【知っておきたい】ニキビ対策に亜鉛(ミネラル)が効果的!

亜鉛のニキビへの効果

亜鉛というと、男性が積極的にサプリメントなどで補給するミネラルというイメージがありませんか?

実際、亜鉛には男性に嬉しい効果がたくさんありますが、実は女性の美しい肌、特にニキビの改善にとって欠かせないミネラルでもあります。

 
今回は、ニキビや肌荒れ対策の強い味方となってくれる亜鉛について考えていきたいと思います。

亜鉛ってどんな成分?

亜鉛は、人が生きていく上で欠かすことができない大切なミネラルの一種です。

例えば、近年、健康な身体作りに欠かせない存在として注目を集める酵素ですが、亜鉛は約2000種類ある酵素のうち、約300種類の組成に欠かせない重要度の高いミネラルとなっています。

 
また、亜鉛にはタンパク質の合成、抗酸化、免疫力の活性化などの働きがありますが、中でも注目すべき点として、新陳代謝や細胞分裂に深い関わりがあることが挙げられます。

体内の亜鉛が不足すると、細胞の生まれ変わりが正常に行えず、新陳代謝機能が著しく低下するなどの悪影響が出ます。

子供の場合は成長障害などの重篤な症状が現れることがあり、大人の場合は味覚障害や脱毛症、性機能障害、皮膚炎などが起こるケースがあります。

 
亜鉛が不足すると新陳代謝に異常がでやすくなり、肌のターンオーバーが乱れる、角質が硬化する、表皮のバリア機能が低下するなど、様々な肌トラブルの原因が出てきてしまいます。

角質が固くなったり、バリア機能が低下して肌が過敏になったりすることは、ニキビができやすい肌状態を招く要因としても知られています。

 
このことから、亜鉛がニキビ対策に重要なミネラルであることがお分かりいただけると思います。

参考

亜鉛の効果・効能。男性にも女性にもメリットがたくさん!POWER PRODUCTION MAGAZINE

近年、ニキビと亜鉛の関係性に関する研究なども進んでおり、2014年には「ニキビの重症度と血中の亜鉛レベルに相関関係がある」という主旨の論文が発表されています。

 
かねて、亜鉛(酸化亜鉛)を配合した化粧品や亜鉛のサプリメントがニキビの改善に役立つことが知られていましたが、この論文がその根拠となるという見方もあります。

 

ニキビに亜鉛が良い理由は?

ニキビは、角質が硬化するなどして毛穴の表面がふさがりやすくなり、毛穴の中に皮脂や汚れが溜まることでできやすくなります。

毛穴に溜まった皮脂に、アクネ桿菌や雑菌などが異常繁殖することでニキビは発生しますが、その原因となるのは、主にターンオーバーの乱れにあります。

 
ターンオーバーが乱れると、表皮の角質が硬くなる(角質の硬化)、古い角質が肌表面に蓄積していきます。

またバリア機能が低下し、外界からの刺激に敏感になる、皮脂の過剰分泌が起こるなどの肌トラブルを招き、これらはすべて、ニキビの原因となります。

 
そのため、ニキビの改善と予防を考える際「ターンオーバーの正常化」が重要な要素となってきます。

ニキビに良いって本当?亜麻仁油の美容効果とは

油というとニキビに悪いと言うイメージがありますよね。 でも、食用油にも様々な種類があり、中にはニキビの予防・改善に効果があると期待される油もあるんです。 &nb ...

乱れたターンオーバーを改善するには、肌の基礎の部分にある細胞の分裂や新陳代謝機能を正常化させる必要があります。

 
この新陳代謝と細胞分裂の正常化を実現するのに役立つのが、亜鉛というわけです。

亜鉛には、単独でアクネ桿菌を殺菌したり、炎症を緩和したりする効果はありません。

 
しかし、細胞レベルで肌の機能を改善・向上させる役割を担うことができます。

このことが「亜鉛がニキビに効く」という話に繋がってくるのです。

 
さらに、亜鉛は性機能の維持と向上にも関わりがあり、適切に摂取することで生理不順(月経の乱れ)を予防したり、PMSの症状を緩和する効果も期待できます。

大人ニキビはPMS(月経前症候群)の症状の一つとして挙げられることも多いので、生理前にニキビができやすい方は、亜鉛が不足していないかチェックしてみると良いでしょう

 

亜鉛を摂取する方法と注意点

亜鉛が豊富に含まれる食品を意識して食べる

亜鉛は体内に貯蔵することができないミネラルであるため、常に食べ物などから補給する必要があります。

亜鉛が豊富に含まれる食品として有名なのは牡蠣ですが、毎日食べ続けることは困難ですよね。

 
しかし、亜鉛は肉類や穀物、野菜など、様々な食品に含まれているので安心して下さい。

牡蠣の他に亜鉛の含有量が多い食品には、肉類、レバー、卵、ごま、昆布、納豆、カニ、するめ、ココア、のりなどがありますので、毎日の献立に取り入れることをおすすめします。

 
また、食物から亜鉛を摂る場合、その吸収率は30%前後とされますが、ビタミンCと同時に摂取すると吸収率が向上するので、食事の際に意識しておくと良いでしょう。

成人女性の場合、亜鉛の推奨摂取量は約7mg/日です。

毎日の食事でこの7mgというラインをクリアできないという方は、サプリメントなどを活用するのがおすすめです。

 
ただし、一日の上限は30mgとなっていますので、摂りすぎには十分注意しましょう。

亜鉛を過剰摂取した場合の副作用

亜鉛の過剰摂取が続くと、嘔吐や吐き気、脱水症、倦怠感、発熱などの副作用や過剰症がでる可能性があります。

また、1日50mg以上の経口摂取を一週間継続すると、嘔吐、焦燥感、不安感などの副作用を発症しやすいというデータもあり、サプリメントなどで一度に2000mg以上摂取してしまうと、急性中毒を起こす危険があります。

 
亜鉛は、食べ物からの摂取に限って言えば過剰摂取が起きるリスクは低いとされますが、サプリメントの飲み過ぎなどで、摂取上限を超えてしまう可能性は十分考えられます。

ニキビ対策のために亜鉛のサプリメントを摂取する場合は、推奨量や上限をしっかり守りましょう。

 
また、亜鉛はニキビの炎症や痛み、熱などに、すぐさま作用するものではありません。

ニキビケアを行う場合は、亜鉛摂取を続けるのと同時に、ニキビ化粧品などを用いたスキンケアにも注力していきましょう。

 
 ニキビ化粧水、おすすめは?

 ニキビ跡消す化粧水、おすすめは?

 

この記事のまとめ

  • 亜鉛は、細胞分裂や新陳代謝機能の向上・改善に深い関わりのある重要なミネラル
  • 亜鉛にはターンオーバーを正常化させる作用があるため、ニキビの改善や予防に役立つ
  • 亜鉛は摂りすぎると副作用や過剰症が出るので、過剰摂取しないよう注意が必要
  • ニキビ対策を行う場合は、亜鉛の摂取と平行して、スキンケアに注力することが大切