アトピー性皮膚炎の人が避けるべき食用油とは?



アトピー性皮膚炎はさまざまな食品に敏感に反応してしまう、非常に辛いアレルギー症状です。特に子供の間は学校給食などを食べられないというケースもあり、心身共に厳しい状況に置かれてしまいます。

できればこのような症状に苦しむことを減らして、緩和、予防できればよいことに越したことはありません。

ここでは、こうしたアトピー性皮膚炎について予防の観点から考えていきます。


アトピー性皮膚炎の症状や原因


アトピー性皮膚炎の症状

非常にかゆみの大きい皮膚のアレルギー症状です。ひどい時期とそうではない時期を繰り返しますが、慢性的なアレルギー疾患なので、すぐに完治することは難しいものです。

大人になると症状が軽くなる人が多いのですが、完治・治癒というよりも「寛解」(症状がなくなっていること)に近く、何かきっかけがあれば再発したり、重症化する場合もあります。


基本的にかゆみの強い紅斑が首や四肢皮膚にできますが、子供のころは乾燥した病変(「カサカサ」と呼ばれます)になってしまったり、大人になるとその範囲が拡大し、全身や胸などにも広がっていきます。

大人の場合は、同時に赤斑だけではなく、丘疹(ぶつぶつした隆起)ができることもあります。大人になると一般的には症状は軽くなると書きましたが、一端重症化すると症状が重いのは、この丘疹によるところが大きいです。(水ぼうそうが大人だとかかりにくいけれども、もしかかってしまうと重症になるようなイメージです)


アトピーの部分にヘルペスなどができると、通常の場合よりもかゆみが強く悪化してしまう恐れもあります。これをカポジ水痘様発疹症と呼び、発熱などを伴ってしまうこともあります。

いずれにせよ、非常にかゆみが強くて、小さなお子さんにとっては耐え難い苦痛が続くと思ってください。

アトピー性皮膚炎の原因

ダニや食べ物など(複数)をアレルゲン(アレルギーの原因)としたアレルギー反応です。アレルギー反応全般にいえることですが、本来持っている免疫、自己防御機能が過剰に働いてしまうことで自分自身を攻撃してしまいます。アトピー性皮膚炎の場合は「免疫グロブリンE」(IgE抗体)によって皮膚に炎症やかゆみが起きます。

アレルゲンは多岐にわたり、牛乳や卵、小麦粉、油などさまざまな食品に対して反応してしまうのがアトピー性皮膚炎の特徴です。特に子供のころに症状がひどいのですが、給食や外食のメニューがほとんど食べられないというケースもあります。


皮膚が荒れるため、アレルギー反応以外でもダメージを受けやすくなっていて、細菌などが繁殖しやすい皮膚環境になっています(ヘルペスやニキビができやすいということです)。

大人になると一般的に症状は軽くなりますが、職場でのストレスなどほかの要因によって症状が再発・悪化することがあります。これはアレルゲンを除いていてもアトピー性皮膚炎の要因の1つになりえるということです。


アトピー性皮膚炎の治療、予防法について


治療法

なかなか治癒することが難しい慢性疾患ですが、ある程度症状を緩和することは可能です。具体的には、白色ワセリンや尿素などを含有した保湿剤や、炎症抑制のためのステロイド軟膏を使います。

また、免疫抑制薬であるタクロリムス軟膏を併用する場合もあるますが、副作用も指摘されています。これが塗り薬です。


次に飲み薬です。抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬を飲んで、アレルギー症状を緩和します。花粉症のときに飲む薬をイメージしていただくいとわかりやすいです。ただし、花粉症の完治が難しいのと同じように、これはあくまで一時的に症状を緩和させるものです。一端アレルギー体質になってしまうとなかなか治らないので、そうならないようにすることが大切です。

<関連記事>
花粉症でニキビが悪化するって本当?

緩和法

一端アトピー性皮膚炎になってしまうと、その症状を弱くすることが重要で、そのためには日常の食生活に気をつけなければなりません。

症状が重い子供のころは、わずかなアレルゲンを食べただけでも反応してしまいます。何に対して反応するのかわかれば、それが入っていない食事をすることになります。卵や牛乳、小麦粉などにアレルギーがある場合は、それらを食べることができません。

従って学校給食や外食などが大きく制限されることになります。その場合、学校側の了解を得て「除去食」という代替メニューを食べることになります(子供にとってはつらいことですが)。

例として

牛乳→豆乳
肉→ベジミート(豆腐由来のタンパク質)
白砂糖→三温糖、黒糖
白米→玄米
小麦→粟、ヒエなど

のように同じようなもので味が近いものに置き換えてメニューを考えることになります。

この考えを発展させたのが「マクロビオティック」料理です。肉や動物性脂肪を極力避けて、砂糖なども黒糖を使い、通常の料理と同じような食感、味に仕上げたものです(これ自体は別にベジタリアンの料理というよりは、健康食の延長にあるものです)。マクロビ料理はアトピー性皮膚炎の人でもたいていは食べられます。

