ニキビ跡の赤み、消すための方法は?



ニキビ跡の種類としては、色素沈着のシミやクレーター、肌の赤みなどがあります。その中でも比較的、改善しやすいのが赤みを伴うタイプのニキビ跡です。

治らないものとして諦めていた方も多いのではないでしょうか?ニキビ跡の赤みを放っておくと、色素沈着・シミのニキビ跡へと悪化してしまう可能性がありますので、今すぐの改善が求められますよ。

ここでは、赤みを伴うニキビ跡の原因や対策について説明します。

<ニキビ跡のクレーター、色素沈着については下記>
ニキビ跡を治す(クレーター編)

ニキビ跡のシミ・色素沈着が気になるなら



赤みを伴うニキビ跡の原因・メカニズムは?



ニキビ跡の赤みはニキビ跡の肌トラブルのなかでも比較的軽度なものです。このニキビ跡に赤みが残ってしまうのには、大きく分けて2つの原因があります。


毛細血管の集中

ニキビができると、毛穴内でアクネ菌が増殖して炎症が起こります。この時、毛包周辺の細胞はダメージを受けますが、免疫反応の働きによって傷を治そう細胞が集まります。

その際、患部に毛細血管が集中するため、ニキビ跡が赤く見えるのです。炎症が浅いと、ターンオーバーによって自然に解消されますが、深い場合はそれが難しく、消えるまでに時間を要します。


アクネ桿菌は人間の皮膚の毛穴に生息している微生物で、この菌が繁殖してニキビができると皮脂が酸化し、ニキビが治っても赤みが残ってしまうのです。

ヘモグロビン

赤といより、黒色や赤紫色のニキビ跡の場合はヘモグロビンが原因です。

一般的には、ニキビによる炎症が収まり始めた際、何らかのきっかけで破壊されてしまった血管から、血液がジンワリと漏れ出てしまった状況を指します。

ヘモグロビンと言うと、赤い色を思い浮かべてしまいますが、皮膚の中で少しずつ色が変化し、その状態を皮膚を通して見ることから、黒色や赤紫色に見えてしまうといわれています。


赤みを伴うニキビ跡の対策は?



このニキビ跡の赤み対策としては、肌周期(ターンオーバー)を促す方法ケミカルピーリングを行なう方法美容皮膚科などでレーザー治療を受ける方法などがあります。

方法その1.ターンオーバーを促す

ターンオーバー(肌周期)とは、皮膚が剥がれ落ちて再生するまでのサイクルをいい、健康な肌の場合では28日周期で行われます。

皮膚の浅い部分にできたニキビ跡であれば、このターンオーバーを何回か繰り返すことで次第に薄くなっていきます。そのため、中々良くならない、という方は、まずはターンオーバーを整える必要があります。

ターンオーバーが乱れる原因として、生活習慣の乱れなどの理由が考えられます。そのため、バランスの摂れた食事や早めの睡眠、適度な運動など、規則正しい生活習慣を取り戻すことから始めてください。

方法その2.美容外科での治療



炎症が深部に達している場合は、美容外科で適切な治療を受ける必要があります。

赤みのあるニキビ跡治療で一般的なのが、ケミカルピーリングです。ケミカルピーリングとは化学的な薬剤を使用し、皮膚の古い角質層を剥がして肌再生を促すというやり方です。


また、レーザーピーリングと言われる治療もあります。レーザー治療は、特定の波長のレーザーを皮膚に照射し、一時的なダメージを与えることによって肌再生を行なうというやり方になります。

最近では、美肌効果が高いとされるフォトフェイシャルも人気です。赤みに効果的な光治療のひとつで、毛細血管を収縮する効果がありますので、炎症が原因のニキビ跡の改善に有効だと言えます。

<関連記事>
ニキビ跡治療、ケミカルピーリングとは?


