【保存版】大人ニキビはこうして治す!

ニキビと聞くと、未だ10代の肌トラブルというイメージが強くありますよね。

思春期ニキビからやっと解放されたかと思ったら、次にやって来るのは「大人ニキビ」です。

 
大人ニキビは思春期にできるニキビとは原因が異なりますので、必要なケアも変わってきます。

大人ニキビは何が原因で、どんな対策を行えば良いのでしょうか?

 
ここでは大人ニキビを治すための方法について紹介しています。

1.大人ニキビと思春期ニキビの違い

悪化しやすく、見るだけで痛々しいのが思春期ニキビです。

10代の頃は顔全体にニキビができていたのに、いつの間にか落ち着いてきた、という方も多いのではないでしょうか。

 
一方で、大人になってからも変わらずニキビができやすい、と悩んでいる声も多く聞かれます。

思春期ニキビと大人ニキビ、両者の違いは一体何なのでしょうか?

思春期ニキビとは?

思春期ニキビは、体が大人へと成長する際に起こるホルモンバランスの乱れが大きな原因です。

ホルモンバランスが崩れると、皮脂分泌が盛んになり毛穴が詰まりやすくなります。

 
そこにアクネ菌が増殖すると炎症が起こります。それが思春期ニキビができるメカニズムです。

思春期ニキビの対策としては、皮脂や汚れを落とし、清潔な状態を保つケアが有効です。

 
しかし、成長期のピークが過ぎると体が安定しますので、ニキビは次第に治まっていきます。

大人ニキビとは?

大人ニキビもホルモンバランスの乱れによって発生するものですが、思春期ニキビとは異なり、一言で言い表せないほど複雑な原因が絡んできます。
 
睡眠不足やバランスの悪い食生活、運動不足といった不摂生な生活習慣や、ストレス、喫煙・・・など、ホルモンバランスを乱す要因は様々あります。

 
また、乾燥やターンオーバーの低下など肌の調子が悪いことでさらに症状は悪化します。

その為、大人ニキビを解消するには、ホルモンバランスの乱れを整え、保湿対策をしっかりと行い健やかな肌へと導くことが重要となります。

 

