お風呂で洗う順番は?シャワーで顔を洗うのはNG?



お風呂は、全身を綺麗さっぱり清潔にする場所ですが、洗う順番やタイミングを間違えてしまうと、ニキビなどの肌トラブルを招く原因となってしまう恐れがあることをご存知でしょうか。

入浴の際についでに洗顔を済ませる方がほとんどだと思いますが、ニキビができやすい方は特に洗う順番に気を付ける必要がありますよ。ここでは、クレンジングから洗顔、髪や体を洗う順番とそれぞれのポイントについてお話致します。


顔、体、髪、お風呂で洗う最適な順番をご紹介!

(1)クレンジング(洗顔はまだ)



まずはメイク落としのクレンジングから始めます。お風呂は毛穴を開くためにもってこいの場所なのに、メイクが毛穴に詰まったままでは毛穴が開いたとしても老廃物は出にくい状態となってしまいます。

油性のメイクはクレンジングオイル等を使用しないと取り除けませんから、きっちりクレンジングを行って素肌になることからスタートです。


クレンジング剤には、濡れた状態でも使用できるものとそうでないものがありますよね。前者であれば、入浴しながらのクレンジングも可能ですが、後者の場合は入浴前の濡れていない状態で済ませておくのがベターでしょう。

どちらにせよ、クレンジングでメイクを浮かせた後は、シャワーを直接顔にあててすすぐのではなく、洗面器に溜めたぬるま湯を手ですくい、パシャパシャと顔にかけるようにしてすすぎましょう。

<関連記事>
ニキビのスキンケア、毎日の洗顔方法について

(2)入浴



クレンジングが済みましたら、シャワーで体を軽く洗い流し、湯船に浸かります。38度前後のお湯につかり、汗と一緒に老廃物を毛穴から排出します。身体が温まって汗がにじんできたら、湯船から出て髪を洗いましょう。

<関連記事>
妊活中・妊娠中にやっておくべきこと

(3)髪を洗う

体より先に髪を洗うのは、シャンプーやリンスに含まれる成分が顔や体の皮膚に残ってしまうと、顔や体にニキビトラブルを引き起こす可能性があるからです。

背中ニキビに悩んでいた方が、身体を最後に洗うようになって症状が改善したという例もあるほど、お肌にとって洗う順番は重要になります。


シャンプーが終わったらトリートメントでケアする方も多いでしょう。

トリートメントは、時間を置くことで髪内部まで成分が浸透し、美髪効果が高まるものですので、トリートメントを塗布した後は、蒸しタオルで髪をまとめるなどして、再び入浴して数分待ちましょう。

時間が経ったら、しっかりすすぎます。すすいだ後は、体にトリートメント成分がついて多少のヌルヌル感が残ると思いますので、次ではそれを綺麗さっぱり洗い落とします。

(4)体を洗う



髪が長い方は、洗髪後はクリップなどを使って、肩にかからないようにまとめてあげると良いでしょう。

毛穴が開ききったお肌はとても敏感ですので、固めの線維タオルでゴシゴシ洗うのは避けて、顔を洗う時と同じような気持ちで泡で優しく洗い上げるのがおすすめです。


摩擦の影響を何度も受けてしまうとメラニン色素が反応して色素沈着を起こしかねません。手で洗ったり、汗や汚れが気になる箇所だけ100%綿の手ぬぐいで洗うなど、肌への負担を軽くしてあげましょう。

特に気になる部分があるのなら、週に1~2回程度スクラブ剤などを用いてスペシャルケアを行うのも良いですね。

<関連記事>
DHA・EPAサプリの美容効果は?

(5)顔を洗う



メイク落とし→髪→体 の順番に洗ったら、最後に顔の洗顔を行います。開いた毛穴に入り込んだシャンプーやリンスの成分をここで綺麗に洗い流すのです。

泡立てネットを使うなどして洗顔料をよく泡立てます。手は顔に触れないよう、泡だけを滑らせて洗うのがポイントです。長い時間洗っていると、必要な皮脂まで奪われてしまうので、丁寧かつスピーディに洗いあげましょう。

・シャワーで洗うのは何故NGなの?

先にも述べた通り、すすぎは手で行いましょう。シャワーで洗い流すのがNGな理由は、水圧の刺激と温度による肌への影響です。

シャワーで洗い流す場合、上から下に水圧がかかりますので、お肌のたるみを引き起こす原因となります。また、夏でもない限り、シャワー温度は38度以上に設定されている家庭も多いと思いますが、この温度ではお顔の薄い皮膚には熱すぎます。


温度が高いと、必要な皮脂が奪われ、水分が蒸発しやすくなりますので、お肌の乾燥が悪果してしまいます。オイリー肌の方は、不足している皮脂を補うため、皮脂分泌が盛んになってしまうでしょう。

水圧を弱くしたり、温度を調節することも可能ですが、面倒がらずに手ですすぐよう習慣づけておくことをおすすめします。

お風呂で洗う順番は以上となります。


最後に…やりがちな入浴後のNG保湿ケアについて



入浴後は顔と体の保湿ケアを十分に行う必要がありますが、ここで、保湿についての注意ポイントがあります。すぐに保湿できるように、化粧水などをお風呂場に置いている人も多いのでは?しかし、これは絶対にNGです。

なぜなら、浴室は湿度が高く菌が繁殖しやすい環境です。化粧水のフタをしっかりと閉めていたとしても、化粧水のボトルには結露ができてカビが発生する可能性があります。


そんなものを顔につけるなんてゾッとしますよね。また、入浴後は汗も多少混じっている状態ですので、浴室を出てタオルで顔に残っている水分をしっかりと拭いてから保湿ケアを行うのが、ニキビの予防にも最適です。

化粧水は洗面所の日の当たらない棚などに保管しておくと良いでしょう。


毎日のバスタイムに少しだけ気を使ってあげるだけで、お肌のトラブルも解消されるかもしれません。皆さんもぜひ試してみて下さい。

お風呂で洗う順番は?シャワーで顔を洗うのはNG?まとめ

  • ニキビを予防するには、お風呂での洗い順も重要
  • まずはクレンジング、洗顔は最後にするのが望ましい
  • シャンプーやリンスが肌に残らないように、洗髪後に体と顔を洗う
  • 顔をすすぐときはシャワーではなく、ぬるい湯を溜め手で行う
  • 保湿ケアは洗面所で速やかに行うのがベスト

ニキビ化粧水の人気ランキング

ニキビ化粧水