風邪薬を飲むと、ニキビができる?

風邪薬とニキビの関係

風邪をひいたり体調を壊したときに飲むさまざまな薬には、必ず副作用があります。

病院で薬を受け取る際には、必ずその副作用について薬剤師から説明を受けなければなりません。

 
副作用が現れずに風邪などの症状が治れば良いのですが、残念ながら副作用が出てしまう場合もあり、なかには「肌が荒れてニキビがひどくなってしまう」場合もあるのです。

風邪薬とニキビにどのような関連性があるのかを確認し、もしも風邪薬を服用してニキビが悪化したらどう対処すれば良いのか、参考にしてください。

風邪薬でニキビが?!考えられる原因は?

抗生物質を服用している人は要注意!

ニキビを引き起こす治療として知られるのが、抗生物質の服用です。

ルリッド錠150やミノマイシン、クラリス錠などの抗生物質は、病原菌の発生を抑えて、炎症を沈静化するためのもので、ニキビの治療薬としても用いられています。

 
抗生物質による治療は効果的ですが、デメリットとして「耐性」があります。

抗生物質の服用を続けることで、体内で耐性菌ができて、効果が効かなくなってしまうのです。

 
耐性ができると、菌を抑える働きがなくなる上、常在菌でもあるアクネ菌を殺してしまっているため、肌を守る菌がおらず、ダメージを受けやすい状態になってしまいます。

抗生物質を服用して数週間のうちは菌へ有効に働き、症状は一旦落ち着きますが、耐性ができると状態は今まで以上に悪化する可能性があるのです。

 
抗生物質による治療は、副作用を考慮して量や期間など慎重に処方されるものです。

しかしニキビが顔中にできたり、数ヶ月治らないケースがあるなど、肌に影響が出ることもあります。

 
これは抗生物質の服用によって免疫力が低下し、肌に雑菌が繁殖しやすい状態となり、ニキビの悪化につながっていると考えられます。

風邪薬によってニキビのリバウンドが起こる可能性が・・・

抗生物質の服用が終わり、副作用のニキビがなんとか治まったあとも、風邪薬などを服用した時に再びニキビが現れる「リバウンド」という現象があります。

薬や化学物質の使用を止めると、これまで抑えこまれていた症状が一時的に現れてくるものです。

 
このリバウンドの現象が、風邪薬の服用によって悪化している、という可能性があります。

風邪の症状とニキビ症状の悪化が重なって不安になりますが、リバウンドは皮膚が新しく生まれ変わる過程のひとつなので、2~3ヶ月様子を見るようにしましょう。

 
その間もニキビのケアは続けてください。

風邪薬が原因ではない場合も

風邪の時は、体にだるさがあったりして、洗顔や入浴など普段当たり前にしていることでも困難になってしまいますよね。

そのため、クレンジングや洗顔が疎かになってしまったり、お風呂でしっかりと汚れが落とせなかった場合、顔や背中、胸元などにニキビができてしまう可能性もあります。

 
また、頭痛や吐き気、微熱を伴う風邪の時は、食欲がなくなってしまうものです。

栄養バランスが崩れることで、ニキビが発生したり悪化する可能性も多いに考えられますので、風邪の時にニキビができるのは一概に薬が原因とは言いきれません。

 
風邪薬を飲んでいても、飲んでいなくても、体が弱っていることに変わりありませんので、普段よりニキビができやすい状態であることは理解しておきたいですね。

肝臓が弱っている場合も

抗生物質を長期間服用していると、肝機能が低下してしまう可能性があります。

この状態を放っておくと、肝炎など深刻な病気に繋がる恐れがありますので、抗生物質を飲んでも肌荒れが治らないという場合は、違う皮膚科で診てもらうことも大切です。

 

風邪薬でニキビがひどくなったら・・・

まずは病院へ

風邪薬などでニキビがひどくなった際、医師に相談してもなかなか明確な診断がつかないこともあり、悩む方もいると思われます。

このような場合に、信頼できるアドバイスをもらえる病院を探しておくことも重要ですね。

風邪薬に頼りすぎるのはNG

風邪は免疫力の低下が大きく関係していますので、普段から不摂生な生活を送っている方は注意しなくてはなりません。

免疫力が弱いと、菌が侵入しやすくなりますので、風邪をひいたりニキビを発生しやすくなります。

 
そのため風邪やニキビを予防するためには、栄養の摂れた食事や、十分な睡眠、適度な運動を取り入れて、免疫力を高めてあげることが何よりも効果的です。

風邪の時はニキビ化粧水でシンプルケアを

風邪、ニキビの症状が改善したら、ニキビ・ニキビ跡のケアも取り組みましょう。

下記サイトではおすすめのニキビ・ニキビ跡化粧品を紹介しています。

 
低刺激なものばかりですので、病み上がりのデリケートなお肌にも安心して使うことができます。薬とは異なり、副作用の心配がありません。

合う合わないはありますが、トライアルセットから試すことも可能ですので、ぜひ参考にしてみてください。

 
 ニキビ化粧水、おすすめは?

 ニキビ跡消す化粧水、おすすめは?

 

この記事のまとめ
・抗生物質によってニキビができることも…

・抗生物質をやめるとリバウンドが起き、ニキビの悪化を招く恐れも

・一時的なものなので、2~3か月は様子をみる

・風邪薬ではなく、ままならない洗顔や食事が問題かも

・風邪薬を飲んでニキビが悪化した場合は、まずは医師に相談する

・ニキビ化粧水は副作用の心配がなく安心して使える点が嬉しい