ニキビにも良い?リンパマッサージデトックス!



デトックスを目指すうえで、体内の老廃物が流れ込み、それを排出する機能を持つ「リンパ」のケアは欠かせません。リンパケア、ひいてはマッサージを行うことで、意識的に老廃物排出を促すことができます。

肌の老廃物が原因となるニキビもまた、リンパマッサージで予防・改善することが可能です。

リンパとは、そしてリンパの流れを良くするにはどうしたらよいのかを知り、リンパマッサージでデトックスを目指すときの方法と注意点について押さえておきましょう。


リンパとは

リンパとは、毛細血管から浸出した血漿成分の液体のことで、「リンパ液」とも呼ばれます。このリンパ液が流れているのが「リンパ管」です。リンパ管は体中に網の目のように張り巡らされて存在します。

リンパの役目は、リンパ液の中に流れ込んできた体中の老廃物を排出することです。リンパ周囲の筋肉によって、液が流れる仕組みになっています。

リンパによって老廃物が排出されることで体が軽やかになったり、顔や足のむくみが取れてスッキリしたり、肩こり解消、免疫力の強化にもつながります。

<関連記事>
DHA・EPAサプリの健康効果は?


リンパの流れを良くするには



リンパがうまく流れずに老廃物が溜まってしまうと、体が重くなり体調を崩しやすくなったり、肌荒れが起こります。生活が便利になった現代では体を動かす機会が減り、リンパ周辺の筋肉があまり動くことなくリンパが滞りがちです。

リンパを意識的に流して体をスッキリさせるための方法として、軽い運動とマッサージがあります。リンパの流れを良くするのは、激しい運動よりも30分程度の軽い有酸素運動です。ウォーキングや散歩、自転車、水泳、エアロバイクなど、自分がやりやすい運動をしましょう。


通勤やデスクワーク、作業などで長時間同じ姿勢が続くときには、定期的に休憩を取って、腕や足を動かすように意識します。

リンパマッサージにもチャレンジしてみましょう。例えばエステでは、ニキビ治療としてリンパマッサージが行われます。顔のリンパをマッサージで刺激することで、老廃物の排出、血行が促され、ニキビ治療に効果的なのです。

<関連記事>
ニキビ肌の体質を改善する?漢方薬の効果は?


リンパマッサージでデトックス!方法と注意点



自宅でも簡単にできる、リンパマッサージでのデトックス法を見てみましょう。なかでもニキビ予防に効果的な顔のリンパマッサージのやり方と、注意点を挙げます。

リンパマッサージの方法

体には、張り巡らされたリンパ管が集まるリンパ節がいくつか存在し、最終的にリンパ液は鎖骨のリンパ節に流れ着いて、静脈へと流れ込みます。これを意識して、ニキビができやすい顔のマッサージ法について確認していきましょう。

まず、マッサージする手をきれいに洗っておきます。

・首のマッサージ
顔のリンパを鎖骨へと流していくうえで、首は大切な通り道となります。加えてリンパの数も多く、首はリンパマッサージの要です。

耳ともみあげの生え際から、首に向かって一直線に撫でます。これを左右10回ずつ行います。

・あごのマッサージ
あごの中心から耳に向かって、ゆるやかにカーブを描きながら滑らせます。次にあごの表面から頬を通過し、耳の付け根まで滑らせます。これを10回ずつ行います。

・頬のマッサージ
頬骨に沿ってツボを押すような感覚で、中心から耳元に向かってゆっくりと押していきます。左右10回ずつ行います。

・おでこのマッサージ
親指の腹で、おでこの中心からこめかみに向かって、グルグルと円を描きながらなぞっていきます。おでこの下部分~中央~髪の生え際まで、10回ずつ繰り返し行います。

これで顔のリンパマッサージは完了です。慣れてしまえば手順は簡単で、30分もかかりません。血行が良くなっているお風呂上りなどにリラックスしながら、できるだけ毎日行ってみてください。

習慣にすることで老廃物が排出されやすい体質になり、ニキビのできにくい肌をつくることができます。

マッサージの注意点



マッサージそのものは簡単ですが、方法が正しくないと逆にしわを増やしたり、肌荒れを引き起こします。リンパマッサージの効果がなかなか感じられないときには、下記の注意点が守られているか見直してみてください。

・力を入れ過ぎない、やり過ぎない
力を入れ過ぎたり、例えば10回と書かれているのに30回、40回もマッサージを続けるのは逆効果です。やればやるほど効き目が良くなるというものではありません。

特に皮膚が薄い目の周りなどは、摩擦により弱い場所です。優しく軽くマッサージするよう注意しましょう。マッサージのし過ぎはリンパに対して逆効果になるだけでなく、肌のコラーゲン繊維を伸ばして皮膚がたるみを引き起こしかねません。

・人差し指、親指以外で行う
力の入りやすい人差し指や親指でマッサージすると、力が強くなり過ぎる可能性があるため、それ以外の指を使うようにします。

・リンパが流れる方向へ行う
リンパの流れに逆らってマッサージをすれば、逆に老廃物を停滞させてしまいます。マッサージは、必ず流れの方向に沿って行います。

・こすったり引っ張らない(肌ダメージを避けるため)
・ニキビなどの患部をマッサージしない(症状の悪化を避けるため)
・肌荒れ時のマッサージは控えめに


・マッサージ目的以外の化粧品などを使わない
乳液を塗ったりクレンジングでメイク落としをするついでにリンパマッサージをしよう、と考える方もいるかもしれませんが、これはNGです。摩擦や刺激が強くなり過ぎて肌が傷んでしまったり、メイク汚れを肌に刷り込んでしまうことになります。

肌への圧力や負担を減らすためにも、オイルを使用するのは効果的です。オリーブオイル、ホホバオイルなど、肌にいい良質なものを選ぶようにします。

<関連記事>
安心して飲める葉酸サプリの選び方

アロマテラピーに用いるエッセンシャルオイルを、ベースオイルにほんの少し加えるのもおすすめです。香りでのリラックス効果だけでなく、例えばゼラニウムではホルモンを整える作用、グレープフルーツではむくみ予防、ローズマリーは血行促進効果など、種類ごとにプラスアルファの効果を期待できます。

<ニキビにも良い?リンパマッサージデトックス・まとめ>

  • 体中に張り巡らされたリンパによって体内の老廃物が排出される
  • 現代人の生活では運動の機会が減りリンパが滞りがち
  • リンパの流れを良くするのは有酸素運動とマッサージ
  • リンパマッサージは軽い力で優しく、流れに沿って行う
  • 顔のマッサージはお風呂上りなどに毎日行うのがおすすめ
  • オイルやエッセンシャルオイルの使用は効果的

 ニキビ化粧水、おすすめは?

 ニキビ跡消す化粧水、おすすめは?


ニキビ化粧水の人気ランキング

ニキビ化粧水