背中ニキビの原因は?どうやって治せばいいの?

背中ニキビの女性

背中にニキビや赤いニキビ跡があると、おしゃれなファッションも台なしですね。

普段は見えない所だけに重症化しやすい、背中のニキビの原因とケア方法を解説します。

背中にニキビができやすい原因

背中は顔に次いでニキビができやすい場所で、普段目につかず、悪化させやすい場所でもあります。

何故背中にはニキビができやすいのでしょうか?

皮脂腺が多い

人の身体で最も皮脂腺が多いのが頭部で、その次に顔、背中の順になります。背中にニキビができやすいのも、皮脂腺が多いことが一番の原因です。

頭部は皮脂腺が多いわりにはニキビが少ないのは、毛穴から太い毛髪が出ている頭部の毛穴は、比較的皮脂詰まりを起こしにくいからです。

 
したがって人の身体で最もニキビのできやすいのが顔で、その次に背中(とくに背中の中央部付近)ということになります。

とくにストレスなどで普段より皮脂分泌が多くなると、皮脂詰まりが起きて、ニキビができることが多くなります。

発見が遅れがち

背中は、普段はあまり自分で見ることがない所なので、発見やケアが遅れがちになります。

何となく痒いな、と思ったときはニキビの炎症が始まっていて、掻くことによってニキビはさらに悪化します。

 
顔のニキビなら、肌のザラザラ感で初期の白ニキビ(微細面皰)の段階で気付きますが、背中は手が届かないので、違和感が出る(炎症が始まる)まで気付かないことが多くなります。

衣服と擦れる

背中のニキビが悪化しやすいもう1つの理由は、衣服と擦れる部分だからです。汗を含んだ下着などと擦れることで、ニキビが刺激を受け炎症を起こしやすくなります。

胸や背中の中央部(体幹部)は汗腺も多い部分です。下着に吸収された汗は、時間がたつと雑菌が繁殖し、肌に対する刺激が大きくなります。

 
とくにきつい下着、ブラジャーなどで肌を締めつけると、ニキビが悪化しやすくなります。

洗い過ぎ

背中をナイロンタオルなどでゴシゴシ洗いをしていると、洗い過ぎで角質をはがして、肌のバリア機能が低下します。

背中のニキビの原因には、このような洗い過ぎによるものが少なくありません。

 
背中の皮膚のバリア機能が低下すると、それをカバーするために皮脂の分泌がさらに増加します。

また入浴したときに背中に付く、シャンプーやコンディショナーなどの刺激にも弱くなります。

 
背中は汚れの溜まりやすい所ではないので、石けんの泡を含んだ柔らかいタオルで、軽く洗うだけで十分です。

背中ニキビと混同しやすい皮膚の病気

背中のニキビと混同しやすい皮膚の病気に「マラセチア毛包炎」があります。

これは、マラセチアという真菌(カビの仲間)が毛穴で繁殖して、炎症を起こす病気です。

 
マラセチア毛包炎の特徴は、ニキビよりも小さい赤い発疹が、数多く(数十個)できることです。治療には抗真菌薬の塗り薬や内服薬を使います。

治りにくく数が多いニキビのような発疹がある場合は、皮膚科で診てもらう必要があります。

【要注意!】治らないニキビは偽ニキビかも?!

ニキビは、規則正しい生活に専用化粧水でばっちりスキンケアも行っていれば、次第に解消していくものです。 それなのにニキビが中々治らない…という方は、もしかしたらニ ...

 

背中ニキビの対処法

ニキビの治療法は顔のニキビと同じですが、背中のニキビの対処ではどんなことに注意すべきでしょうか?

早期発見が大切

背中は目の届きにくいところなので、できるだけ早く見つけることが、重症化を防ぐポイントになります。

痒みを感じるとつい掻きたくなりますが、痒みはニキビが炎症を起こし始めたときに出る症状なので、掻いた刺激や雑菌の侵入でニキビが悪化します。

 
背中に痒みなどの違和感があるときは、お風呂に入ったときに鏡で背中の肌の状態を、よく確認しましょう。

背中ニキビの治療薬

背中のニキビも治療薬は、顔のニキビと同じものを使います。

市販のニキビ治療薬では、「イソプロピルメチルフェノール」という抗菌成分を配合した、「クレアラシル」「アクネ25」「ベアアクネクリーム」などが有名です。

 
イソプロピルメチルフェノールは、アクネ菌などニキビの炎症の原因になる細菌に効果がある他、先ほど触れたマラセチア毛包炎の原因になるマラセチア真菌にも、ある程度の効果があります。

