ニキビに関する疑問あれこれ



気が付くと頬やアゴに出来ているニキビ・・・ニキビがあると気分は憂鬱です

メイクしてもカバーできないし、早く治したくて軟膏を塗り過ぎたら、ニキビが潰れてニキビ跡ができちゃったり。ニキビのせいでお肌が凸となって目だってしまうから、本当に困ってしまいますよね。


もしも、

「気になる人とのデート当日にニキビが出来ちゃったら…」
「一生の一度の晴れ舞台、挙式当日にニキビが出来ちゃったら…」

そんな大切な日にニキビが出来るなんて絶対に避けたいものです。ニキビを作らないようにするには、どうすればいいのでしょうか。


ニキビに関するアンケート結果



周りの女性は、ニキビなんてないツルり肌なのに、なぜ私だけ思春期でもないのにニキビのことでこんなにも悩まなくてはならないの?そう不満を感じている方も多いのではないでしょうか。


ある機関が働く女性を対象に、ニキビに関する調査を行ったところ、8割近くの女性がニキビで悩んでいることが判明しました。

以前はニキビと言ったら、思春期にできるものと言ったイメージが強かったと思いますが、最近では社会人になってできる「大人ニキビ」で悩む人が急増してきています。


20代にもなると、10代の頃にはなかったお肌トラブルが頻発してくる年代です。乾燥やシミ、大人ニキビ・・・仕事にプライベートに忙しい年頃なだけに、こういった肌トラブルは何としてでも避けたいものですよね。

大人ニキビの原因はさまざまありますが、実際にニキビができた方の話によると、「バランスの悪い食生活」「生活リズムの乱れ」「睡眠不足」「ストレス」などの影響を受けていると感じているそうです。


働く方々にとってはどれも改善が難しいものです。ですが、こういったことがニキビの原因であるということをきちんと理解しておくことだけでも、ニキビ解消にはとっても役に立ちます。

下記ではニキビを改善するヒントとなる情報をご紹介しておりますので、ぜひ参考にしてみてください。


ニキビ・その他記事の関連ページ


ニキビを改善するポイント



上記で申し上げた通り、生活習慣の乱れを正すことがニキビ改善の近道となります。昼も夜も外食やコンビニ弁当という方は、極力自炊することを心がけ野菜を多く摂るように意識しましょう。

食生活の乱れは、栄養バランスが偏ってしまうだけでなく、野菜や食物繊維が足りていないことで便秘をも引き起こします

便秘を予防・解消する

便秘もニキビの原因のひとつです。

便秘によって排出できない毒素が腸の中に溜まり、その有害な物質が体に吸収されます。その有害物質がお肌にも影響を与え、大人ニキビをできやすくするのです。

便秘を解消するには、ごぼうなどの食物繊維たっぷりの食材を取りいれることが大切です。

睡眠時間を確保する



また、忙しい女性がついつい削ってしまうのが睡眠時間です。睡眠よりも遊び!睡眠よりもテレビ!なんだかんだで明け方近くまで夜更かししてしまった・・・そんな経験ありますよね。

若い頃は夜更かししても、お肌の状態は良好を保てましたが20歳を超えると徐々にそうはいかなくなります。睡眠が疎かになるぶんだけ、翌日は毛穴が目立ったり、乾燥が気になったり、大人ニキビが発生したり、とお肌にすぐに現れます。


このようにお肌の状態は睡眠と密接な関係にあるのです。お肌には肌が生まれ変わるターンオーバーという機能があります。

ターンオーバーが正常に働かないと、新陳代謝が良悪くなり、厚くなった角質が綺麗に剥がれ落ちず、ニキビができやすくなります。


そのターンオーバーを正常にするのに「睡眠」が重要となるのです。しかし、たくさん睡眠をとればいいというものではなく、なるべく夜10時から午前2時のゴールデンタイムに寝るということや、浅い眠りではなく深い眠り、つまり質の良い睡眠をとることがポイントです。

外側からのケアも重要



ニキビを治すために、まず第一に大切なのは、食生活や睡眠など生活習慣を見直すことです。それでも、ニキビが良くならないということでしたら、日ごろのストレスやスキンケア不足を疑ってみましょう。

ストレスは、誰しも抱えているものですのが、どう付き合っていくかが大事です。悩みは人に聞いてもらうだけでも、心がすっきりと軽くなるものですので、小まめにストレスを発散出来るよう心掛けたいですね。


そして、スキンケアについてですが、ニキビで悩まれている方の多くは、誤った化粧水選びやケアをされている可能性があります。ニキビがあるとさっぱりとした化粧水を選びがちですが、大人ニキビは乾燥が一つの原因ですので、保湿力の高い化粧水を選択する必要があります。

そのため、外側からできるニキビ対策として、有効成分と保湿成分が入った大人用のニキビ化粧水でのケアがおすすめです。下記では、人気のニキビ化粧水を紹介していますので、参考にしてください。

それでも治らない場合、ニキビではないかも・・・

ニキビだと思ってケアしてても一向に治らない場合は、ニキビに似た皮膚トラブルである可能性もあります。

目の周りにできたニキビのような白いブツブツの場合は、稗粒腫(はいりゅうしゅ・ひりゅうしゅ)かもしれません。これは良性の腫瘍であり、放置していても問題はありませんが、解消するには皮膚科での治療が必要になります。


また、黄ニキビに似た症状の慢性膿皮症という場合もあります。これは、ニキビの原因菌とは異なる菌によって炎症が起こり膿を伴う皮膚疾患で、さらには発がん性のリスクもあるため、甘く見てはならない症状です。

以上のような皮膚トラブルの場合、セルフケアによって症状が悪化する可能性もありますので、なかなかニキビが治らない時は、皮膚科へ行くことをお勧めいたします。


 ニキビ跡、化粧水を選ぶならどれ?