。

 
このストレスによって自律神経は「興奮モード」になり、「リラックスモード」への切替がスムーズに行かなくなります。

自律神経の興奮モード(交感神経が優位な状態)は、言い換えると心身の「戦闘モード」で、皮膚の血流が低下し、男性ホルモンの分泌が増えます。

 
男性ホルモンが増えると、皮脂の分泌が増加します。

睡眠不足は、血流の低下による肌の乾燥と皮脂の増加を招き、ニキビの大きな原因になります。

 
また「美人は夜作られる」と言われるように、睡眠中は成長ホルモンが分泌され、身体のダメージが修復・再生される時間です。

睡眠不足で肌の修復・再生が進まないと、ダメージが蓄積して肌荒れを起こしやすくなります。

 
肌荒れを起こしバリア機能が低下した肌では、ニキビもできやすく、悪化しやすくなります。

食生活の乱れによる肌の機能低下

「チョコレートを食べるとニキビができる」という噂は、今では「関係ない」が結論のようですが、一方で「ニキビができやすい時期にチョコレートを食べたくなるのだ」という見方もあります。

食べ物とニキビの関係を考えるには、「食べすぎるとニキビの原因になる食品」と「不足するとニキビができやすくなる栄養素」という2つのアプローチが実用的です。

 
食べ過ぎがニキビの原因になる食品の代表は、「糖質(炭水化物)」です。

糖質は体温を保ち、身体を動かすエネルギーになりますが、余ったエネルギーは中性脂肪として蓄えられる一方で、皮脂の分泌も増やします。

 
糖質に偏った食事をしていると、血糖値が急上昇し、それを処理するためにインスリンが大量に分泌されます。

脂肪分よりも糖質の食べすぎが中性脂肪を増やす、と言われるのはこのためです。

 
また、スナック菓子の食べ過ぎや糖質に偏った食事は、タンパク質、食物繊維、ビタミンなどが不足しがちで、その面からも肌に悪い影響を与えます。

これらには、皮脂の分泌を調節・抑制する作用があるので、不足すると皮脂が過剰になりがちです。

 
また肌の健康を守るために必要なビタミンB群が不足すると、肌荒れや乾燥を起こしやすく、それがニキビの原因になります。

食物繊維は、腸内環境を整えるために重要なはたらきをしており、不足すると便秘を起こしやすくなり、それがニキビの原因になります。

ニキビの原因の関連記事

実は身近に潜んでいる!意外なニキビの原因とは?
マスクがニキビの原因になるって本当?
お風呂で洗う順番は?シャワーで顔を洗うのはNG?
【知っておきたい】ニキビ対策には室内環境の改善が大切!

<その他の関連記事>
「ニキビの原因」の記事一覧

 

原因に応じたニキビ対策

ニキビ対策は、皮脂詰まりを防ぐことが肝心で、そのためには「皮脂の過剰を抑える」ことと、「肌荒れや乾燥肌を起こさない」ことが重要です。

ニキビが出来るのを防ぐには、日常生活のどんな対策が役に立つのでしょうか?

肌を乾燥から守るスキンケア

ニキビの原因である「毛穴詰まり」ができないようにするには、日頃のスキンケアが大切です。

最も重要なのは、保湿を十分にして肌を乾燥させないことです。

 
肌は乾燥すると、バリア機能を高めようとして、角質層を厚くし、皮脂の分泌を増やします。

必要以上に皮脂を洗い流したり、角質を剥がし過ぎるのも、ニキビの原因になります。

 
紫外線も肌を乾燥させ、角質を厚くする作用があるので、UVケアも重要です。

規則的な生活習慣

規則正しい生活習慣で、自律神経を安定させ、ホルモンバランスの乱れを防ぐことで、ニキビの発生を予防することができます。

自律神経の安定には、十分な睡眠時間を確保することが、もっとも重要です。

 
夜型の生活は、睡眠不足になりがちなので、早寝早起きの習慣を付けましょう。

糖質や脂質に偏らない、バランスのとれた食生活もニキビの予防に役立ちます。

ストレスを溜めない

ストレスも自律神経やホルモンバランスの乱れを招きます。

ストレスには自分では気付きにくいものものあるので、いつの間にか溜め込まないように注意しましょう。

 
とは言っても、ストレスの解消は簡単ではありませんね。

一度ストレスにじっくり向き合って、それを乗り越えることが必要な場合もあります。

 
ストレスが大きい人の中には、実際の自分よりも他人に良く見られたい、という気持ちが潜んでいることがあります。

そんな時は「正味の自分」で勝負することで、ストレスが少なくなります。

 
ニキビの原因は多種多様なので、あれも良くない、これも良くないと考えると、対策が定まりません。

まずニキビの根本的な原因を理解して、対策がブレないようにしたいですね。

 
 ニキビ化粧水、おすすめは?

 ニキビ跡消す化粧水、おすすめは?

 

この記事のまとめ

  • ニキビ原因「皮脂詰まり」は、皮脂の過剰や角化異常によるもの
  • 思春期ニキビと大人のニキビは、どちらも男性ホルモンが関係している
  • 生理前のニキビはホルモンバランスの乱れが原因
  • ストレスによるニキビは、男性ホルモンの増加による皮脂の過剰
  • ニキビ対策で重要なのは、適切なスキンケアと規則的な生活習慣