2.大人ニキビの種類

ニキビは症状や段階によって必要な処置は変わってきます

炎症を起こす前の初期ニキビの発生に気付くことが出来れば、赤々と目立つ大きな大人ニキビを予防することができるのです。

 
ニキビを悪化させないためには、症状に合ったニキビケアが何よりも大切です。

ここでは、ニキビの種類について紹介したいと思います。

白ニキビ

毛穴が角栓でフタをされたことにより、内部に皮脂が溜まってしまう状態です。

別名「コメド」とも言われ、白くポツッとした小さなニキビが特徴です。

 
白ニキビは初期の段階ですので、ニキビ専用の化粧水でしっかりとケアを行えば簡単に解消することができます。

黒ニキビ

毛穴内部に溜まっていた皮脂が、空気に触れることで黒く酸化してしまった状態です。

白ニキビと同様に初期ニキビに入りますので、こちらもニキビ化粧水でのセルフケアで十分治せる段階です。

 
ただし、この時点で誤ったケアを行うと、完治するのに時間がかかる重症なニキビへと悪化してしまいますので注意しなくてはいけません。

洗顔やスキンケアの見直しによって、ニキビの再発・悪化を防ぎましょう。

赤ニキビ

皮脂が溜まった毛穴内部でアクネ菌が繁殖し、炎症を起こしている状態です。

根を張り腫れあがった赤ニキビは、痛みやかゆみを伴う非常に厄介な段階です。

 
ささいな刺激でも悪化しやすい為、刺激のある化粧品は要注意です。抗炎症作用のあるニキビ化粧水でケアしましょう。

黄ニキビ

赤にきびが悪化し、毛穴内部に膿が溜まった状態です。アクネ菌の増加に加え、黄色ブドウ球菌が侵入することで炎症はさらに拡大します。

膿を出せば治ると考え、潰してしまう方もいますが、これは絶対にやってはいけません。

 
炎症は表皮の奥にある真皮層にまで及んでいるため、潰すことによりクレーター状のニキビ跡が出来てしまうリスクが高まります。

しっかりケアしているのにも関わらず黄ニキビができやすいと言う方は、ホルモンに問題があるかもしれませんので、医療機関への受診も検討してみてください。

 
まとめになりますが、セルフケアでも完治させるのが比較的容易なのが白ニキビと黒ニキビです。

赤ニキビも、化粧水選びやスキンケア方法に注意を払うだけで改善の効果は十分見込めます

 
セルフケアに加えて医療機関での治療も、場合によっては必要になるのが黄ニキビです。

黄ニキビに悪化させないためにも、下記で紹介するニキビの原因や対策についてチェックしておくと良いでしょう。

 

3.大人ニキビの原因

子供の頃はニキビなんてなかったのに、大人になってからでき始めた…という方は沢山いますよね。

大人になると生活環境は大きく変わるものです。自分ではあまり意識していなくとも、肌にとって悪影響な習慣を知らず知らずのうちに作っている場合があるのです。

 
ここでは、大人ニキビができる原因について考えられるものを挙げていますので、ひとつひとつ確認してみてください。

生活習慣

睡眠不足や栄養が偏った食生活、運動不足は、身体が本来持っている様々な機能を低下させてしまいます。

大人ニキビのおおもとの原因でもあるホルモンバランスの乱れは、生活習慣の乱れが大きく影響しています。

 
不摂生な生活を送っている方は、今すぐに生活習慣の改善が必要になりますよ。

下記「生活習慣の見直し」を参考に、規則正しい生活リズムを作るよう心がけましょう。

間違った化粧品選び

大人ニキビが治らないとお悩みの方の多くが、自分に合わない化粧品を使用してケアを行っています。

口コミで人気があるからと言って自分の肌に合っているとは限りません。肌の水分量や油分量は人によって異なります。

 
自分の肌質やニキビの症状に合わせたものを見極めなくてはなりません。選び方については、下記「ニキビ化粧水の選び方」を参照してください。

乾燥

肌が乾燥すると、角質層が厚くなり、剥がれ落ちるはずだった古い角質が毛穴内に溜まるという事態を招きます。

古い角質と皮脂とが混ざりあうことで角栓ができ、毛穴詰まりを引き起こします。

 
また、乾燥によって肌のバリア機能は低下しますので、少しの刺激でもダメージを受けやすくなり、シミやしわなどニキビ以外の肌トラブルの原因にもなり得ます。

保湿ケアを入念に行いましょう

紫外線

紫外線はシミの大敵としてよく知られていますが、ニキビにとってもよくありません。

紫外線には殺菌力があるからニキビ肌には良さそう、とも思いますが、その殺菌力が肌の機能を低下させてしまいますので、ニキビを作らせない健康な肌を守るためには紫外線対策が重要になります。

ストレス

ストレスがたまると男性ホルモンが多く分泌されます。

男性ホルモンが優位になると、皮脂分泌が盛んな状態になりますので、ストレスが溜まったら少しずつでも解消していくように心がけましょう。

内臓の不調

口の周りにできるニキビは内臓が弱ってきているサインかもしれませんので、内臓に負担のかからないように食事面で気をつけましょう。

お肌や健康の為にも、栄養が偏ってしまう外食やコンビニ弁当はなるべく控えるようにしたいですね。

体質

昔からニキビで悩んでいるという場合は、やはり体質が大きく影響していると言えます。

皮脂量が多い、いわゆるオイリー肌は普通肌に比べてニキビができやすくなります。でも、ニキビが出来やすい体質だからと言って諦める必要はありません。

十分な睡眠、栄養バランスの整った食事、など規則正しい生活の中に自分の肌に合ったニキビ化粧水で毎日スキンケアと言った習慣を取り入れることで、体質や肌質は改善されます。

 

