ニキビ跡を消す方法は?

ニキビ跡を消してきれいな肌を取り戻すためには、ある程度の時間がかかります。また、肌の状態にもよりますが、深刻なニキビ跡の場合、年単位でケアを続けていかなければなりません。

ただし、特別なケアを行うということではなく、非常にシンプルな方法で対応していくことになります

具体的な内容としては、以下の通りです。


ニキビ専用のスキンケア商品を使い、肌の内側から潤わせる

栄養バランスの取れた食事に切り替える

リラックスすることを心掛け、生活習慣を見直す


上記3つのポイントを普段の生活に取り入れることにより、早い人であれば半年程度で変化を感じることができるでしょう。

ようするに、肌の表面のみをケアするのではなく、同時に体質改善を行い、ニキビが出来づらい肌質に変えてしまうことが重要なのです。


それと、より効果的にニキビ跡を解消するためには、「なぜできてしまったのか」「どのような症状であるのか」自分のニキビ跡の原因や種類について理解しておかねばなりませんので、以下を参考にチェックしてみてください。


ニキビ跡の種類・原因、それぞれの対処法について



ひとくちにニキビ跡と言っても種類はさまざまです。自分のニキビ跡はどのタイプで、どんな原因でできたのかを理解していないと、効果的なケアは行えません。

ここでは代表的なニキビ跡の種類をご紹介いたします。

赤み

ニキビのようにポツポツっと赤みを持ったニキビ跡です。ニキビの炎症によって毛穴周辺の細胞が壊されると、自己治癒力が高まり、患部を修復しようと毛細血管が集中することによって、赤みがでてしまいます。 

炎症がひどかった場合は、ターンオーバーが正常に働かなくなるため、赤みは消えにくくなります。赤みを帯びたニキビ跡は、処置を誤ると色素沈着やクレーター状ニキビ跡へと深刻化してしまいますので、専用の化粧水でケアするなどの早めのケアに励みましょう。

詳しくは、ニキビ跡の赤み、消すための方法は?をご覧ください。

色素沈着(シミ)

シミのように、肌表面はフラットだけど赤や茶色い跡が残ってしまうのが、ニキビ跡の炎症後色素沈着です。ニキビが炎症したことでメラニンは過剰に生成され、シミとして肌に残ってしまったものです。

自然に薄くなくなる方もいれば、紫外線を浴びたり刺激を加えるなどしてメラニンの量を増やしてしまうと、より頑固なニキビ跡となり消えにくくなります。

色素沈着の場合は、ニキビ跡化粧水やハイドロキノンクリームなど美白作用のあるスキンケアでお手入れすると良いでしょう。

詳しくは、ニキビ跡・色素沈着を消すには?をご覧ください。

クレーター

クレーターとは、その名の通り、お肌が月面のように凹っと陥没した状態のものを言います。

これは、ニキビによる炎症が、毛穴だけでなくその周囲にも及んでしまい、真皮にあるコラーゲン組織が破壊されたことで起こるニキビ跡です。


クレーター状のニキビ跡には、ビタミンサプリの摂取やニキビ跡化粧品が有効です。程度がひどい場合、またはスキンケアでは効果がなかった場合は医療機関での治療を試みる必要があるでしょう。

詳しくは、ニキビ跡を治す(クレーター編)をご覧ください。

ケロイド

根を張ったニキビのように、赤く盛り上がった跡が残る場合があります。これは体質によるもので、ニキビに限らずケガなどで傷を負った場合にも盛り上がった跡が残ります。

これは、皮膚を再生しようとコラーゲンが必要以上に増え、そのまま固まってしまったものです。ケロイドの場合はセルフケアでは治せませんので、医療機関に相談しましょう。


セルフケアで治せるニキビ跡もありますので、あきらめずに毎日のお手入れで解消しましょう!


お肌のお手入れ方法



ニキビ跡をケアしていくためには、肌質に合った化粧品を使う必要があります。

なぜなら、化粧品選びを間違えてしまうと、肌を痛めてしまうだけではなく、ニキビ跡を改善させることが難しくなるからです。

それではまず、基礎化粧品を選ぶポイントから、ご紹介していくことにしましょう。


肌を内側から潤わせるためには、化粧水をたっぷりと使用することが重要となりますが、必ずニキビ肌専用の化粧水を使うようにします。その際、ビタミンCが含まれている化粧水を選ぶと良いでしょう。

ビタミンCは、年齢とともに減少していくコラーゲンの生成を助け、ニキビ跡を薄くするのに役立つからです。


特に、「ニキビ跡を消す化粧水、選ぶならどれ?」化粧品ランキングで1位だったビーグレン(b.glen)のCセラムという化粧品には、ビタミンCが豊富に含まれており、肌への浸透も高いため人気があります。


