なかなか消えない!ニキビ跡を消す3つの方法は?

ニキビ跡を消す方法

せっかくニキビが治ったと思ったら、赤いニキビ跡がなかなか消えない、シミのような茶色いニキビ跡が残ったなど、ニキビ跡の悩みはニキビよりもむしろ深刻です。

ニキビ跡を早く消すにはどうしたら良いのでしょうか?今回は3つの方法をご紹介します。

ニキビ跡がなかなか消えないのはなぜ?

ニキビ跡にはいくつかの種類があり、それによって消えるまでにかかる時間が違います。

また同じ種類でも、できた後のケアの仕方などによって、2~3ケ月で消えるもののあれば、1年以上消えないものもあります。

ニキビ跡の原因

ニキビ跡ができる原因は、ニキビの炎症や化膿による肌の組織へのダメージです。

炎症によって肌が傷つくと、ニキビが治った後に痕跡が残ります。それが「ニキビ跡」です。

 
切り傷でも浅いものは傷跡を残しませんが、深いものや化膿させてしまうと、なかなか消えない傷跡が残りますね。

ニキビ跡もそれと同じで、ダメージが表皮だけでなく真皮層やときには皮下組織にまで及び、消えにくいニキビ跡になることがあります。

ニキビ跡の種類

ニキビ跡には、「赤いニキビ跡」「色素沈着(茶色や紫)のニキビ跡」「クレーター状のニキビ跡」の3種類があります。

「赤いニキビ跡」は、炎症ニキビの治癒過程で増えた毛細血管が、皮膚の表面から透けて見えている状態です。

毛穴の中でアクネ菌が繁殖すると免疫活動が活発化して、患部により多くの免疫細胞を送り込むために毛細血管が増えるのです。

 
「茶色や紫のニキビ跡」は、肌への色素沈着によるものです。茶色のニキビ跡は、炎症後色素沈着と呼ばれるシミの一種です。

ニキビの炎症によってメラニン色素を産生するメラノサイトが刺激され、炎症が治まった後もメラニンの生産が続いている状態です。

 
紫や赤黒いニキビ跡の場合は、血液中のヘモグロビンが色素沈着を起こしている可能性があります。

ニキビの炎症によって患部の毛細血管が破損し、周辺組織に漏れ出ることで生じます。

 
「クレーター状のニキビ跡」は、真皮層までダメージが及んだことで生じる皮膚のくぼみで、重症の化膿ニキビの後にできやすいニキビ跡です。

反対に組織の修復が過剰になって盛り上り、ケロイド状になることもあります。

ニキビ跡や毛穴が目立つ…簡単にできる対処法は?

ニキビ跡や毛穴の開きがあるとメイクでも隠せないし、清潔感がなく見えて困りますよね。 目立ちやすいニキビ跡や毛穴はどのような原因で起こり、どのようにすれば治すこと ...

ニキビ跡は自然に治るの?

「赤いニキビ跡」は、増えた毛細血管が元に戻ることで徐々に消えていきます。

赤いニキビ跡は大きさがまちまちで、大きなものは元に戻るのに時間がかかります。もちろん、新陳代謝の良し悪しも関係します。

 
また「茶色や紫のニキビ跡」は、肌のターンオーバーによって外に排出されることで、徐々に色が薄くなっていきます。

ただし肌の乾燥などが原因でターンオーバーが正常に行われないと、中々消えない頑固な「シミ」になってしまう可能性もあります。

 
これに対して「クレーター状のニキビ跡」は、通常のケアでの修復は難しいとされています。

凹みが浅い場合はセルフケアによって多少は改善する可能性がありますが、かなり時間がかかることを覚悟しなければなりません。

 
これは肌の深部までダメージが及んでいることが原因で、早く治したい場合は美容外科による治療を検討する必要があります。

 

ニキビ跡を消す方法1:スキンケアを見直す

ニキビ跡の多くは徐々に消えていきますが、お手入れ方法が不適切だと1年も2年も消えないことがあります。

ニキビ跡を早く消すには、正しいスキンケアで肌の調子を整えて、他の肌トラブルを抱えないことが大切です。

こんなスキンケアはNG!