4.大人ニキビを治すためのアプローチ

4-1.生活習慣の見直し

食事

脂っこい食事や、インスタント食品など添加物が多く含まれたものはニキビ肌を悪化させます。

また、ダイエットで栄養のバランスが崩れることで肌は弱まりますので、日々の食生活には気を付けなくてはなりません。

 
ニキビ肌に有効なのが、ビタミンCをたっぷり含んだ野菜やフルーツです。

特に、ビタミンB群は、皮脂の分泌を抑える働きがありますので、積極的に摂るようにしましょう。

睡眠

睡眠不足になると、肌のターンオーバー機能が乱れてしまいます。ターンオーバーとは、肌の生まれ変わりを促すものです。

古い角質を剥がし落とし、毛穴詰りを防ぎますので、ニキビケアにとって重要な機能だと言えます。

 
ターンオーバーを正常化するには、22時~2時はシンデレラタイムとも呼ばれるこの時間帯に睡眠をとることが望ましいとされています。

運動

代謝アップに欠かせないのが運動です。代謝が落ちると、体内で老廃物が溜まりやすくなります。

毎日10~15分程度でかまいませんので、軽い運動やストレッチを取り入れると良いでしょう。

紫外線対策

紫外線は、365日地上に降り注いでいます。ですので、外出する際は日焼け止めクリームを塗ってお肌をガードしましょう。

日焼け止めも色んな種類がありますが、配合成分によっては刺激の強いタイプもありますので、低刺激を謳ったオーガニック系のものがおすすめです。

 
また、外にいる場合はできるだけ紫外線に当たらないように日陰を歩きましょう。

また、日傘の使用やつばの大きな帽子をかぶるなどの日差し避け対策も有効ですよ。

乾燥対策

・クレンジング・洗顔による乾燥対策

今やオイルクレンジングが主流ですが、オイルは洗浄力の他、脱脂力も高いため乾燥をもたらします。

ですので、乾燥を防ぐにはクリームやミルクタイプなど、汚れはしっかり落とすけど、必要な皮脂まで奪わないタイプのものを選ぶようにしましょう。

また、洗顔時のお湯の温度も重要です。36~38度と人肌くらいの温度で洗うようにしてください。その後はただちに化粧水でケアしましょう。

・エアコンや暖房使用時の乾燥対策

エアコンや暖房により室内が乾燥すると、ニキビが発生しやすくなる他、インフルエンザの感染リスクも高まりますので、適切な湿度を保つことが大切です。

加湿器の他、濡れたタオルを近くに置いたり、霧吹きで室内の水分量を高めることが有効です。お肌には小まめにミスト化粧水で潤いを与えると良いですね。

4-2.皮膚科でのニキビ治療(治療薬や治療法)

