歯が健康な人は美肌が多い?!歯とお肌の関係について



歯磨きの時に血が出る、沁みる、痛みがあるといった歯の異常を感じても、「忙しいから」と放置していませんか?そのうち一時的に症状を感じなくなると「治ったのかな」と思ってそのまま数年経ってしまった、なんてこともあると思います。

食後すぐに歯を磨き口の中の清潔を保つこと、半年~1年に1度は歯科健診を受けることが大切ですが、習慣にできていない方も多いでしょう。

でも、この「歯の習慣」が実は美肌に影響を与えてしまうとしたら、どうでしょうか?


美肌の大敵【歯周病】に要注意!



どうして肌の調子が悪いのか分からない、というとき、実は「歯周病」がその不調の原因となっている可能性があります。

特に若い方は「まさか自分が」と思っているかもしれませんが、30代の方の約8割は、程度の差はあるものの歯周病にかかっているというデータがあります。

歯周病とは

歯周病とは、歯を支えている歯茎が、食べかすなどを原因とした細菌・歯周病菌によって感染症を起こし、歯茎の腫れや出血を引き起こしている状態です。口臭の原因になっていることも多く、悪化すれば歯が抜けてしまいます。

歯周病菌は、口腔内だけに留まるわけではありません。体内を循環し内臓脂肪の中に入って、インスリンの分泌を盛んにしてしまうケースがあります。

インスリンの増加によって脂肪細胞が増え、糖尿病悪化の一因となったり、ダイエットの障害となったりします。

<関連記事>
DHA・EPAサプリで健康診断の結果が良くなる?

歯周病がお肌に悪影響を与える理由

インスリンには皮脂腺を刺激する作用があり、これにより皮脂分泌が盛んになりニキビを悪化させて、肌荒れを引き起こします。これが、歯の健康が美肌に影響を与える背景です。

歯周病の原因

歯周病の原因となる生活習慣を避けるようにしましょう。その生活習慣とは「食後すぐに歯を磨かない」「よく噛まないで食事を飲み込んでしまう」「間食が多い」「ストレスがたまっている」「疲れがたまっている」「喫煙している」「睡眠時間が少ない」というもの。

心当たりの多い方は要注意です。

歯周病、虫歯の予防対策

・歯磨き
毎日の歯磨きには、歯ブラシも重要になってきます。毛束が3~4列、毛足はストレートなものがおすすめです。歯茎が健康な場合は普通~硬めが良いですが、炎症がある場合は柔らかいものを選択します。

歯ブラシは鉛筆持ちし、外側と内側、歯表面を1本1本意識して綺麗に磨きます。歯周ポケットは、斜め45度の角度で歯と歯茎の間を小刻みに動かして磨くようにしましょう。

・デンタルフロス、歯間ブラシの使用
歯と歯の間や奥歯のあたりは、歯ブラシだけでは汚れや歯垢をしっかり除去できません。そのため、歯間ブラシやデンタルフロスを利用してピンポイントで取り除いてあげる必要があります。

どちらも使い方を誤ると歯茎を傷つける危険性がありますので、使用方法を確認したり、歯医者さんで指導してもらうと安心です。

・定期的に歯科検診へ行く
歯が痛くなってから歯医者さんへ行くのは遅いです。特にトラブルがなくても、定期的に診てもらうよう習慣づけましょう。

・食べ物をよく噛むこと
咀嚼することで唾液の分泌が促されますので、食べ物のカスが歯に詰まりにくくなります。

・たばこをやめる
タバコには、ニコチンの他、様々な有害物質が含まれています。タールのヤニが歯に付着すると、そこに歯石が溜まりやすくなります。また、ニコチンは、抵抗力を低下させる働きがあり、腫れや炎症など歯茎トラブルが起こりやすくなります。

そのため、歯周病の予防や治療において、禁煙は必須事項となります。

<関連記事>
ニキビとアルコール(お酒)って関係あるの?


美容にも嬉しい!お風呂で行う毎日のデンタルケア



歯周病を避けるだけでなく、美肌に対しより積極的に取り組める方法として「お風呂での歯磨き」があります。朝はなかなか難しいかもしれませんが、夜はぜひ実践してみてください。

方法は簡単で、湯船にゆっくり浸かっている間に歯磨きをする、というものです。

歯への効果

寝る前、洗面所へ行って歯磨きする習慣を面倒に感じている方は少なくないと思います。時間をかけずにパパっと済ませちゃったりして。それではしっかりと磨けず、虫歯や歯周病のリスクが高まってしまうでしょう。

お風呂で行う場合は、湯船に浸かって温まりながらゆっくり歯磨きすることができます。入浴することで体が温まり、歯茎もゆるんで歯垢や汚れが落ちやすくなります。

<関連記事>
妊活中・妊娠中にやっておくべきこと

お肌への効果

お風呂での歯磨きは「身体がしっかり温まって血行が良くなる」「口腔内が刺激される」という2つの条件が揃います。これにより、唾液がサラサラな状態になったり、成長ホルモンの「パロチン」が睡眠中に分泌されやすくなります。」

このパロチンは、若返りホルモンとも呼ばれており、新陳代謝を促して美肌をサポートしてくれる成分です。もともと人が持っている成分なのですが、20歳を超えた辺りから次第に減少してきます。

食べ物を咀嚼したり、歯磨きで口腔を刺激してあげることで、パロチンの分泌は促され、お肌や髪に若さをもたらすアンチエイジング成分としても注目されています。

お風呂での歯磨きのポイント

歯ブラシは普通タイプのものを選びましょう。硬めの歯ブラシでしっかり洗いたいという方もいるかと思いますが、それだと歯茎を傷つけてしまう恐れがあります。歯と歯茎の間を磨けるよう、極細毛が混ざった歯ブラシが良いですね。

お風呂での歯磨きは、歯磨き粉なしでブラッシングすることをおすすめします。歯磨き粉を使わないことで、歯1本1本汚れがオフできているかどうか確認しながら磨くことができるためです。

湯船に入らないという場合は、シャワーで歯茎を刺激してあげるのも効果的です。温かいお湯と水圧の刺激によって歯茎の血行は良くなり、歯の健康増進につながります。


お風呂での歯磨きは、美容にも効果的なデンタルケアであると言えますので、ぜひ今夜から始めてみてくださいね。

歯が健康な人は美肌が多い?!まとめ

  • 歯周病はお肌に多大な悪影響を及ぼす
  • お肌だけでなく、糖尿病や心疾患など健康にも影響が
  • 歯周病予防は、お肌と健康を守ることに繋がる
  • 歯周病や虫歯の予防には、お風呂で歯磨きがおすすめ
  • 血行促進や口腔内の刺激によって、歯の汚れが落ちやすくなる
  • 若返り成分のパロチンの分泌が促され、美肌効果も高まる

ニキビ化粧水の人気ランキング

ニキビ化粧水