「オロナイン軟膏」もニキビの炎症を抑える効果があります。これらの薬はすべて炎症ニキビの治療薬で、白ニキビや黒ニキビには効果がありません。

 
市販のニキビ治療薬には、抗菌成分のほか保湿成分も含まれています。

参考

背中ニキビの原因とケアプロアクティブ【公式】

背中への薬の塗り方

背中は薬が塗りにくい場所なので、同棲する家族がいなかったり、一人暮らしの場合は苦労しますね。

そんな時は、背中に薬を塗るのに便利な「スマイルキッズ 軟膏ぬりちゃん」という商品があります。

 
長さが30cmほどあるので、背中のどんな所にも届きます。価格は1,300円ほどで、アマゾンなどでも購入できます。

家族に塗ってもらうと、鏡越しでは見えにくい細かい点もよく見てくれる、というメリットがあります。

重症化した場合は皮膚科を受診

背中のニキビの数が多く、炎症や化膿が進んでいるときは、思い切って皮膚科を受診することをおすすめします。

ニキビが重症化すると、赤いニキビ跡だけでなく、真皮層にダメージが及んでクレーター状のニキビ跡が残ることがあります。

 
また皮膚科には、炎症前のニキビにも効果がある治療薬があるので、治ってはまた出るという背中ニキビを減らすことが可能です。

皮膚科でよく処方される薬は、炎症を抑える効果と皮脂詰まりを防ぐ効果の両方を持つ「過酸化ベンゾイル」、皮脂詰まりを解消してどの段階のニキビにも効果がある「アダパレン」などです。

 
炎症を抑える抗菌薬も上記の薬と併用されます。とくに炎症が進んでいる場合は、内服薬の抗菌薬が処方されることもあります。

皮膚科を受診するメリットは、重症化を防げることの他に、ニキビを予防するスキンケアについてアドバイスを受けられることです。

背中のニキビ跡を消すには?

ニキビが治った後の赤や褐色のニキビ跡は、「炎症後色素沈着」と呼ばれるシミの1種で、炎症の刺激によってメラニンの生産が活発になったため生じたものです。

色素沈着は、肌がターンオーバーをくり返すことで次第に薄くなりますが、肌に刺激があると中々メラニンの生産が治まらず、半年、1年と長引くことがあります。

 
早く色素沈着を消すには、「肌を乾燥させずにバリア機能を回復する」ことと、「ターンオーバーを促してメラニンを早く排出する」ことがポイントです。

ターンオーバーを促すには、トレチノインなどを配合した美白化粧水が有効です。ビタミンC誘導体を配合した製品は、メラニンの生成を抑制する効果があります。

 
ただし、ニキビが治ってすぐは、美白化粧品は刺激が強いので、1~2ヵ月は刺激の少ない化粧水やクリームを使って、保湿に専念しましょう。

 

背中ニキビの予防法

ニキビの予防法は顔も背中も変わりませんが、とくに背中のニキビ予防ではどんな点に注意が必要でしょうか?

汗を溜めない

背中がいつも汗で湿った状態だと、ニキビができやすくなります。下着やブラウスは汗をよく吸収し、発散させる素材のものを選びましょう。

Tシャツなどが汗で湿ったら、日中でも乾いた物に着替えることが大切です。

 
夜寝ているときも汗をかくので、朝はシャワーで流してやりましょう。石けんを使う必要はありません。

保湿する

肌を乾燥させると、バリア機能が低下して刺激に弱くなり、皮脂の分泌も増えます。入浴後は背中も化粧水とクリームで保湿しましょう。

背中の開いた服を着て紫外線を浴びた後は、とくに保湿が必要です。

 
もちろん、背中が出るファッションの時は、紫外線対策も必須です。紫外線の刺激はシミだけでなく、ニキビの原因にもなります。

しょっちゅう背中が痒くなる人は、肌が乾燥している証拠なので気を付けましょう。

【背中ニキビにはこれ!】人気化粧水ランキング

背中は、顔と違って普段見られる機会が少ないですから、ついスキンケアも油断してしまいますよね。 でも、水着やドレスを着たとき、自分だけニキビだらけでブツブツの背中 ...

 
見えなくて手が届きにくい背中ニキビの対処法について解説しました。

人に背中を見せる機会はそんなに多くないとはいえ、いざというときに美しい背中を見せるために、ぜひ参考にしてください。

 

この記事のまとめ

  • 背中は顔の次に皮脂腺が多く、汗を含んだ衣服と擦れるので、ニキビができやすい
  • 目が届かない背中ニキビは重症化しやすいので、早期発見が肝心
  • 背中のニキビは顔のニキビと同じ薬で治療する
  • ニキビ跡の色素沈着は、美白化粧水でケアしよう
  • 背中のニキビ予防には、保湿と、汗を溜めずに清潔を保つことが重要