ニキビ跡の赤み、どうやって消すの?

ニキビ跡の赤み

中々消えないニキビ跡の赤みは、女性にとってはニキビの悩みの中でも最も深刻なものですね。

ニキビ跡が赤くなるのは何故か、どうすれば消すことができるのかを解説します。

ニキビ跡が赤くなる原因は?

ニキビが悪化して赤く見えることはありますが(いわゆる「赤ニキビ」です)、ニキビ跡が赤っぽく見えることもあります。

ここでは、ニキビ跡が赤く見える原因を見ていきます。

ニキビ跡の原因は「ニキビの炎症」

まず、ニキビ跡ができる原因をおさらいしましょう。

ニキビの内部でアクネ菌などが繁殖すると、免疫機能が働いて白血球などの免疫細胞が、集中してアクネ菌を攻撃します。

 

この「集中攻撃」の過程で肌に炎症が起き、腫れや痛みを伴います。

この炎症は肌組織にダメージを与え、この傷痕がニキビ跡として残るのです。

 
なお、一口にニキビ跡と言っても、その見え方で「赤いニキビ跡」、「茶色のニキビ跡」、「凹んだニキビ跡」などに分類できます。

このうち、「赤いニキビ跡」ができる原因は何でしょうか?

ニキビ跡の赤味の正体は、「毛細血管の集中」

アクネ菌を攻撃する免疫細胞が活性化すると、肌の傷を治そうと、患部(ニキビ)の周囲に毛細血管が増えます。

集中した毛細血管は、炎症が治まった後もダメージを受けた肌の修復に利用されます。

 
この赤い毛細血管が透けて見えることが、赤いニキビ跡の正体です。

「赤黒い」ニキビ跡なら色素沈着かも

一方で、ニキビ跡が黒っぽい赤色や赤紫色に見える場合もあります。

こちらのニキビ跡は、ヘモグロビンの色素沈着が原因です。

 
ニキビの炎症で破壊された血管から血液が漏れ出て、それが変色して赤黒く見えます。

色素沈着の(赤黒の)ニキビ跡とその対処法については、こちらで詳しく解説しています。

ニキビ跡の色素沈着・シミを消すには?

ニキビは数日で治りますが、ニキビ跡には何カ月も悩ませられることがありますね。 メイクをしても隠し切れないほどの目立つニキビ跡が残ってしまうと、人に会うのも億劫に ...

以下では、(毛細血管の集中による)赤いニキビ跡について説明します。

 

ニキビ跡の赤みを消すには?

赤いニキビ跡は、ときによって1年以上も解消しないことがあります。

そんなニキビ跡を早く消すにはどうしたら良いのでしょうか?

肌の血行を良くする

ダメージを受けた肌の組織の修復が終わると、毛細血管の集中が徐々に解消して、赤いニキビ跡も解消します。

修復を早めるには、血行を促進する肌のマッサージが効果的です。

 
強いマッサージは逆効果になることがあるので、指先で軽く患部周辺をマッサージします。

肌に、温かいタオルと冷たいタオルを交互に当てる「冷温パック」も、血行を促進する効果があります。

 
ただし、マッサージもパックも、ニキビの炎症が完全に治まってから行なうようにしましょう。

また顔の血行を良くするには、首筋を温めることも効果的です。

 
逆に首筋を冷やすと顔の毛細血管が一気に収縮して、血行が悪くなります。

冬は首筋を冷たい風に当てないように、夏も冷房の風を直接首筋に当てないように注意しましょう。

「蒸しタオル美容法」はニキビにも効果あり?

ニキビに悩んでいるあなた、「蒸しタオル美容法」をご存知でしょうか? 蒸しタオル美容法とは、その名前の通り、タオルを蒸して、顔の上に乗せるという誰でも簡単にできる ...

