悪化するって本当?ニキビの膿を出すのはNG?

ニキビの膿

ニキビは炎症が悪化すると、ニキビ跡が残る可能性があります。

その為できるだけ早く治したいのですが、ニキビの膿を出すと早く治るという声がある一方で、かえって悪化するという声もあります。

 
どちらが本当なのか、そして化膿ニキビの正しい対応法は何かを解説します。

ニキビの中の膿、正体は?

ニキビの膿を出す

でき始めのニキビ(白ニキビ)の中央にも白いものが見えますが、これはニキビの「芯」で「膿」ではありません。

ニキビの芯と膿はどこが違い、膿の正体とは何なのでしょうか?

ニキビの「芯」と「膿」の違い

ニキビの「芯」はコメドとも言い、皮脂と角質のくずが混じり合ったものです。

初期のニキビである白ニキビは、この芯が皮膚の上から透けて見えている状態です。

 
白ニキビの芯は毛穴の出口をふさぐので、毛穴の中にさらに皮脂が貯まり、それを餌にアクネ菌が繁殖すると赤い炎症ニキビになります。

赤ニキビの炎症が進行するとそこに膿が溜まり、ニキビの中心に黄白色の膿が見えるようになります。

 
このようにニキビは白ニキビ→赤ニキビ→黄ニキビと症状が進行します。

白ニキビの白っぽい色は「芯」ですが、黄ニキビの黄白色は「膿」です。

ニキビの「芯(コメド)」はなぜできる?

ニキビの芯は、「皮脂の分泌が増える」「毛穴の出口が狭くなる」という2つの原因が重なったときにできます。

毛穴の出口が狭くなる原因には、肌が乾燥して硬くなる、角化異常が生じて角質層が厚くなる、などがあります。

 
毛穴の外に出ることができなくなった皮脂は、角質のくずと混じり合って硬くなり「芯」になります。

ニキビの膿ができる原因は?

膿は炎症反応によって生じた白血球や細菌の死骸で、ニキビの中にできる膿も同じです。

出口を失って皮脂が毛穴の中に溜まると、毛穴に棲んでいた皮膚常在菌のアクネ菌やブドウ球菌が皮脂を餌にして繁殖します。

 
菌が繁殖すると免疫作用が働いて、白血球が集中して菌を攻撃し、炎症が起こります。

その戦い(免疫活動)で生じた白血球や菌の死骸、組織の崩壊物などが膿の正体です。

 
ニキビの芯と膿の見分け方は難しくありません。

白ニキビの芯の周囲にはほとんど赤みはありませんが、黄ニキビの膿の周囲にはかなり大きな赤みが見られます。

 

ニキビの膿を出すと早く治るって本当?

ニキビが治った肌

ニキビの膿を出すと早く治るのか、それともかえって悪化させてしまうのか、どちらが本当なのでしょうか?

適切な処置なら治りが早くなる可能性も

皮膚科では「面皰(めんぽう)圧出」という方法でニキビの芯や膿を取り除くことがあります。

これは、ニキビの中心に針やレーザー光線で穴をあけ、コメドプッシャ―(面皰圧出器)という器具で芯や膿を圧出する施術です。

 
適切に面皰を圧出すると、雑菌を侵入させずに白ニキビの芯や黄ニキビの膿を取り除くことができるので、治りが早くなることが期待できます。

ただし皮膚科や美容外科で面皰圧出をした人の中には「痛い思いをしたけれど、赤いニキビ跡が残った」などの声もあり、必ずしも良い結果になるとは限らないようです。

自分でつぶすのはNG!

