ステロイドって何?ニキビ・ニキビ跡への効果は?

ステロイドのニキビへの効果

関節炎やぜんそく、皮膚炎の治療などで用いられるのがステロイドです。

ステロイドと聞くと、何だか「強力て怖い薬」というようなイメージをお持ちの方も多いと思います。

 
アトピーなどの治療に使われていることから「ニキビにも良いのでは?」と期待している方もいるかと思います。

ここでは、ステロイドとはどんな薬なのか、また、ニキビやニキビ跡への有効性について見ていきたいと思います。

ステロイドとは?

ステロイドとは、副腎から作られる副腎皮質ホルモンのひとつで、体の免疫力を抑える免疫力抑制作用と、炎症を抑制する抗炎症作用があります。

ストロイド剤とは、このホルモンの作用を利用した治療薬のことで、内服、注射、外用と様々な処方法が存在します。

ニキビへの効果は?

ステロイドは、抗炎症作用があることからニキビの症状の緩和に結びつくことは確かにあります。

つまり初期の、毛穴に皮脂がつまった状態から発展し、患部が炎症を起こしてしまったようなニキビに対して、その炎症状態を緩和できる、ということです。

 
炎症というのは、要するに身体の免疫反応のことです。

ニキビの赤みは血管が拡張することで生じるものですし、黄色いウミはその拡張した血管から、患部の細菌を殺すためににじみ出てきた白血球です。

 
ステロイドはこのような免疫反応を抑えるわけですね。

ですから、皮膚科などでニキビの症状を診断してもらった際に、このステロイド剤が処方される場合があります。

アトピー肌のニキビ対策、ここに注意して!

アトピー性皮膚炎の患者さんは、実はニキビもできやすいと言います。アトピー性皮膚炎とニキビには、どんな関係があるのでしょうか? アトピーの治療を頑張っていたお子さ ...

ニキビ跡にはどう?

ステロイド剤は、ニキビが広範囲に広がり強い赤みを帯びた炎症を生じている場合に、強い効果を発揮しますが、クレーターや色素沈着の状態となったニキビ跡に対しては効果を発揮しません。

このようなニキビ跡に対しては、ビタミンC誘導剤を含む化粧水・治療薬など、別の対処が必要になります。

 

ステロイドの副作用とは?

皮膚炎等に強い効果があるとはいえ、薬ですから副作用もあります。

ステロイドが怖い薬として認識されているのは、この副作用の高さにあります。

 
よくステロイドの副作用として聞かれる「ムーンフェイスや糖尿病、骨粗しょう症になりやすい」といったものは、ステロイドを長期間内服した場合のリスクであり、外用剤には当てはまりません。

外用剤の副作用は、あくまでも塗布した皮膚上に見られます。

ニキビが悪化する

ステロイドの免疫抑制作用は炎症を抑える効果がありますが、免疫力が低下することで感染症の影響を受けやすくなってしまいます。

その為、アクネ菌の増殖を防ぎきれずにニキビの悪化や、毛嚢炎が起こることがあります。

 
毛嚢炎とは、毛包でブドウ球菌が感染して発症する皮膚病のことです。

一見するとニキビのような見た目ですが治療法は異なり、誤った処置をとると症状が長引いてしまいまうので注意が必要です。

 
また、顔の皮膚は皮脂腺が多く、炎症や化膿を起こしやすい体質も存在しますので、ステロイドとの相性が悪い方もいます。

誰にでも使用できる薬ではないということを理解しておきましょう。

 
こうした理由から、ニキビ治療として処方されるケースは非常に少ないと言えます。

体毛が濃くなる

ステロイドには男性ホルモンに似た作用があり、多毛になるケースがあります。

多毛とは、体毛が濃くなる現象のことで、女性でも男性ホルモンが強く出る口周りなどに症状が現れることがあります。

 
ステロイド治療を受けるアトピー性皮膚炎の患者さんに見られる傾向にあります。

ただし、これらの副作用は、ステロイド使用を中止すればすぐに治ります。使用を中止しても中々改善することが難しい副作用は下記の症状です。

皮膚が薄くなる、血管が浮き出る

ステロイド使用を止めても消失しない副作用として、皮膚が薄くなる「皮膚萎縮」や血管が浮き出る「毛細血管拡張」が挙げられます。

これは強いステロイドを、半年以上も使用し続けたような場合に現れるものであり、専門医の指導のもとではほとんど考えられません。

 
ステロイド特有の副作用ではありませんが、強いステロイドを使っていて「症状が良くなったから」と急に使用を止めると、一時的に症状がひどくなる「リバウンド」にも注意が必要です。

ステロイドを使用すべき疾患があるとき、むやみに怖がるのではなく、正しい理解で、その効力を上手に利用することが大切です。

 

ステロイドの安全な使い方とは?