ターンオーバーを促す

赤いニキビ跡と同時に、肌の表面に茶色のニキビ跡ができることがあります。これは「炎症後色素沈着」というシミの1種です。

赤いニキビ跡が目立つ間は、茶色のニキビ跡は目立ちませんが、赤いニキビ跡と入れ替わるように茶色のニキビ跡が残ることがあります。

 
茶色のニキビ跡は、炎症の刺激によって、メラノサイト(色素細胞)でのメラニンの産生が増えることによって生じます。

メラノサイトの活動が正常に戻れば、ターンオーバーによってメラニンは排出されます。

 
ターンオーバーのリズムが狂い、肌のバリア機能が低下すると、メラノサイトへの刺激が続くので、色素沈着が中々解消しません。

保湿に気を付けるなど、正しいスキンケアで肌のバリア機能が回復すると、色素沈着も徐々に解消します。

美容外科で治療する

美容外科では、ニキビ跡の種類に応じた、様々な治療や施術を行なっています。

赤いニキビ跡の治療に主に用いられるのはレーザー治療で、レーザーで肌の再生を促がすことで赤みの解消が早まることが期待できます。

 
肌の内部にレーザーで熱を与え、ごく軽い火傷を負わすと、肌の自己治癒作用が活性化されます。

ただし施術によってすぐに赤みが消えるわけではなく、新陳代謝で肌が入れ替わるまでに一定の時間がかかります。

 
また1回の施術では治療が完了せず、通常は4~5回の施術が必要です。

 

赤いニキビ跡の対処法は?

赤いニキビ跡の予防やケアの仕方など、悩みを軽減する対処法にはどのようなものがあるでしょうか?

予防法やケアの仕方について見ていきましょう。

ニキビができたら早めに対処する

赤いニキビ跡も、ごく小さなものから大きなものまで、程度は様々です。

程度の軽いニキビ跡なら治りも早く、そのためにはニキビの重症化を防ぐことが最重要です。

 
市販のニキビ治療薬は、ニキビの炎症を抑える効果があります。

炎症ニキビができたら、できるだけ早いタイミングで使用しましょう。

 
ニキビができたときは、普段の化粧水ではなくニキビケア用の化粧水を使うと、炎症の原因となる菌が増殖して重症化するのを防ぐことができます。

またニキビができた肌は敏感になっています。強い紫外線を浴びるなどの、肌への刺激をできるだけ減らしましょう。

 
肌に刺激がある美白化粧品の使用も、しばらくは見合わせる必要があります。

生活習慣にも気を付けて

睡眠不足は、肌の調子を悪くすると共に、免疫力を低下させてニキビの重症化の原因になります。

極端な夜型の生活は、睡眠の質を低下させ、身体のリズムを乱すので、肌の代謝も悪くなります。

 
薬や化粧品でニキビ跡を治そうとする前に、まずは規則正しい生活から心掛けてみましょう。

また糖分の摂りすぎは、皮脂の分泌を増加させ、てアクネ菌の餌を供給することになります。

 
ビタミンB群やビタミンCのが不足はすると、肌の新陳代謝が低下させるためして、ニキビ跡の解消が遅れます。

運動不足は肌への血行も低下させて、肌内部の新陳代謝にも、表皮のターンオーバーにも悪影響を与えるため、注意が必要です。ます。

ニキビ跡の赤みを隠すメイク術は?

赤いニキビ跡はファンデーションだけでは隠せないので、コンシーラーを使う必要があります。

赤いニキビ跡を隠すのに適したコンシーラーの色はイエロー系です。赤にイエローを重ねることで、肌の色に近づきます。

 
コンシーラーの種類は、液状のものではなく、固めでカバー力の高いものがおすすめです。

ニキビ跡にピンポイントでコンシーラーを乗せ、筆で軽く周囲に馴染ませます。

 
コンシーラーを塗った後は、パウダータイプのファンデーションで仕上げをします。

ニキビ跡があるときは、リキッドタイプのファンデーションより、肌の負担が少ないパウダータイプがおすすめです。

 
鏡を見るたびにストレスが溜まるニキビ跡を、できるだけ早く解消する方法をご紹介しました。

解消にはある程度の時間がかかるので、その間は「過剰に気にしない」ことも大切です。

 

この記事のまとめ

  • ニキビ跡が赤くなるのは、毛細血管が増えて透けて見えるから
  • 赤いニキビ跡は徐々に解消するが、1年以上かかることもある
  • ニキビ跡を早く解消するには、肌の血行を良くし、新陳代謝を高める
  • 生活習慣の改善で肌の新陳代謝が高まる
  • 赤いニキビ跡はイエロー系のコンシーラーで隠すことができる

 
 ニキビ跡のためのおすすめ化粧水は?