ニキビを治す為の方法は様々ありますが、皮膚科に通うという手もあります。

ニキビは、正式には尋常性ざ瘡と呼ばれる皮膚の病気であり、皮膚科で治療を受けることができます。

 
保険も効くし、専門家による適切な治療が受けられるとあって、皮膚科でのニキビ治療に魅力を感じますよね。

しかし、皮膚科に通ったからと言ってニキビが絶対に治る!という保証は残念ながらありません

 
下記では、皮膚科でのニキビ治療のメリット・デメリットをまとめましたの、参考にしてください。

メリット

保険適用の治療薬も多く、安価に治療を受けられる
他の方法に較べて効果が大きい
医者ならではの安心感がある

皮膚科を受診すると多くの場合、抗生物質やホルモンバランスを整える内服薬や、殺菌効果・抗炎症作用のあるクリーム、皮脂の分泌を抑える働きのある外用薬を処方されます。

初期ニキビであると、面皰圧出という治療が行われる場合もあります。

 
専用の器具を用いてニキビに穴を開け、皮脂や古い角質などを取り除く、半ば荒業的な治療法です。これらは保険が効くので、非常に経済的です。

また、保険適用外ですが、ケミカルピーリングという治療もあります

 
薬剤を使用して、毛穴に溜まった不要な角質や老廃物を溶かし、肌の新陳代謝を促す治療法です。ニキビに効果的な治療として注目を浴びています。

皮膚の専門医に相談することで、ニキビに感じていたストレスを軽減する心理的な効果も期待できます。

デメリット

通院がそれなりに面倒
それなりの副作用を伴うことがある(ディフェリンゲルなど)
治療の腕が、医者によってマチマチ

ニキビ治療は一回で完了するものではありません。数か月に一回、長ければ数年と通う必要がありますので、治療の途中で通院を辞めてしまう方は少なくありません。

また、ニキビ治療薬のひとつに「ディフェリンゲル」がありますが、こちらは副作用のリスクが高いことでよく知られています。

 
症状としては、赤みやかゆみ、乾燥が挙げられ、一見するとニキビの症状が更に悪化したような状態に陥ることもあります。

医療機関とはいえ医者の腕にも良し悪しがあり、診断によっては肌に合わない治療を提案されることもありますのでクリニック選びには注意が必要です。

 
このように、皮膚科での治療には相性がありますので、ニキビ化粧水で効果が実感できない場合の最終手段として検討することをおすすめいたします。

その際は、口コミなどをチェックして地元でも評価の高い皮膚科医を見つけると良いでしょう。

4-3.ニキビ化粧水でのスキンケア

ニキビを治す為には内側からのケアも大切ですが、化粧水による外側からのケアも重要です。

当サイトで紹介しているニキビ化粧水は、ニキビケアだけでなく保湿や肌ハリに効果的な成分も沢山配合されています。

ニキビやその他肌トラブルで悩む大人の肌にぴったりの化粧水だと言えますので、下記のポイントを参考に自分に合った化粧水を選んでみてくださいね。

メリット

簡単なケアなので毎日続けやすい
ニキビ以外の肌トラブルにも効果的
低刺激で副作用のリスクがほとんどない

ニキビ化粧水は、スキンケアの一環として取り入れることができますので、無理なくニキビケアができることが一番のメリットではないでしょうか。

皮膚科の場合もそうですが、ニキビ化粧水も即効で効果を感じるものではありません。通常2~3か月、根気強く続けることで効果が実感できるものす。

 
目立ったトラブルがない場合は継続して様子を見てください。穏やかだけど着実に、肌は強くなっていきます。

ニキビ化粧水には、ニキビに有効な成分以外にも、保湿成分や弾力成分など、美肌に欠かせない様々な成分が配合されています。

 
そのため、ニキビの改善はもちろん、肌のハリツヤがアップしたり、シミが薄くなったり、本来の目的以外の美肌効果も期待することができます。

また、国内メーカーの化粧水は、基本的に皮膚の薄い日本人の肌に合わせた使用となっていますので、赤みやひりひり感といった副作用を起こすリスクはほとんどないと言えるでしょう。

デメリット

効果に限界がある
化粧水の成分が自分に合うかわからない

症状や程度によっては、皮膚科に行った方がよい場合があります。

その見極めは難しいですが、中には健康のトラブルがニキビの発生に関係している可能性もありますので、様々なニキビケアを試したのに効果がないという方は一度専門医に診てもらうと良いでしょう。

 
また、ニキビ化粧水に変えてから症状が急激に悪化したり、かゆみや赤みなどトラブルに見舞われる場合もあります。その際は直ちに使用を中止してください。

化粧品も人によって合う合わないがありますので、相性の良いものを見つけるには、地道に一つ一つ試してみるのが確実です。

 
しかし、お金もかかるし時間もかかるし、肌に合わなかった時のリスクがやっぱり心配ですよね。

当サイトで紹介している化粧水は、天然成分を使用しているものがほとんどですので、敏感肌の方でも安心して試せるものばかりです。

 
また、気軽に試せるトライアルセットがありますので、コストも最小限に抑えることができますよ。

化粧品はラインで使うのが効果的です。メーカーによって配合成分は異なり、合わない成分が混ざり合うことで肌トラブルを起こす可能性があります。

 
自分に合った化粧水が見つかれば、乳液からクリームまで同じラインで揃えてください。相乗効果により、有効成分はニキビに効率よく働きかけるでしょう。

下記では、大人のニキビケアを行う上での注意点について紹介しています。セルフケアの効果を高めるためにも、併せてご覧ください。

 

5.大人ニキビケアの注意点

5-1.思春期用のニキビ薬、大人ニキビにも効果はある?

