やっぱりオイルフリーが良いの?覚えておきたい、正しいニキビ化粧水の選び方

オイルフリーの化粧品

ニキビ肌にはオイルフリーの化粧品を使用したほうがいいのではないか、と思いますよね。

でも、実はオイルフリーの化粧品が合っているニキビ肌と、そうでないニキビ肌があるのをご存知でしょうか?

 
ここでは、ニキビ肌とオイルフリー化粧品について掘り下げています。

オイルフリー化粧品とは

オイルフリー化粧品とは、その名のとおり油分を添加していない化粧品のことです。

ニキビは皮脂が原因でできるので、ニキビ肌の人は油分の入っていないオイルフリーの化粧品を使用したほうがよいと考えるようですが、実は必ずしもそうとは限りません。

ニキビができてしまう原因を考える

オイルフリー化粧品がニキビ肌によいかどうかは、その人のニキビがなぜできているかという理由によって変わってきます。

ニキビは、肌が過剰に皮脂を分泌してしまうことで、毛穴に皮脂が詰まり、雑菌が繁殖して炎症を起こしてしまうことが原因で発生します。

 
この皮脂の分泌が、もともと皮脂を分泌しやすい肌なのか、それとも肌の水分バランスが悪いことで皮脂を分泌してしまっているのかがポイントです。

もともと皮脂を分泌しやすい人は、ニキビができやすいオイリー肌に当てはまりますので、オイルフリー化粧品を使うことが適しています。

 
しかし、肌の水分量が少なく乾燥しているために、肌が油分を補わなければと皮脂を過剰に分泌してしまっているのであれば、オイルフリー化粧品は逆効果です。

乾燥が原因でニキビが出来てしまっている肌には、ある程度の油分が必要になります。

 
オイルフリー化粧品を使うと、肌がさらに「油分を出さなければ」と過剰に皮脂を分泌するため、よりニキビがひどくなってしまうのです。

【保存版】大人ニキビはこうして治す!

ニキビと聞くと、未だ10代の肌トラブルというイメージが強くありますよね。 思春期ニキビからやっと解放されたかと思ったら、次にやって来るのは「大人ニキビ」です。 ...

あなたの肌は脂性肌?乾燥肌?

とはいえ、自分のニキビが乾燥肌と脂性肌のどちらが原因かわからない、という人も多いと思います。

ここで、簡単に自分の肌タイプを診断する方法をご紹介しましょう。

 
方法はとても簡単、さっぱりタイプの洗顔料(固形石鹸がベスト)で丁寧に洗顔し、2分ほど化粧水も何もつけないでそのままにしておきます。

2分後肌が乾燥するようであれば、その人は乾燥肌、肌がベタついてくるという人は脂性肌です。

 
2分くらいなら特に乾燥もベタつきもないという人は、水分と油分のバランスが取れている肌ということになります。

この診断をした上で、それぞれの肌に適したニキビケアを行なってみてください。

 

オイルフリー化粧品のメリット・デメリット

オイルフリー化粧品のメリット

もともと脂性肌の人であれば、オイルフリー化粧品は肌に不要な油分を与えずに保湿を行なうことができるので、大きなメリットがあります。

また、肌が敏感な人は油分に反応して肌荒れを起こしてしまうことがありますので、そういった方もオイルフリー化粧品を使用することて安定した肌の状態を保つことができるでしょう。

 
しっとりペタペタした使用感が苦手、さっぱりした化粧品が好みという人も、オイルフリー化粧品はその使用感を満たしていますので、メリットがあるといえます。

オイルフリー化粧品のデメリット

乾燥肌の人がオイルフリー化粧品を使用すると、肌に油分が足りずにターンオーバーが乱れ、肌が過剰に皮脂を分泌してニキビが悪化してしまう恐れがあります。

さらに、オイルフリー化粧品は油分がなくても保湿した使用感が残るように、化学成分を添加している商品が多いです。

 
本当は肌が乾燥しているのに、使用感だけ潤っている感覚なので実際の保湿ができておらず、ますますニキビが悪化してしまうというケースもあります。

治ってもすぐできる…オイリー肌のニキビ対策、注意点は?

肌質は大きく「普通肌」「混合肌」「乾燥肌」「脂性肌(オイリー肌)」の4つに分類されます。 この中でも脂性肌は肌トラブルが最も深刻化しやすいと言われています。 & ...

 

ニキビ肌はオイルフリー化粧水が安心!

化粧水にもいろいろなタイプがありますね。さっぱりした水のようなテクスチャーのものもあれば、とろっとした潤いのあるもの、ジェルタイプのものなどさまざまです。

ニキビ肌の人が化粧水選びに重視してほしいのは、サラサラ水タイプのオイルフリー化粧水を選ぶということ。

 
先ほどの油分のお話と矛盾してると感じるでしょうか?

ニキビはひどい脂性肌の場合を除き、しっかり保水されていればそこまでひどいものができることはありません。

 
ある程度油分で保湿されていることも重要ですが、それよりもまず水分補給がしっかりできているかということが重要になります。

これは脂性肌の人も乾燥肌の人も同様です。油分の含まれた化粧水だと、しっかり保湿できていないのにテクスチャーだけ潤った感じになるので、肌の奥まで水分が行き届きません。

 
オイルフリーの化粧水なら、肌に十分水分が届いていることをその手で確認することができるので、きちんと保水できるのですね。

ニキビ肌用のオイルフリー化粧品がベスト

ニキビ肌に悩む人は、ニキビ肌用のオイルフリー化粧水を使うことで、しっかりと水分補給が行えるのはもちろん、ニキビの早期改善にも繋がります。

ニキビ肌用の化粧水は、肌に余計な負担をかけないよう強い成分を避けて作られていますので、たっぷり使っても肌が炎症を起こすことがありません。

 
肌にやさしい上で殺菌成分が配合されているので、アクネ菌にもしっかりアプローチし、ニキビの改善へと導いてくれます。

今はニキビの原因に合わせた用途別のニキビ肌用オイルフリー化粧品がいろいろあります。

 
自分のニキビ肌に合った化粧水を使用して、ニキビ跡が残る前に早めに対策しましょう。

10代におすすめ!本当に効果のあるニキビ化粧水はどれ?

思春期はニキビができやすい時期です。 赤みを帯びたり、痛みを伴ったり、人によって症状は様々ですが、程度はどうあれコンプレックスを抱かないわけにはいかないものです ...

 

この記事のまとめ

  • オイルフリー化粧品は、油分を添加していないコスメのことを指す
  • 今自分にできているニキビの原因を考える
  • 洗顔後2分間肌に何もつけないでいると、自分の肌タイプがわかる
  • メリットは、油分の多い人にとっては油分を少なく調整できる点
  • デメリットは、乾燥肌の人には油分を補えず逆効果である点
  • ニキビには保水が重要、肌に水分をしっかり与えられるオイルフリーの化粧水がおすすめ