タイプ別のニキビについて



女性の方はもちろんですが男性の方、はたまた10代の学生さんなど、ニキビで悩んでいる方はたくさんいると思います。ですが一口にニキビといっても、実はいろんな種類があるのをご存知でしょうか。

ニキビの種類や原因が違えばその対処法も異なりますので、早く治すためには今「どんな状態」で「どうやってケアすれば良いのか」自分のニキビを知ることが大切です。

ここでは、色んなニキビの種類について簡単に見ていきたいと思います。


タイプ別ニキビ

白ニキビ

まず1つ目は白ニキビです。

白ニキビは初期段階のニキビで、ぽそっと白っぽいのが特徴です。初期段階なのでそれほど慌てる必要はありませんが、放置しておくと黒ニキビや赤ニキビに発展しますので注意が必要です。
寝不足や暴飲暴食、便秘など、まずは生活習慣を改め、刺激の少ない基礎化粧品でケアするなど毎日のスキンケアにも注意しましょう。

黒ニキビ

黒ニキビは中期段階のニキビです。

毛穴に溜まった皮脂が酸化して、黒くポツっと見えるニキビを言います。白ニキビから一段階悪化した状態ではありますが、まだ炎症は起こしていませんので、痛みもなくセルフケアで十分改善できるレベルです。

しかし、ここでしっかりと対処しておかないと、ニキビがさらに悪化してしまいますので、ニキビ専用の洗顔石けんやニキビ化粧水を使用してしっかりとケアすることをおすすめいたします。

赤ニキビ

次の段階は赤ニキビです。最も注意したいのがこの赤ニキビです。

通称、炎症ニキビとも言われている状態で腫れや痛みを伴います。原因は、古い角質で詰まった毛穴内に皮脂が溜まり、それを好物とするアクネ菌が繁殖することで炎症を起こします。

炎症を起こしているため、ケアには細心の注意が必要になってきます。油分が含まれた化粧品でのケアはNGです。きちんと有効成分が入ったニキビ専用の化粧品でケアするのが、すばやく赤ニキビを解消するための効果的な対策です。

赤ニキビは目立ちますから「潰しちゃえ」と考える方も少なくありません。しかし、赤ニキビに限らずですが、ニキビを潰すのは絶対にNGです。というのも、皮膚内部の組織が破壊されてクレーター状のニキビ跡として残ってしまうからです。

心配な場合や、赤ニキビが改善されない場合は、一度皮膚科で相談してみても良いかもしれません。

黄ニキビ

最後の段階が黄ニキビと呼ばれる、化膿した状態のニキビです。

この段階のニキビはかなり重症ですので、赤ニキビよりも強い痛みを伴います。もし触らなくてもニキビが痛いというほどでしたら、すぐさま皮膚科に行く事をおすすめします。

気になって触ってしまうと状態はますます悪くなりますし、破けてしまう可能性があります。破けると、中に溜まっていた膿が出ますので凹凸がなくなり、すっきりして解消できたかのように思えますが、ニキビ跡が残る危険性は高まるでしょう。

また、傷口から菌が侵入するなどして思わぬ肌トラブルを起こしかねませんので、患部の扱いにはくれぐれも注意しなくてはなりません。


年齢別ニキビ

次に年代別のニキビを見ていきましょう。

思春期ニキビ 大人ニキビ
出来る時期

10代の思春期

20代以降
特徴
  • Tゾーンにできやすい
    (おでこや鼻)
  • 20代になると収まってくる
  • Uゾーンにできやすい
    (顎などフェイスライン)
  • 治りが遅く、繰り返しできる
  • 原因
  • 成長ホルモンによる過剰な皮脂分泌
  • 間違った洗顔方法
  • 不規則な食生活
  • 睡眠不足
  • 飲酒たタバコ
  • ストレス
  • 間違ったスキンケア
  • ホルモンバランスの乱れ
    (生理周期)
  • 有効な対策 肌を清潔な状態にする
    (洗顔やスキンケア)
  • 生活習慣の見直し
  • スキンケアの見直し
  • 思春期ニキビ

    10代後半の若者によくできるのが、思春期ニキビです。これは成長に伴うホルモンバランスの乱れが原因で、成長期の若者にはよく見られる現象です。

    夜更かししたり、脂っこい食べ物を好んで食べたりと、生活習慣に問題がある場合もありますが、成長に伴うホルモンの影響が大きいため、規則正しい生活を送っていてもニキビができやすくなってしまいます。

    思春期は、お肌を清潔に保つことが重要ですので、毎日の洗顔はもちろん、思春期用のニキビケアグッズでお手入れするなど、ニキビを抑える対策をとると良いでしょう。

    大人ニキビ

    20代以降で出来るニキビは、大人ニキビと呼ばれています。大人ニキビの原因は日々のストレスや、生活習慣の乱れ、食事バランスの偏り、生理周期など様々です。

    大人ニキビの場合、こうした日々の生活態度を改善させることはもちろんですが、スキンケアに力を入れてニキビを悪化させないことが大事です。

    またメイクやファンデはニキビを悪化させる原因となります。特に油分を多く含むリキッドファンデやクリームファンデはニキビ肌と相性が悪いので、アイテム選びに注意したいところです。


    ・女性は生理前ニキビに注意
    生理前ニキビは女性に特有のニキビです。生理前後でホルモンバランスが乱れることが大きな原因で、皮脂が増加しやすく、敏感がちな肌状態に陥ります。

    そのため、せめてその期間だけでも大人ニキビ用の低刺激な化粧水でケアしてあげると良いでしょう。


    以上、色んなニキビについて駆け足で説明しましたが、いかがだったでしょうか。

    詳しくは下記の記事で紹介していますので、よかったら参考にしてください。

    タイプ別ニキビの関連記事


    ニキビ痕にも要注意です!



    ニキビは軽いものから重いものまでさまざまなタイプがありますが、初期の段階でしっかりとケアを行うことで悪化を防ぐことができます。

    もしケアの方法を間違えて赤ニキビや黄ニキビへと症状が進行してしまうと、ニキビよりもさらに厄介なニキビ跡のリスクが高まりますので気を付けなくてはなりません。


    クレーター状に凹んでしまったり、赤い跡や茶色いシミのように残ってしまうことがありますので、ニキビ化粧品でも治らないニキビ跡には、クリニックでのレーザー治療やピーリングなど、医療機関に頼るケアも必要になってきます。

    ニキビ跡がニキビよりも厄介な理由は、綺麗に治るまでに時間がかかるということです。特に、深く凹んでしまったクレーター状ニキビ跡は、治療するのに時間とお金がかかり、完治が難しいケースもあります。


    ニキビ跡はニキビを潰すことによって残りやすいので、お肌をむやみに触らない・髪を顔に触れにようにするといった自分なりの対策をとることも大切です。たとえ小さなニキビでも放置せず、適切なケアを行って進行を食い止めましょう。

    下記では、そんな大人ニキビやニキビ跡のケアに効果的な低刺激化粧水を紹介しています。潤いを保ちつつ、有効成分も配合されていますので、ニキビの集中ケアにもおすすめですよ。

     ニキビ跡、化粧水を選ぶならどれ?