癒されて綺麗に、温泉の美肌効果とは?



疲れたときには温泉に浸かってのんびり過ごし、リフレッシュしたくなりますよね。ストレスの解消にも美容効果がありますが、温泉の水質自体が直接もたらす美肌効果にも注目したいものです。

泉質によりそれぞれどんな美肌効果があるのかを知り、自分の肌悩みに合った温泉を選ぶ際の参考にしてくださいね。


温泉の基礎知識


温泉の定義

国が定めた温泉法に基づき、ある条件を満たした水質のことを温泉と呼んでいます。

その条件とは、

・源泉温度が25℃以上であること、
・リチウムイオンや水素イオンなど19種ある特定成分が1種以上含まれ、なおかつ規定値に達していること

どちらか1つでもクリアしていれば温泉と名乗ることができます。


温泉と聞くと、温かくて天然成分がたっぷり含まれているイメージを持ちますが、温泉法の基準は想像以上に緩く、源泉地によって効能成分もまちまちであることを理解しておきましょう。

温泉で期待できる効能

温泉は泉質によって効能は変わってきますが、特別な成分が含まれていない場合でも、入浴することによって様々な効能が期待できると言います。

神経痛や筋肉痛、五十肩や慢性消化器病、冷え性や疲労回復などは<一般的適応症>と呼ばれ、泉質を問わず効能があるとされる症状です。

肝心の美肌への効能についてですが、これは療養ではありませんので、一般的適応症には含まれておりません。しかし、温泉成分がもたらす美肌効果は科学的にもきちんと認められています。

温泉の入浴がNGな人も

一般的適応症とは逆に、温泉の入浴がNGとされる一般的禁忌症があります。一般的禁忌症には、発熱などの急性疾患、結核、悪性腫瘍、重い心臓病、腎不全、妊娠中などが挙げられます。

<関連記事>
妊活中・妊娠中にやっておくべきこと

温泉の泉質

アルカリ性・酸性は、お湯が湧き出す時の水素イオン濃度によって分けられ、ph(ペーハー)値6~7.5を中性として、値が低いほど強い酸性、高いほど強いアルカリ性に分類されます。


美肌効果のある温泉はどれ?


美肌全般に良い温泉は・・・

美肌全般におすすめなのは、炭酸水素塩泉=アルカリ性の温泉です。アルカリ泉に浸かると、皮脂が溶けて肌がヌルヌルしてきます。これにより角質が軟化し、肌がすべすべになるのです。

つまり、温泉に浸かるだけで、あかすりやピーリングと同様の作用が期待できるということです。肌のざらつきやくすみが気になる方におすすめです。

しかし、強アルカリ泉につかりすぎると脂分を取り過ぎてしまい、かさついてしまうこともありますので、アトピーの方や敏感肌の方は特に注意が必要です。普通肌の方でもph値を確認して入浴しましょう。

<関連記事>
乾燥肌、生活習慣を見直して体質改善!

皮膚疾患に良い温泉は・・・

酸性泉とは、一定以上の水素イオンを含有する温泉のことを言います。私たちの肌はph5と弱酸性ですので、ph6未満の弱酸性泉はアルカリ性温泉よりもお肌に優しく美肌に効果的と言われています。

酸性泉は殺菌力が強く、古くなった肌を生まれ変わらせる働きがあり、水虫、湿疹などの慢性的皮膚病に効果があります。また、肌に必要な皮脂を適度に残してくれるので、肌の弱いアトピー持ちの方におすすめです。

ただしピリピリと沁みるような刺激があるので、肌を傷めないように注意が必要です。

<関連記事>
アレルギー・アトピーの改善策は?

ニキビに良い温泉は・・・

白濁したお湯で独特の臭いを放つ硫黄泉は、硫化炭素ガスを含む温泉です。毛細血管を広げる作用によって高血圧や婦人病に効果が認められ、浸かるだけでなく飲用としても利用されます。

美肌効果としては、ニキビ・吹き出物に悩む方におすすめ。硫黄には角質軟化の作用が認められ、古く硬くなった角質を溶かしてくれます。

保湿効果が高い温泉は・・・

塩分の多い塩化物泉は保温効果抜群で、肌を柔らかくして汚れを落とすクレンジング効果も期待できます。塩分が肌表面に付着することで、水分の蒸発を防ぎ、入浴後もしっとり肌をキープしてくれるでしょう。


効能を高める温泉の入り方



こういった温泉の効果をより引き出すためには、入浴の仕方にも気をつけたいものです。まずはかけ湯で汚れをざっと落としてから、すぐに温泉に入ります。浸かる前に石鹸で体を洗いきってしまうと、肌への刺激が負担になってしまうためです。

3分ほどしたら一度あがって頭を洗い、再度3分浸かってから体を洗い、もう一度3分浸かるという「分割浴」が良いでしょう。温泉成分を少しずつ浸透させ、身体が十分に温まって血行が良くなることでも、美肌効果がアップしますよ。

3分ずつの入浴と聞くと短く感じるかもしれませんが、温泉のお湯は熱めなのでのぼせにも十分注意が必要です。


泉質による刺激の強弱で、入浴時間を調整してみてください。しっかり汗をかいて老廃物をしっかり溶かしだし、リフレッシュした肌に美肌成分を浸透させて、つるぴか素肌を目指しましょう!

癒されて綺麗に、温泉の美肌効果とは?まとめ

  • 温泉によって含有成分は異なり、効能も変わってくる
  • 美肌に良いのは、炭酸水素塩泉(アルカリ性)・酸性泉・硫黄泉などがある
  • アルカリ性が強い温泉は肌への負担もあるので頻繁には入らないように注意
  • 酸性泉は皮脂をとりすぎないので、乾燥・敏感・アトピー肌にもおすすめ
  • ニキビでお悩みの方は、角質除去効果が期待できる硫黄泉が最適
  • 入浴の仕方に工夫して美肌効果アップ


ニキビ化粧水の人気ランキング

ニキビ化粧水