ニキビができたからと言って、思春期ニキビ用の塗り薬を試して塗ってみた、という方もいるのではないでしょうか。

大人と思春期ではニキビの原因が異なりますので、きちんと目的に合った治療薬を使用しないとニキビが悪化してしまう場合がありますので気を付けなくてはなりませんよ。

 
思春期ニキビ用の塗り薬も様々ありますが、中には「硫黄」という成分が入ったものもあります。

硫黄には、皮脂を吸収する効果があり、ニキビを乾燥させることで症状の悪化を防ぎます。

 
殺菌力も高いので、10代の頃のような皮脂分泌が盛んな場合に最適だと言えます。

上でも述べたとおり、大人ニキビができる原因のひとつに乾燥があります。

 
肌が乾燥すると、必要な油分を補うために皮脂を大量に分泌させ、ニキビが発生しやすい状況を作ります。

ですので、大人ニキビの場合は硫黄のような脱脂力の強さはかえって逆効果となりますので注意しましょう。

 
大人ニキビのケアには、潤いを重視した専用のニキビ化粧水が効果的です。

 

5-2.大人ニキビ対策にクリームは必要ない?

洗顔後のケアは化粧水だけで済ませているという方はいませんか?

クリームはべたつくからニキビ肌には良くない、と使用を控えている人は少なくありません。

 
しかし、大人ニキビは乾燥によって悪化する場合がありますので、化粧水で肌に潤いと美容成分を与えたら、それが逃げないようにフタをする必要があるのです。

オイリーな方は、化粧水→美容液→乳液で十分だと言えますが、乾燥肌の場合はクリームを仕上げに塗るとよいでしょう。

 
ニキビの原因菌というのは、皮脂が詰まった毛穴内で繁殖するものです。

空気に触れる肌表面で繁殖することはありませんのでクリームを塗ることによってニキビが悪化するという心配はありません。

 
ベタツキが気になるという方は、保湿成分のたっぷり入った軽いつけ心地のものを選びましょう。

下記では、大人のデリケートなお肌の為に誕生したニキビ化粧水を紹介しています。

口コミをもとにしたランキングになっていますので、こちらも参考にして大人ニキビ化粧水を選んでみてくださいね!

 

6.大人ニキビに効く化粧水、人気ランキング

独自技術でニキビ対策
富士フィルムがその技術を活用したニキビ化粧水です。

ニキビ化粧水としてすでに人気商品ですが、富士フィルム独自のナノ技術を活用して化粧水が肌の奥まで浸透してニキビ跡もじっくり修復してくれます。

 
今なら、お試しセットが手軽な値段で購入できます。

 

利用者満足度No.1!
新発売のニキビ跡専用の薬用柔軟化粧水です。

プラセンタやコラーゲンなど8種類の美容成分をナノサイズに凝縮して肌の奥まで浸透させ、肌の奥からニキビ跡をケアします。

 
クレーター、赤み・黒ずみ等の色んなニキビ跡に対応。ありそうで、今までなかったニキビ跡化粧品ですね。

利用者満足度92%と購入者の支持も抜群です。

 

低刺激で肌にやさしい
主成分を見て分かるように、植物由来にこだわった肌に優しいニキビ化粧水です。無添加ですので、敏感なお肌の方にもおすすめです。

化粧水はしっとりとさっぱりタイプがありますので、肌質に合わせて選べます。

 
低刺激ですので即効性は期待できませんが、生理前のゆらぎ肌にも安心して使えます。