ニキビ跡の解消に最も悪影響を及ぼすのが「肌の保湿不足」です。

保湿不足で肌が乾燥するとバリア機能が低下して、外部からの刺激を受けやすくなり、ターンオーバーのリズムも乱れます。

 
たとえ乾燥が気にならない季節であっても、肌の保湿にはしっかり気を配りましょう。

また「紫外線対策の不備」もNGです。とくにメラニンの沈着による茶色のニキビ跡は、無防備に紫外線を浴びていると、いつまでたっても解消しません。

 
その他のニキビ跡にも紫外線は悪影響を及ぼします。

日焼け止めを塗るのはもちろんのこと、日傘や帽子を使って、紫外線対策を万全にして下さい。

ニキビ跡ケアに効果的な成分は?

肌の保湿に役立つ成分は、化粧水や美容液に含まれている、セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチン、アミノ酸などです。

茶色のニキビ跡のメラニンを漂白・抑制する成分には、ビタミンC誘導体、ハイドロキノンがあります。

 
カモミラエキス、コウジ酸、アルブチンなどにもメラニンの生成を抑制する作用があります。

ターンオーバーを正常化し、新陳代謝を高める美容成分には、ビタミンC誘導体、セラミド、プラセンタなどがあります。

どんな化粧品を使えばいい?

早くニキビ跡を消すには、ニキビ跡ケア専用の化粧品が有効です。

ニキビ跡化粧水には、1.保湿力が高い、2.低刺激性、3.浸透力がある、などのメリットがあり、製品によって様々な有効成分が配合されています。

 
またニキビを予防する効果もあるため、一般的な化粧品を使うよりも効率的にニキビ跡ケアをすることができます。

色素沈着のニキビ跡には美白成分を配合したものなど、ニキビ跡の種類によって製品を選ぶことで、ニキビ跡の解消がより早まることが期待できます。

【教えて!】ニキビ跡に効く薬、どんな種類があるの?

なかなか改善しないニキビ跡、困りますよね。ニキビ跡に効く外用薬や内服薬はあるのでしょうか? ニキビ治療薬は、ニキビ跡にも効果あり? ニキビ治療薬と言えば「ディフ ...

 

ニキビ跡を消す方法2:生活習慣を見直す

ニキビ跡を早く消すには、スキンケアだけでなく生活習慣の改善も重要です。

どのような生活習慣がニキビ跡の解消に役立つのでしょうか?

正しい生活習慣で、ターンオーバーを整えよう

肌のターンオーバーが停滞したり、過剰なっていると、ニキビ跡は中々消えません。

ターンオーバーも身体の生理リズムの一つなので、生活習慣が乱れていると正常なリズムを刻むことができなくなります。

 
極端な夜型の生活や、それによって生じやすい睡眠不足は、正常なターンオーバーに大変悪い影響を与えます。

早寝早起きの習慣は、肌の調子を良くする最も簡単な方法です。

 
また適度な運動をして、心肺機能や血管機能を高めることも重要です。

血行改善に繋がり、ターンオーバーの正常化にも、真皮層の新陳代謝の活性化にも効果が期待できます。

食生活の注意点は?

ニキビ跡の解消を早める食生活とは、「肌の生まれ変わりを促進する食生活」です。

まず注意したいNG食生活は、血糖値を上げて悪玉コレステロールを増やす原因になる「炭水化物(糖質)の摂りすぎ」です。

 
血糖値の上昇やコレステロールの増加は血液をドロドロにし、それによって血行が悪くなると、肌の新陳代謝が低下します。

肌の再生を早めるには、ビタミンB群とA・C・Eを積極的に摂取することも重要です。

 
ビタミンB群は肌の材料になるタンパク質の代謝に欠かせないビタミンで、ターンオーバーを正常化する働きがあります。

美肌のビタミンと言われるA・C・Eも、肌の代謝活動を促進する、抗酸化作用で肌の老化を防ぐなどで、ニキビ跡の解消に役立つ働きをします。

ニキビ跡を改善する食事・食材は?