ステロイドは専門的知識のもとで服用を行う必要があり、医師の処方ではないような服用は、避けるべきだと言えます。

ステロイド剤は炎症などの症状を緩和するための薬であり、ニキビの根本的な原因である毛穴への皮脂のつまりを改善するものではありません。

 
ニキビの炎症の赤みや痛み、かゆみなどがどうしても気になるという場合にはステロイド剤が有効です。

しかしそのような症状がない場合や、ステロイド剤治療によってそのような症状が緩和された場合には、それ以上の処方にあまり意味はありません。

 
この点を踏まえた上で、ニキビの治療としてステロイド剤を処方された場合の、ステロイド剤の正しい使用方法について紹介したいと思います。

参考

ステロイド剤ロート製薬

ステロイドの使い方・注意点

ステロイドは様々な副作用があることから、ひどいアトピー性皮膚炎であっても、「ステロイドは絶対に使わない」と患者が判断してしまったために、重い症状を我慢し続けている、というケースもあると言います。

抗炎症・免疫抑制の薬であるステロイドをただ漫然と怖がるのではなく、安全な使い方について、そして使用法を誤った場合の副作用について学び、正しく利用しましょう。

自己判断で塗る場所や回数を増やしてはいけません!

当たり前のことですが、診察を受けた個所だけに、処方通りの回数・量で塗布します。

「ここも痒みがあるから」と勝手に別の場所に塗ったり、量や回数を増やしてはいけません。

 
症状の重さに合わせて、ステロイドが少量~多量のタイプまで、選別して処方されています。

また、体のどの部分に塗るかでステロイド吸収率は大きく異なり、例えば頬では腕に比べ吸収率は13倍にもなります。

 
腕に効果があったステロイドを勝手に顔に塗布すれば、浸透率が上がってしまい危険です。

回数は、基本的には1日2回ですが、回復が見られた場合は1日1回でも十分です。

 
厚く塗りたくる必要はなく、軟膏がつやっと光るくらいに薄く塗るくらいで良いでしょう。

ちなみに、外用薬であれば妊娠中の使用は問題ないとされています。ただし、医師の相談が必要なので、くれぐれも自己判断では使用しないでください。

【何に気を付ける?】妊娠中のニキビケア、その注意点は?

妊娠中には、頭痛やめまい、不眠、便秘などのマイナートラブルと呼ばれる不快な症状が現れます。 今回はその中でも特に悩みを抱く方が多い、ニキビ・肌荒れのケア方法や注 ...

ステロイドの特徴は、強力な抗炎症作用で、「長期間使用を続けないように」とされています。

基本的には1週間前後で何らかの改善が見られますが、医師の指示に従い、使用期間の目安は長くても2週間程度と考えましょう。

 
用法容量を守ることで安全に使用できるとは言え、ステロイドは上記のように副作用が心配な薬でもあります。

ニキビ治療で用いられることはほとんどありませんし、やはりニキビ・ニキビ跡を防ぐには、ニキビを作らせない対策が重要になってきます。

 
皮脂の分泌を増やさないための食生活や生活環境、そして先に述べたビタミンC誘導剤入りの化粧水や、肌に優しいニキビ専用洗顔料でスキンケアを行うことが、最も効果的な改善策だと言えるでしょう。

下記では、ニキビ・ニキビ跡対策に効果的な化粧水を紹介しています。

 
副作用の心配がなく、毎日簡単にケアしたいという方は、ぜひニキビ専用の化粧水を取り入れてみてくださいね。

 
 ニキビ跡を消す化粧水、選ぶなら?

 ニキビ跡を消すための方法を考える

 

この記事のまとめ

  • アトピー性皮膚炎の治療に用いられる外用薬
  • ステロイドは副作用が大きく、ニキビ治療に適しません!
  • ニキビ・ニキビ跡予防には毎日使える専用化粧水がおすすめ!