次に、肌の乾燥を防ぐために使用する、乳液や保湿ゲル、美容液についてですが、オイリー肌専用の商品を使うようにします。ここで、商品選びを間違えてしまうと、ニキビの原因となりますので注意が必要です。

また、意外と見落としがちなファンデーションについてですが、ニキビ跡を改善していくためには、肌への負担を最小限に抑えなくてはなりません。ですから、ニキビ跡を目立たなくさせたいからといって、ファンデーションを厚塗りすることは避けるようにしましょう。


どうしてもニキビ跡を隠したい場合は、油分が少ないファンデーションを薄く塗ってから、コンシーラーでカバーすることをおすすめします。


栄養バランスの取れた食事に切り替える



栄養バランスの取れた食事へ切り替えていくことは、きれいな肌を作る上で大変重要です。

特に、普段外食が多かったり、コンビニ弁当やインスタント食品ばかりを食べている人は、早急な食生活の見直しが必要だといえます。

また、一般的には、甘いものや脂質を控え、野菜や果物を中心とした食生活が推奨されていますが、それ以外にも気をつけなければならないポイントがあります。

それは、ニキビの発生を促す食品と、ニキビの発生を抑える食品を事前に把握し、日々の食生活の中で活かすということです。

ニキビの発生を促す食品というと、チョコレートを思い浮かべる人が多いといえますが、それだけではありません。スパイスなどの香辛料や、インスタント食品、コーヒー、酒、ナッツなどもニキビの発生を促す食品です。

特にナッツ類は、お菓子やパンなどに含まれていることがあるため、食べ過ぎに注意しなければなりません。逆に、ニキビの発生を抑える食品としては、大豆を使用した食品や、ヨーグルト、ゴマ、豚肉、アミノ酸入りのドリンクなどがあります。


普段忙しいと、なかなか食事に気を配ることができないかもしれませんが、そのような場合は、上手にサプリメントを活用してみると良いでしょう。ただし、バランスの取れた食生活の見直しをないがしろにし、サプリメントばかりに頼ることだけは、避けなければなりません


リラックスすることを心掛け、生活習慣を見直す



日々のお肌のお手入れ、栄養バランスの取れた食生活と続き、最後に改善を心掛けたいポイントととしてご紹介するのは、生活習慣の見直しです。大きく分けると2つありますので、順番にご紹介していくことにしましょう。

まず1つ目は、ストレスを発散してリラックスすることを心掛けるということです。特に女性の場合、精神的なストレスが原因で、ホルモンバランスを崩し、ニキビを発症させることが多いといわれています。


極論を言えば、ストレスを避けることが一番良いということになりますが、日々生活をしていく中で、ストレスを避けることは困難です。そのため、体を適度に動かすなどして、自分なりにストレス解消方法を見つける必要があるでしょう。

よくあるパターンとして、お酒を飲んでストレスを発散させる人がいますが、肌の健康を損なう恐れがありますので、注意が必要です。


例えば、ヨガは体を動かすだけではなく、同時に精神のバランスも整えることができるといわれていますので、試してみると良いでしょう。

そして2つ目は、睡眠の質を高めるよう心掛けるということです。肌は寝ている間に生まれ変わる仕組みとなっていますので、睡眠時間が極端に短すぎたり、夜遅くまで起きていると、肌の再生を妨げることになります。


また、ターンオーバーの周期も乱してしまいますので、いつまでも古い角質が肌の表面に残り、毛穴のトラブルを引き起こしてしまうこともあるのです。ですから、毎日同じような時間帯に就寝することを心掛け、質の高い睡眠を取るようにしましょう。


このように、ニキビ跡を解消するためには、気長にお肌のお手入れや食生活の見直し、生活習慣の見直しを続けていかなければなりません。

途中で投げ出したくなることもあるかもしれませんが、結果的にニキビ跡の解消につながっていきますので、毎日少しずつ取り組むようにしましょう。


 ニキビ跡消す化粧水のおすすめは?


ニキビ跡を消す、その他関連記事

ニキビ跡を治す(クレーター編)
ニキビ跡でも特に厄介なのが、凸凹のニキビ跡です。ここでは、どうすればニキビ跡のクレーターをなくせるか、その方法を紹介しています。

にきび跡・色素沈着を消すには?
ニキビが治った後も、シミとして残ることがあります。いわゆる色素沈着です。ニキビ跡の色素沈着の対処法とは何でしょうか?紹介します。