現在進行形のニキビや、一向に消える気配がないニキビ跡にお悩みの方も多いと思います。 ニキビ・ニキビ跡を改善する方法のひとつとして注目したいのが「食事・食材」とい ...

ストレス発散で肌の調子を整える

ストレスは免疫力を低下させ、自律神経を乱す原因になります。

ホルモンバランスを乱して肌の調子を狂わせることで、ニキビ跡の解消を遅らせます。

 
ストレス解消は一筋縄ではいかないことも多いのですが、自分に合った方法を見つけて、ストレスをため込まない工夫が必要です。

運動やスポーツで爽快な気分を味わうのは、ストレスによる血行不良を改善する効果があります。

 
入浴をリラクゼーションに活用する方法も色々あります。半身浴でいい汗をかく、香りのよい入浴剤を使うなど、バスタイムを有効に使いましょう。

寝具の硬さや枕の髙さを調整するなどで、睡眠の質を高めるのもストレスの解消に役立ちます。

 

ニキビ跡を消す方法3:美容外科を検討する

通常のスキンケアでニキビ跡がなかなか改善しないとき、広範囲に目立つニキビ跡があるときは、美容外科で治療するのも選択肢の一つです。

美容外科でのニキビ跡治療とは、どのようなものでしょうか?

ニキビ跡を消す美容外科、どんな種類がある?

美容外科でのニキビ跡の治療には、レーザー治療、イオン導入、ダーマペン、など、様々な種類があります。

「レーザー治療」には、肌の表面にレーザーを当ててメラニン色素を破壊するもの、肌の内部に熱で軽い火傷を負わせて肌の自己治癒力(再生力)を引出すものなど、いくつかの種類があります。

 
「イオン導入」は、肌にビタミンC誘導体やプラセンタなどの有効成分を塗り、そこに微弱な電気を流して、成分を肌の奥まで浸透させる施術です。

「ダーマペン」は肌に非常に微細な穴をあけて、肌の成長因子を注入する施術です。傷ついた肌が修復する過程で、ニキビ跡も解消する効果が期待できます。

美容外科を受けるメリット・デメリットは?

美容外科のメリットは、ニキビ跡の解消までの期間を短縮できる、通常のケアでは消えないニキビ跡にも有効な場合がある、などです。

ただし、ほとんどの場合1回の施術では治療は完結せず、期間を置いて複数回の施術を受ける必要があります。

 
デメリットは、治療が終了するまでに少なくとも10万円前後、多い場合は数十万円の高額な費用がかかることです。

また、医師の技量や経験にはクリニックによって差があるので、思うような成果が得られない場合があり、施術の失敗で火傷を負うなどのリスクもゼロではありません。

美容外科を受けた後も、スキンケアは欠かさないで!

高いお金を払って美容外科でニキビ跡がきれいに治っても、その後のケアを怠れば、再びニキビ跡に悩まされることになります。

毎日スキンケアで保湿や紫外線対策を十分に行なって肌の健康を守り、新たなニキビを作らないことが大切です。

 
それでもニキビができてしまった時は、悪化させずにできるだけ早く治療することで、ニキビ跡になるのを防ぐことができます。

ニキビ跡を早く消すための3つの方法は参考になりましたでしょうか?

 
美容外科は最後の手段としても、その前に「正しいスキンケア」と「生活習慣の改善」でニキビ跡が解消すると嬉しいですね。

 
 ニキビ跡消す化粧水のおすすめは?

 

この記事のまとめ

  • ニキビ跡はニキビの炎症による肌のダメージで、解消には時間がかかる
  • ニキビ跡の種類によって解消までの時間や対策が異なる
  • 早く消すにはスキンケアを見直して、保湿不足にならないことが大切
  • 正しい生活習慣でターンオーバーを整えるとニキビ跡の解消が早まる
  • 消えにくく広範囲にあるニキビ跡は、美容外科での治療も検討しよう