美肌の味方!ビタミンCがニキビに効果的なのはなぜ?

ビタミンCでニキビ対策

ニキビ用化粧水のなかには、ビタミンC誘導体というかたちで、ビタミンCを積極的に肌に浸透させるために合成された物質が含まれていることが多くあります。

このビタミンC誘導体が化粧水に含有されているのは、言うまでもなくビタミンCがニキビの治療に効果的であるためですが、ではなぜ、そのような効果が期待できるのでしょうか。

実証されているニキビへの効果

ビタミンCのニキビへの作用としては、以下のようなものが認められています。

  • 皮脂分泌を抑制してニキビを予防する
  • 赤く腫れあがった痛々しい炎症ニキビを緩和する
  • 凹んだクレーター状ニキビ跡や色素沈着したニキビ跡の改善

具体的には、以下のような症状において効果が期待できます。

1.大人・思春期ニキビへの効果

アスコルビン酸には皮脂腺の活動を弱める働きがあります。

ニキビの最たる原因は、毛穴に詰まった皮脂が肌の常在菌であるアクネ菌によって分解されたり、または紫外線の刺激を受けて酸化することが原因であると言われています。

 
このニキビの主要因に対しても、ビタミンCは効力を発揮するわけです。

参考

ビタミンCとニキビの関係ニキビ専門サロン「oliss(オリス)」

2.凹んだニキビ跡への効果

ビタミンCというのは、アスコルビン酸という有機化合物の別名です。

このアスコルビン酸というのは、肌の形状、つまり、肌のハリを保つための物質である「コラーゲン」と「エラスチン」の、その結合を強める作用があります。

 
コラーゲンとエラスチンは、両者が結合することによって、はじめて肌のハリを保つ効果を発揮するのです。

さらに、アスコルビン酸は、肌の真皮層で生成されるこれらコラーゲンとエラスチンの生成自体を促す働きもあります。

 
以上のようなことから、ビタミンCは、凹んでしまったクレーター状のニキビ跡の改善に効果を発揮するのだろうと考えられているのです。

3.色素沈着したニキビ跡への効果

またこのアスコルビン酸は、皮下に沈着してしまったメラニンを、白色メラニンに還元してしまうという作用があります。

さらに、メラニンを生成するメラノサイト自体の働きまで抑制してしまいます。

 
つまり、ニキビ跡で沈着したメラニンを目立たなくする作用もあるわけです。

4.その他健康・美容への効果

ここまで挙げた以外にも、以下のような効果が期待できます。

  • アンチエイジング効果
  • 美白効果
  • 免疫力を高める効果
  • ストレスを緩和する効果
  • 貧血を予防する効果

ビタミンCは美肌への効果はもちろんですが、風邪をひきやすい方や貧血・虚弱体質な方に是非摂ってもらいたい成分です。

 

ビタミンCのデメリット

上記のことから、ビタミンCが美肌・健康に良い成分であるのはお分かりいただけたかと思います。

しかし、ビタミンCは壊れやすい構造をしているため、体内にキープしておくことが難しいというデメリットがあります。

 
ビタミンCは身体にとって害となる活性酸素を消費する役割も持っています。

活性酸素は呼吸をすることによって生まれるものですが、ストレスや喫煙、紫外線、飲酒などによって必要以上に多く発生させてしまいます。

 
つまり活性酸素の増加によってビタミンCは失われてしまうということです。

特にタバコを吸う人の場合は、禁煙者と比べてビタミンCの消費量が大よそ35mg多くなります。

 
タバコを吸わない人であっても、毎日の生活で紫外線やストレスの影響は少ならず受けていると言えますので、失われたビタミンCを補うべく、食事などから積極的に摂取する必要があります。

 

ニキビを治す!ビタミンCの摂取方法

ビタミンCは自ら作り出すことができない成分です。その為、食べ物や化粧水などから補う必要があります。

ここでは、ビタミンCの摂取方法について紹介いたします。

1.食べ物から摂取!

