ニキビの有効成分とその働きについて



ニキビを早く治す為には、にきび専用のケア化粧品を使用するのが望ましいです。

ニキビケア化粧品には、にきびの原因菌を殺菌する作用のあるもの、炎症を抑えるもの、開いた毛穴を引き締めるもの…などにきびに効く様々な有効成分が含まれています。


ノーマルタイプの化粧品は、保湿だったり美白を重視していますので、ニキビのことを考えた成分があまり配合されていません。

その為、ニキビ肌のまま使用を続けていると、香料などの添加物が刺激になってニキビをさらに悪化させてしまうこともあります。


ですので、にきびでデコボコになったお肌をなめらかフラットお肌に導くためには、ニキビ化粧品の成分に注目する必要がありますよ。

ここでは、ニキビ化粧品の有効成分についていくつかご紹介したいと思います。


ニキビ化粧品に含まれる有効成分はこれ!

ビタミンC誘導体



熱や酸素に弱い不安定なビタミンCの弱点をカバーするために誕生したのが、ビタミンC誘導体です。ビタミンCには、ニキビの炎症を防ぐ抗酸化作用やメラニン産生を抑制する効果があり、ニキビだけでなくニキビ跡の予防・改善に有効です。

また、コラーゲンの生成をサポートする作用があるため、肌のハリや弾力を高めるなどのアンチエイジング効果も期待できます。

イオウ

ニキビの原因菌と言えばアクネ菌です。そんな、アクネ菌の繁殖・殺菌作用がある成分というのが「イオウ」です。

石油の精製過程で生じる粉末状の成分です。殺菌と同時に角質を柔らかくする効果もありますので、ニキビの炎症が静まります。

皮膚科などでも「イオウカンフルローション」というイオウが含まれたニキビ治療薬を処方されることもあります。

サリチル酸

ドラッグストアや薬局にあるニキビ化粧品によく配合されているのが「サリチル酸」です。

サリチル酸も、イオウと同様の効果が得られますが、ピーリング作用があるため、配合量やお肌の状態によってはヒリヒリと感じる場合があります。


痛みを感じた場合は使用を中止しなくてはなりませんが、最近はお肌への負担を軽減するために保湿力の高い成分をブレンドしたサリチル酸配合化粧品もありますので、お試しサイズのものから試してみるのがいいかもしれません。

グリチルリチン酸ジカリウム

ニキビの悪化を防ぐ抗炎症作用が期待できるのが「グリチルリチン酸ジカリウム」です。

甘草の根から摂れる天然植物成分ですので安全性が高く、荒れたデリケートなお肌に安心して使用できる成分です。

大豆イソフラボン



大豆などの食品に含まれているイソフラボンは、女性ホルモンと似た働きをする成分として有名です。

大人ニキビの発生は、ホルモンバランスの乱れが大きく関係しており、男性ホルモンが過剰になることで皮脂が増えたり毛穴が収縮して毛穴詰まりを引き起こします。

イソフラボンには女性ホルモン優位の状態を促しますので、毛穴の詰まりにくいお肌を作り、ニキビの発生を予防するのです。

収れん作用のある成分

肌荒れには付き物の毛穴開きに打ってつけなのが「ハマメリスエキス」「エゾウコギエキス」などの収れん作用のある成分です。

どちらも植物の葉や根から抽出されるエキスで、毛穴をきゅっと小さくする引き締め効果がありますので、現在多くの化粧品に用いられています。


ニキビやニキビ痕に有効な成分は、この他にも様々ありますので、下記の関連記事一覧をご覧ください。

ニキビの有効成分についてそれぞれ詳しく紹介していますので、ニキビ化粧品を探していると言う方は要チェックですよ!


ニキビの有効成分の関連記事



これら有効成分にも注目!


ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は真皮に存在する成分で、高い保水力を持っています。保湿化粧品に必ずと言ってよいほど含まれていますが、乾燥が原因で発生する大人ニキビにも有効であるため、多くのニキビ化粧品にも配合されています。

プラセンタ

妊娠中の母体に存在する胎盤から抽出されたものをプラセンタエキスと呼びます。栄養がたっぷり含まれており、抗炎症作用や抵抗力を高める作用、新陳代謝を助ける作用などがあります。

ホルモンバランスを整える働きもあるため、皮脂の過剰分泌を抑え、ニキビの発生を防ぎます。また、コラーゲン生成を促すため、クレーター状のニキビ跡にも有効だと言われています。

トコフェロール酢酸エステル

ビタミンE誘導体のことで、抗酸化作用が期待できる有効成分です。活性酸素の発生を防ぎますので、炎症によるニキビの悪化を予防します。血行促進する働きもあるため、アンチエイジングや育毛ケアにも用いられています。

フラーレン

フラーレンは炭素分子からできている物質で、肌細胞に存在する保湿成分を回復させる作用があります。大人ニキビは、乾燥によるバリア機能低下が大きな原因ですので、フラーレンによる保湿効果で肌トラブルの起こりにくい丈夫な肌を作ります。

また、抗酸化作用や美白効果も期待できるため、ニキビの予防やニキビ跡の改善にも嬉しい効果をもたらします。


【有効成分を活かす!】ニキビ肌のための正しいスキンケア



上記で挙げた有効成分を配合したニキビケア専用化粧品を買っても、スキンケアの方法を誤ると何の効果もありません。

ですので、ニキビを早く綺麗に治すには正しいスキンケアを行う必要があります。


とは言え人それぞれお肌の状態は違いますし、ニキビの重症度も異なりますので、どんなケアが正しいものなのかは一概には言えません。

なので、ここでは基本的なスキンケアのポイントについてご紹介したいと思います。

基本的なスキンケア

(1)洗顔のポイント

・クレンジングでしっかり汚れを浮かし、ぬるま湯でオフしましょう。
・クリームのような密度の濃い泡を作り、泡でなでるように優しく洗いましょう。
・ぬるま湯で、十分すぎるくらい洗い流しましょう。

クレンジングはオイルよりもクリームやミルクタイプを使用すると良いです。オイルは脱脂力が高いため、肌に必要な皮脂まで取り去ってしまい乾燥しやすい状態になってしまいます。

また、洗顔料はしっかりと泡立ててあげることも大切なポイントです。手だけでは難しいので、ネットなど泡立てグッズを使用して弾力のあるクリーム状の泡を目指しましょう。


(2)化粧水をつけるポイント

・コットンにひたひたになるくらい化粧水を浸しましょう。
・顔の中心から外側へ、優しくパッティングしましょう。
・肌が潤ったら美容液や乳液を重ね、最後はクリームで仕上げましょう。


化粧水をつける時は、ニキビのないツルツルなお肌になったことを思い浮かべながらケアしてあげると良いでしょう。良いことをイメージすることで、普段よりも丁寧なケアを心がけるようになります。

お肌が冷たくなると、化粧水が浸透した合図ですので、その後は水分を閉じ込めるために乳液やクリームでフタをします。


とっても簡単で当たり前なケアですが、ひとつひとつの工程を丁寧に行うのが最大のポイントですので、ニキビ肌でお悩みの方は実践してみてくださいね。

ニキビに効く有効成分を配合した化粧水は下記で紹介していますので、人気ランキングをぜひ参考にして探してみてください。


 ニキビ跡を消す化粧水、選ぶなら?