チョコを食べるとニキビが出来るって本当?

チョコレートとニキビ

チョコレートは「食べるとニキビができる!」お菓子の代表ですよね。

しかし実際は、チョコレートの種類にさえ注意すれば、ニキビの原因になるどころか美肌効果やダイエット効果もあるんです!

 
ここでは、そんなチョコレートの美容効果についてお話したいと思います。

チョコレートに秘められた美容効果

「チョコ=ニキビ」「チョコ=太る」と言った印象が強く、美容とは対極にあるようなチョコレートですが、実は美容成分がたっぷり含まれている魅力的な食べ物なのです。

チョコレートに含まれる美容成分とは?

チョコは、カカオや砂糖、粉乳、ココアバター、乳化剤等でできています。そして、このうち美容に効果的なのが「カカオ」です。

カカオは、西アフリカや東南アジア、中南米で多く栽培されている植物の実で、古代メキシコでは「神々の穀物」と呼ばれ、お金に代わりになるほど高価なものでした。

 
そのようにカカオが扱われていた理由は、当時薬として用いられたことがあるほど栄養素に優れていたからです。

■カカオに含まれる栄養分は?

  • ポリフェノール
  • テオブロミン
  • 食物繊維
  • ビタミン
  • ミネラル(マグネシウム、カルシウム、鉄など)

中でも注目したいのが、ポリフェノールです。

ポリフェノールは、アンチエイジングの大敵でもある抗酸化酸素を除去する抗酸化力が高い成分として知られています。

 
活性酸素とは酸素の一部が変質するもので、呼吸をする以上、多かれ少なかれ発生してしまうものです。

ストレスや紫外線、加齢などの影響によって活性酸素は増加しますが、これによりシワやたるみと言った肌トラブルが生まれてしまいます。

 
カカオの持つポリフェノールは、体内に発生した余分な活性酸素を取り除きますので、若々しいお肌でいる為には欠かせない美容成分なのです。

また、生活習慣病にも関係する悪玉コレステロールの酸化を防ぎ、動脈硬化や高血糖、動脈硬化を予防する効果が期待できます。

ニキビの原因、「活性酸素」ってどんなもの?

「紫外線」や「ストレス」がニキビの原因になることはよく知られていますが、この2つの原因には「活性酸素」が関係しています。 活性酸素とはどんなもので、ニキビとどん ...

テオブロミンは血行を促す効果があり、肌の新陳代謝を活性化させます。

また、食物繊維には便秘を解消するのに有効な成分です。ビタミンやミネラルは、言うまでもなく美肌成分として有名ですよね。

カカオは紫外線対策にも効果的!

カカオポリフェノールはチョコだけでなく「ココア」にも含まれています。

ココアで紫外線ダメージを受けたお肌が回復した、という実験データがあるのをご存知でしょうか。

 
通常、紫外線を浴びると肌は赤くなったり、乾燥が激しくなったりと軽いやけどのような症状を引き起こしますよね。

時間が経ってもお肌は中々回復しないものです。

 
しかし、ココアを飲み続けて「肌の炎症が治まった」「乱れていたキメが整った」「保湿力が高まった」など、なんとも目から鱗の報告データがあるんです。

日焼け止めクリーム等の外側からの紫外線対策の他、カカオたっぷりのチョコレートやココアを摂取して内側から紫外線対策を始めて見てはいかがでしょうか?

カカオはダイエットにも効果的!

チョコレートには血流が良くなる成分が入っている為、基礎代謝がアップすることで痩せやすい体質へと導きます。

また食物繊維が豊富に含まれているため、ダイエットの大敵でもある便秘の解消に繋がります。

 
また、食前や食後にチョコを口の中でゆっくり溶かして食べると、不思議と食欲が収まったりします。

その他の美容効果

カカオポリフェノールには、ストレスを和らげる効果があるとされています。

テオブロミンには、興奮状態を鎮め、心を穏やかにする働きがあります。

 
チョコ=虫歯というイメージがありますが、実はカカオには抗菌作用がありますので、歯周病予防や虫歯予防に有効です。

過剰な活性酸素はアレルギー症状をも引き起こします。

 
カカオによる抗酸化力が、アレルギーの原因物質を取り除きますので、花粉症やアトピーにも効果的です。

 

ただし、どんなチョコでも美容効果がある訳ではありません!

甘くておいしいチョコレートにこんな美容効果があるなんて!と、さっそくチョコを食べたくなってしまった方も多いのではないでしょうか?

しかし、どんなチョコでも美容効果がある訳ではありません。

 
残念ながら、ここで言うチョコレートは、甘くておいしいチョコレートではありません・・・

美容効果のあるチョコレートとは?

美容に良いチョコレートは、カカオ含有率70%以上のビターチョコレートやダークチョコレートです。

甘いミルクチョコレートで慣れてしまっている人は、カカオ70%以上のチョコはチョコとは思えないほど苦く感じるでしょう。

 
カカオ60%以下の甘いチョコには、脂質や糖質の割合が高くなるため、食べ過ぎるとニキビなどの原因になりますので注意が必要です。

MEMO
苦いチョコレートが苦手な方は、ドライフルーツやナッツと一緒に食べるのがおすすめです。

 

本当にチョコレートとニキビは無関係なの?

「チョコレートを食べ過ぎるとニキビが増える」という話はよく聞きますよね。

ニキビを作りたくないからチョコレートは食べないようにしている、という方もいるかもしれません。

 
しかし実は、チョコレートを食べることとニキビができることには、直接的な因果関係はありません。

それなのにどうして一般的に「チョコレートはニキビに良くない」と言われるのでしょうか?

 
「日本チョコレート・ココア協会」では、チョコレートに関する様々な情報を発信しています。

その情報によれば、アメリカの大学でのの研究で、チョコレートの摂取とニキビの悪化とは無関係であることが証明されているそうです。

参考

チョコレート・ココア健康講座日本チョコレート・ココア協会

とは言え「チョコを食べてニキビができた」人は実際のところ多い

しかし「因果関係はない」といっても、チョコレートを食べたあとにおでこや顎のニキビが気になった、という経験のある人は少なくありません。

これはどうしてなのでしょうか?

 
一般的なチョコレートには、多量の脂肪が含まれています。

過剰に脂分を摂取することで皮脂分泌が増加すること、糖分を摂りすぎることで肌の表面が硬くなり毛穴が詰まりやすくなること、このような作用がニキビを引き起こしていると考えることができます。

 
つまり、チョコレートが良くない、ということではなく、スナック菓子やケーキなど、脂質・糖分の多いものを食べ過ぎるのが良くないのです。

また、普段から脂質の多い食事を摂っていると、その作用はさらに悪化するということです。

 
ニキビがある場合は脂質の多いチョコやお菓子はできるだけ控えるようにしましょう。

【食べ過ぎ注意!】ケーキがニキビによくないって本当?

美味しいケーキやスイーツは、気分を明るくしてくれたり、ストレスを緩和してくれたりしてくれる、とても素敵な存在です。 甘い物が大好きな方の中には「ケーキがない生活 ...

ニキビ解消に効果的なのはバランスの良い食生活です。

下記サイトでは、おすすめのニキビ化粧品を紹介していますので、参考にしてみてください。

 
 ニキビ化粧水、おすすめは?

 ニキビ跡消す化粧水、おすすめは?

 

この記事のまとめ

  • 美容に良いチョコはカカオ70%以上の苦いチョコ!
  • チョコの種類によってはニキビができやすくなる!
  • ニキビにはお菓子よりもバランスの良い食生活を!