イオンカンフルローションの副作用(リスク)について



イオウカンフルローションは、イオウやカンフルと言った成分が配合されたローションのことです。イオウには、肌の角質を軟化させる作用があり、毛穴にたまった皮脂などの老廃物の排出をうながします。

カンフルには消炎作用があり、アクネ菌の繁殖を抑制する効果があり、イオウカンフルローションは主にニキビの治療薬として、古くから皮膚科で処方されています。


その歴史や効用の説明だけを聞くと、安心して使えるニキビの万能薬であるかのように思えますよね。

しかし、実際はメリットばかりではなくデメリットもあります。それは、イオウカンフルローションを使用することで起こり得る副作用です。重大な副作用はほとんどないと言えますが、使用する際は注意が必要な人もいるんです。


イオウカンフルローションの副作用・リスク

では、まずはイオウカンフルローションの副作用について見ていきましょう。

強い乾燥



最もリスクが高いのが、肌の乾燥です。

イオウカンフルローションには、脱脂作用がありますから、肌表面の脂分を取り除いてしまいます。脂分は、多すぎるとテカリとニキビの原因になりますので敬遠されがちですが、肌のハリを保ち、また皮膚からの細菌の浸入を防ぐ働きもあります。


ゆえに、イオウカンフルローションの塗り過ぎや、あるいはイオウカンフルローションが肌に合わない場合などには、かえって皮膚が炎症を起こす場合すらあります。

肌を保護する角質層を溶解(ピーリング)しますから、これを何度も繰り返していると、肌がもろくなるわけです。

肌荒れ

イオウカンフルローションには、殺菌作用があります。アクネ菌と聞くとニキビの原因菌として有名ですが、毛穴に常在するアクネ菌は、通常であれば肌を弱酸性に保つとともに、他の菌が肌に繁殖することを防ぐという、肌にとってたいへん重要な役割を果たしています。

このアクネ菌を、硫黄の殺菌成分で減らしすぎてしまうと、言わずもがな、それはそれで肌の健康にとっては良くないのです。


例えば、アトピー性皮膚炎というものは、免疫系の反応しやすい体質に起因するものと、乾燥肌に起因するものとの両方があります。

ゆえにこのアトピー性皮膚炎と同様、イオウカンフルローションのせいで、見ばえ上、乾燥が目だってしまうという程度であればまだマシなほうで、乾燥のために抵抗力の弱くなった肌から菌が浸入し、顔全体が炎症を起こしてしまう可能性もあるわけです。

<関連記事>
アトピー性皮膚炎の人が避けるべき食用油とは?

かゆみ

イオウカンフルローションは、脱脂力が強く皮膚の乾燥を招きます。敏感な状態な上に、乾燥することでニキビに強いかゆみが現れることがあります。


また、副作用ではありませんが、イオウカンフルローションのデメリットとして強烈な「におい」があります。みなさん、温泉で嗅いだことがあるであろうイオウのニオイです。好きな方もいるかもしれませんが、多くの場合はこの強烈なにおいに驚いてしまうことでしょう。

そして「しみる」こともデメリットのひとつです。イオウカンフルローションは、ピーリング作用があるため、肌への刺激はなかなか強いものがあります。


使用するのに注意が必要な人



・乾燥肌・敏感肌の方
・肌に傷がある方



イオウカンフルローションは、できはじめの白ニキビや黒ニキビに効果的で、炎症が起きているニキビに使用すると、炎症が悪化してしまう可能性があります。

乾燥肌や敏感肌、アトピー肌や脂漏性湿疹などの症状がある方が使うと、炎症や赤みなどの肌トラブルが起こりやすくなりますので注意が必要です。

<関連記事>
葉酸サプリ、副作用やリスクが気になる…


【実話】イオウカンフルローションで副作用が起こったケース



「ディフェリンゲルやダラシンが効かなかったので、こちらのイオウカンフルローションを処方されました。敏感肌ということで、刺激が心配だったので、振らずに上澄みだけをコットンに沁みこませて患部につけて使用しました。

すると翌日、今までなかった場所に膿を持ったニキビがぶわーっとできてしまいました。ニキビがある部位にしか塗らなかったはずなのに…。

皮膚科で診てもらうと、その結果はかぶれでした。敏感肌の私には刺激が強すぎたみたいです。(21歳・乾燥肌)」


「ニキビにはかなり効果的だったけど、乾燥がひどすぎる。カサカサだし皮がむけるしで、ファンデが塗れない悲惨な状態になってしまいました・・・。長時間、肌につけないように塗り方の工夫をすると、まぁまぁマシになりました。(27歳・乾燥肌)」


「ニキビは確かに減りました。でも、オイリー肌だった私が皮がむけるくらい肌が乾燥してしまいました・・・(20歳・脂性肌)」

<関連記事>
オイリー肌のニキビ対策、注意点は?

副作用・リスクが心配な方は・・・

部分的なニキビのケアをしようとしているのに、乾燥や炎症などの肌全体のトラブルを起こしてしまっては、本末転倒ですよね。ですから、イオウカンフルローションは医師による診断を受けた上での処方が、何よりも安全です。

イオウカンフルローションを用いずとも、基本的には、ニキビは普段の生活リズムと、適切な洗顔習慣、そして適切な化粧水選びなどによって十分予防ができます。


ですから、ニキビがまだ軽く部分的な状態なのであれば、イオウカンフルローションの処方を受ける前に、生活習慣を整えたうえで有効成分を含んだニキビ化粧水などの使用を続けてしばらく様子を見たほうが、効率が良い上に効果的かもしれません。

イオンカンフルローションの副作用(リスク)について・まとめ

  • イオウカンフルローションは強い脱脂力とピーリング作用があり、乾燥を悪化させる
  • 赤みやかゆみ、炎症などの肌トラブルを招く恐れも
  • 乾燥肌や敏感肌、アトピー肌の方は特に注意が必要
  • 人によっては乾燥どころか皮がむけてしまう場合もある
  • ニキビを治すには、生活習慣の見直しやニキビ化粧水のケアから始めよう!

ニキビ化粧水の人気ランキング

ニキビ化粧水