方法その3.ハチミツパック

炎症を伴う赤みニキビ跡には、炎症を鎮静するビタミンCが有効だと言えます。そこで、赤みニキビ跡のセルフケアとして話題を呼んでいるのが、はちみつパックです。

はちみつにはビタミンCが豊富に含まれており、炎症鎮静作用はもちろん、メラニン生成を抑制する働きがあるなど、シミ・色素沈着タイプのニキビ跡の予防にも役立ちます。


大匙1杯のはちみつを顔に馴染ませて、5分後にしっかり洗い流すだけ、という簡単ケア。しっとりもちもちな美肌効果も期待できます。

しかし、使用するはちみつは非加熱でなくてはならないことや、アレルギーの可能性もあること、肌に浸透しにくいビタミンC(ビタミンC誘導体であれば浸透可能)であることなど、気になる点もありますので、試す際は注意が必要です。


方法その4.ニキビ跡化粧水によるスキンケア



最も着実な方法といわれているのが、化粧品によるスキンケアでニキビ跡の赤みを解消するというやり方です。

ニキビ化粧水の中には、肌への浸透力を上げるために開発されたビタミンC誘導体が配合されているものもあります。ビタミンCが有効に働くことで、炎症は抑えられ、赤みを伴うニキビ跡を改善に導いてくれるでしょう。


このほか、抗酸化ビタミン入りのスキンケア化粧品、ホワイトニング効果が期待できるハイドロキノン、肌の基礎体力を作るフラーレンなどが配合されたスキンケア化粧品なども人気です。

ニキビ跡の肌の赤み解消に刺激的な方法を用いるよりも、こうしたスキンケア化粧品で地道にお手入れしていくのが確実な方法といえるのです。


ニキビ跡の赤みをカバーするメイク法



ニキビ跡の赤みを消したい・・・と、ついついメイクが厚塗りになってしまう女性も多いのではないでしょうか。

厚塗りは却ってお肌が汚く見えてしまいますし、クレンジングでしっかりオフしないとニキビができる原因になってしまいます。

ここでは、ナチュラルでありながら綺麗にニキビ跡の赤みをカバーするメイク法についてご紹介したいと思います。

赤みのあるニキビ跡には、緑色のコントロールカラーがマスト!!




ニキビ跡の赤みを消す方法として代表的なのが「グリーンのコントロールカラー」を使うことです。確かに光の三原色では「赤」に「緑」を合せたら「黄」が出来上がります。

その為、ニキビ跡の赤みはグリーン系のコントロールカラーを用いるのが有効な方法と言えるでしょう。


コントロールカラーとは、素肌の色を調整する化粧下地のことです。赤みを隠すグリーン系の他に、黄ぐすみを解消するブルー系、しみやクマをカバーするイエロー系、血色が悪く青白い肌の方にはピンク系などと、色の見え方を利用して肌の色ムラを補正することができるのです。

しかし、注意したいのがコントロールカラーの使用範囲です。赤みのない肌にグリーン系を乗せると、異様に白さが際立ってしまいます。ですので、ニキビ跡が気になる部分にだけ、使用するようにしましょう。


また、もともと肌がイエローベースの方やグリーン系を使うのに違和感があるという方は、イエロー系のベースメイクアイテムを使用するのもおすすめです。

黄色にも赤みを消す効果がありますので、赤みの範囲が広い方はファンデや下地で、範囲が狭い方、もしくはファンデや下地でも隠れなかった頑固なニキビ跡にはコンシーラーでピンポイントにカバーしましょう。



ニキビ跡があるとないとでは、顔の印象が全然ちがいますよね。できるものなら、素肌からニキビ跡の赤みを改善したいものですが、実際はそう簡単に消えるものではありません。

綺麗な素肌を目標に、ニキビ跡化粧水でのスキンケアとメイクによる赤みカバー術でお肌の悩みを乗り切りましょう!



 ニキビ跡のためのおすすめ化粧水は?