ビタミンCは失われやすいので、毎日積極的に食べ物から摂るようにしましょう。成人の場合、m男女ともに推奨されるビタミンCの量は100mgです。

ビタミンCは主に野菜やフルーツに含まれています。

  • 赤ピーマン、黄ピーマン
  • パセリ
  • レモン
  • モロヘイヤ
  • いちご
  • ブロッコリー

ただ、食材の場合は、水に溶けだしたり熱が加わることによってビタミンCは大幅に減少してしまいますので、調理法には注意しなくてはなりません。

加熱することでビタミンCは溶けだしてしまいますので、スープのように煮汁ごと食べられるようにすると良いでしょう。

 
また、野菜やフルーツを十分に摂取できないという場合はサプリメントを利用する手もあります。

ビタミンたっぷり!キウイフルーツはニキビに効果あり?

ニキビは原因に合った対策をすることが大切ですが、食生活に気をつけて体の中からニキビを治していくことも重要です。 中でも注目したいのは、ニキビだけでなく美肌全般に ...

2.化粧水から摂取!

ビタミンCは、食べ物やサプリで体内から摂取することも重要ですが、同時に化粧水などで体外からお肌に取り込むことが出来ればこれほど良いことはありません。

しかし、ビタミンCというものは、肌に浸透しにくいという性質を持っているのです。

 
それは、ビタミンCが不安定な分子構造をしていて、肌表面ではじかれてしまう、という性質があるためです。

このようなビタミンCの欠点を補うべく開発されたのがビタミンC誘導体です。

 
これはビタミンC(アスピリン酸)に、他の化学構造を付け加えたものです(これを化学修飾といいます)。

このビタミンC誘導体には、水溶性のもの、油溶性のもの、そしてこの両方の性質を持つものとがあります。

 

ニキビ・ニキビ跡の救世主?ビタミンC誘導体の効果とは

よく用いられているのは、水溶性のビタミンC誘導体であり、品質名のところには、リン酸ビタミンCや、アスコルビン酸ルグコシド、というような名称が用いられています。

この水溶性のビタミンC誘導体は、肌への素早い浸透力で知られています。

 
いっぽうの油溶性のビタミンC誘導体は、肌に浸透するまでの時間は水溶性に比べてゆっくしりしているものの、肌の油分を保ちながら、ビタミンCを肌に浸透させるという効果があります。

ビタミンCのもつ皮脂分泌の抑制作用によって、水溶性ビタミンC誘導体では肌が乾燥してしまう場合があり、そのような場合に用いられるのがこちらになります。

 
油溶性ビタミンC誘導体の品質名称としてはステアリン酸アスコビルといった名称が用いられています。

さらに近年では、この水溶性と油溶性の両方の利点を併せ持った誘導体も開発されています。

【徹底解説!】ニキビに効果的な成分とは?

ニキビを早く治す為には、にきび専用のケア化粧品を使用するのが望ましいです。 ニキビケア化粧品には、にきびの原因菌を殺菌する作用のあるもの、炎症を抑えるもの、開い ...

 
これらビタミンC誘導体には、臨床データ上でその効果が確認されており、ニキビの炎症の抑制、色素沈着やニキビ跡の凹凸を緩和する効果があります。

このように、ビタミンCはニキビの発生原因から、その発生後のニキビ跡の緩和に至るまで、ニキビの各プロセスに対して、総合的な効果を発揮する成分なのです。

 
ニキビ予防やニキビ跡が気になるという場合には、食事から摂取するだけでなく、化粧品からもビタミンCを取り入れるのが好ましいです。

化粧水を選ぶ際は、より肌に浸透しやすい「ビタミンC誘導体」が配合されているものを探してみましょう、

 

この記事のまとめ

  • ビタミンCは多方面から肌に作用し、健やかに保つことができる
  • ビタミンCは加熱によって壊れやすいため注意が必要
  • ニキビの予防から対策まで、幅広く効果が期待できる
  • ビタミンC誘導体は、より成分が肌に浸透しやすい