そのほか、ダニなどを排除した住環境の整備も必要になってきます。

予防法

アレルギーはある日突然なってしまうこともあり、目に見えるものではないので非常に難しいのですが、できることとしては体の免疫力を高めておき、抗アレルギー作用の多い食べ物を食べて、アレルギーになりにくい体を作っておくことしかありません。

子供の場合は、生まれた時からこのような体質のため不可逆的な要素も強いのですが、できるだけアレルギーに強い食べ物を食べさせるといいと思います。

このことは、牛乳や肉、卵を食べさせるなということではありません。子供の成長にも、大人の健康にもこれらは不可欠なものです。ですので、健康なお子さんに一切このようなものを食べさせないということはしないようにしてください。


アトピー性皮膚炎を治すための食事について



「治す」と書きましたが、寛解させることはできても、完治は非常に難しい病気です。ここでは症状を和らげて、再発を防ぐという意味で書きたいと思います。

食事の基本は上で書いたマクロビオティックの考え方に沿っています。

①肉を減らす
②動物性脂肪、動物性たんぱくを減らす
③砂糖を減らす
④卵を減らす
・・・

特に油については注意してください。動物性脂質(肉の脂身やラードなど)やサラダ油は控えめにしてください。体内で、アトピーの症状となる物質を生み出しやすくなります(「養分」と置き換えてもいいかと思います)。

またマーガリンやショートニングといった合成された油脂は絶対に避けてください。これは摂取してはいけません。


このような食品は腸内環境を悪化させ、それを代謝するために臓器に負担をかけて、結果としてアレルギー物質を生み出してします。こうした体への負担を減らす食べ物に変えることで、アトピーの症状を緩和していきます。

要は動物性よりも植物性、肉よりも魚、精製品よりも自然に近いものになります。皮膚の健康にビタミンは欠かせませんが、中でも葉酸などを含むビタミンB群の摂取がアトピーには良いとされています。サプリなどを利用して上手に取り入れましょう。

アトピーには「オメガ3脂肪酸」!



実は、油の種類の1つ「オメガ3脂肪酸」というものに、強い抗アレルギー作用があります。アトピー性皮膚炎についていえばその原因となっている「免疫グロブリンE」やそのほかのアレルギー一般の原因である「アラキドン酸」の働きを抑制する効果があります。

どんな食品にこのオメガ3が含まれているかといいますと、マグロやアジなどの青魚や、えごま油、亜麻仁油といった油です。ただし、ただでさえ食事に制限があるのに、これらを選んで上手に料理するのも難しいですよね。


そもそも魚にアレルギーがあれば食べることができません。えごま油などもそれだけ飲ませることはできませんし、そのようなことをしたら体調が悪化してしまいます。

何か上手にオメガ3を摂取できて、アトピー性皮膚炎を緩和する方法はないのでしょうか。

<関連記事>
健康に良い油とは?オメガ3とオメガ6のバランスが重要!

アレルギー反応を抑える?!DHA・EPAサプリが効果的!



そこで紹介したいのが、DHA、EPAサプリというものです。DHA、EPAとは魚に含まれるオメガ3の仲間で、アレルギー反応を抑制する効果があります。サプリはこれを抽出したもので、必要な栄養塩だけを効果的に補うことができます。

健康な人なら是非どんどん飲んでください、といいたいところですが、アトピー性皮膚炎の人は、ただでさえいろいろなものにアレルギーがあります。そもそも魚にアレルギーを持つ人もいるでしょうし、このサプリ自体が体に合わないという可能性もあります。


従って、あわてて飲むようなことは避けてください。まず、かかりつけの医師(おそらく皮膚科でしょう)に相談して、このサプリを飲んでよいのかどうか指示を仰いでください。そこでの指示を受けて、おそらく少量から試していくことになると思います。

そこで何か症状が悪化すれば服用を中断し、再度診察を受けてください。改善効果がある場合も、このサプリの限度量は決まっていますので、それ以上は飲まないようにしてください。

アトピー性皮膚炎の人が避けるべき食用油とは?まとめ
  • アトピーはさまざまな物へのアレルギー反応である
  • 症状を緩和することは可能だが完治は難しい
  • 人工的な食品、動物性の食品はなるべく避ける
  • 青魚などに含まれるオメガ3という油がアレルギー症状を緩和する効果がある
  • DHA、EPAサプリによってオメガ3を簡単に摂取できる
  • ただしその摂取にあたっては、医師の診察など注意が必要

 DHA・EPAサプリのおすすめ人気ランキング


DHA・EPAサプリのおすすめ人気ランキング

DHA・EPAサプリ