コメドプッシャ―は市販されていますが、自己流では処置が中途半端になりがちで、皮膚を傷つけてニキビをかえって悪化させることがあります。

白ニキビの芯なら慣れると自分で圧出することも可能ですが、化膿しているニキビの膿を自分で出そうとするのは危険です。

 
下手にいじることで内出血を起こしたり、炎症を悪化させて、ニキビ跡が残る可能性もあります。

もちろん爪でつぶしたりするのは絶対にNGです。

 
1つか2つの化膿ニキビなら市販のニキビ薬で対処することができますが、複数の化膿ニキビがある場合は、皮膚科で処置を受ける方が安全です。

 

ニキビの膿ができた時の対処法は?

膿ニキビの対処法

ニキビに膿ができたときは、どんなことに気を付けたらよいのでしょうか?

ニキビの膿は「触らない」が鉄則

自分でつぶすのはもちろん、化膿したニキビは触ったり、圧してみたりするのもNGです。

刺激を加えることで、悪化して治りが遅くなったり、跡が残る可能性があります。

 
頭や背中など見えない所のニキビは、つい触ってしまうので注意しましょう。

洗顔も普段よりも優しく行なう必要があります。洗顔料をしっかり泡立てて「泡で洗う」という意識が大切です。

 
優しく洗顔をするためには、落ちにくいメイク用品は使わないことも大切です。

寝ている間に無意識につぶしてしまうことがあるので、ニキビができたときは枕に清潔な柔らかいタオルを巻くなどの工夫も必要です。

生活習慣を見直そう

ニキビを悪化させないで早く治すには、身体に備わっている「自然治癒力」を高めることが重要です。

自然治癒力を高めるには、普段の生活習慣から見直す必要があります。正しい生活習慣は、ニキビのできにくい健康な肌も作ってくれます。

 
肌の健康と治癒力を高めるために最も大切なのは「十分な睡眠」です。

傷んだ組織の修復は、成長ホルモンが分泌される睡眠中に活発になるので、睡眠不足ではその力を十分発揮することができません。

 
極端な夜型の生活は睡眠不足になりがちなので、遅くとも12時前にはベッドに入るようにしましょう。

睡眠時間だけでなく睡眠の質も大切です。寝室や寝具などの睡眠環境も見直してみることが必要です。

 
「バランスのとれた食生活」も重要です。

糖質(炭水化物)に偏った食事は、使い切れなかったエネルギーが脂肪に変わり、皮脂の過剰につながります。

 
肌の健康を作るビタミンA・C・E・B群、良質のタンパク質を積極的に摂りましょう。

腸内環境を整えて便秘を予防する、食物繊維を摂ることも大切です。

 
朝食を抜くのは、栄養面だけでなく一日の生活リズムを作る上でもマイナスですので、毎朝きちんと食べるようにしましょう。

「適度な運動」は血行を促進し、肌の新陳代謝を高めてくれます。

 
運動やスポーツでストレスを解消するのも、肌に良い効果があります。

ニキビケア化粧水でケアしよう

肌の乾燥はニキビの大きな原因なので、スキンケアで保湿を心掛けることが大切です。

ニキビが繰り返し出る場合は、ニキビケア用の化粧水を使うのも効果的です。

 
ニキビケア用の化粧水には保湿成分の他に、アクネ菌の増殖を防ぐ成分や肌のターンオーバーを促す成分などが配合されていて、新たなニキビを予防する効果も期待できます。

炎症ニキビがある時は、普段使っている化粧品が刺激になってニキビを悪化させることがあります。

 
なるべく刺激の少ないものを使用しましょう。

紫外線もニキビが悪化する原因になるので、普段よりも対策を厳重に行なう必要があります。

 
ニキビが化膿したときは、対応を間違うとニキビ跡に長い間悩むことになります。

そんな思いをしないための正しい対応策について解説しました。ぜひ参考にしてください。
 

この記事のまとめ

  • ニキビの膿は皮膚科などで適切に出せば、治りが早くなる可能性がある
  • 自分で膿を出すのは、悪化させる危険性が大きい
  • ニキビは触らない、刺激しないが鉄則
  • ニキビ用化粧水でのケアも有効
  • 生活習慣を見直してニキビの悪化を予防しよう