ビタミンたっぷり!キウイフルーツはニキビに効果あり?

キウイフルーツ

ニキビは原因に合った対策をすることが大切ですが、食生活に気をつけて体の中からニキビを治していくことも重要です。

中でも注目したいのは、ニキビだけでなく美肌全般に欠かせない「ビタミンC」を多く含む食べ物です。

 
毎日続けるなら、摂取しやすい、美味しいものがいいですよね。そこでおすすめしたいのが「キウイフルーツ」です。

キウイにはどんな栄養が含まれていて、ニキビに対しどのような効果が期待できるのかを知り、その効果的な摂り方についても確認しておきましょう。

キウイってどんな果物?

キウイは他のフルーツにはない甘酸っぱさが人気です。

見た目も、手のひらサイズで産毛が生えている皮は非常に薄く、緑色した果肉が特徴的ですよね。

 
キウイは、ニュージーランドの国鳥「キウイバード」の幼鳥に似ていることから、その名がつけられました。

キウイと聞くと、ニュージーランド産のイメージがありますが、実は原産国は中国です。

 
その為、別名「チャイニーズ・グーズベリー」とも呼ばれています。

果肉が黄色いゴールドキウイや、通常のものよりも小さなサイズのベビーキウイが出回っていますが、どの種類も共通していえるのは「ビタミンC」が豊富であることです。

キウイの栄養やカロリー

キウイは果物の中でも小さなサイズに入りますが、栄養価の高さは群を抜いています。

特にビタミンCは、みかんの2~3倍もの量を含んでいます。

 
ビタミンCはフルーツ全般に多く含まれている成分ですが、キウイはその中でもトップクラスの含有率を誇ります。

食物繊維も豊富に含んでおり、キウイひとつでバナナ2個分に相当します。

 
体内に溜まった余計な水分や塩分を排出するカリウムは、むくみ解消にも効果的です。

タンパク質を分解し消化の働きを助けるアクチニジンも豊富で、キウイを食後に食べると胃腸への負担が軽くすることができます。

 
それでいてカロリーは1個70Kcal前後と低いため、健康・美容において優秀な果物だといえます。

MEMO
グリーンキウイとゴールドキウイの違いは?

キウイというとグリーンキウイが一般的ですが、最近では甘味が強く食べやすいゴールドキウイが人気ですよね。

ゴールドキウイは、日本人の味覚に合わせて開発されたもので、果肉の色や味の違いの他には、栄養素の量が少し異なります。

 
たとえば、ビタミンCはグリーンキウイには50mg含まれていますが、ゴールドキウイには、成人が1日に必要とする100mgのビタミンCが含まれています。

食物繊維をより多く含むのはグリーンキウイですが、栄養の高さはさほど変わりなく、どちらのキウイでも美肌効果を期待することが出来ます。

美肌の味方!ビタミンCがニキビに効果的なのはなぜ?

ニキビ用化粧水のなかには、ビタミンC誘導体というかたちで、ビタミンCを積極的に肌に浸透させるために合成された物質が含まれていることが多くあります。 このビタミン ...

 

こんなに栄養満点なキウイがニキビに良くない訳がない!!

キウイはおいしいだけでなく様々な栄養を含んでいることがわかっていただけたかと思います。

では、そんなキウイがニキビに対してどのように良いのか、詳しく見ていくことにしましょう。

1.豊富なビタミンで酸化を防ぐ

先ほども述べたように、キウイにはビタミンC、E、クエン酸や葉酸など、肌に効果のある栄養が豊富に含まれますが、特にニキビに効果が期待できるのがビタミンCとビタミンEです。

ビタミンCは体の中で様々な働きをしており、特に美肌の成分として知られていますが、ニキビ治療に効果があるのが「抗酸化作用」です。

 
抗酸化作用とは、体内の活性酸素を中和する作用のことを指します。

活性酸素は脂質と結合して「過酸化脂質」となり、これが肌細胞の免疫機能を低下させてしまいます。

 
さらに過酸化脂質はアクネ菌の格好の栄養であるため、より細菌が繁殖して、ニキビが悪化しやすい肌となってしまいます。

それが、キウイに含まれるビタミンCの抗酸化作用によって、活性酸素の働きを抑制することができます。

 
また、肌にハリをもたらし新陳代謝に欠かせない成分「コラーゲン」を生成促進する作用をもち、ダブルの働きでニキビを予防・改善する効果が期待できます。

そして、ビタミンCと同様の抗酸化作用をもつのがビタミンEです。

 
ビタミンEは脂溶性のビタミンであり、抗酸化力の高さから、生活習慣病の予防としても注目されています。

また、ビタミンEには血行促進効果も見られ、これもニキビ予防に効果的です。

 
ビタミンEは、ビタミンCと同時に摂ることでより効果が高まるため、あらかじめこの2つの成分が含まれているキウイは、より効果的な果物であることが分かります。

ニキビの原因、「活性酸素」ってどんなもの?

「紫外線」や「ストレス」がニキビの原因になることはよく知られていますが、この2つの原因には「活性酸素」が関係しています。 活性酸素とはどんなもので、ニキビとどん ...

2.食物繊維で腸内環境が整える

食物繊維は、便秘解消に欠かせない栄養素だということはもうお分かりですね。

便秘によって腸内環境が悪くなると、血行が悪くなったり、自律神経が乱れたり、血液中に毒素が巡って様々なトラブルを引き起こします。

 
食物繊維は、腸の働きを良くする善玉菌のエサとなり、腸を活発化させます。

また、便の嵩を増したり、便を柔らかくするなどの働きがあり、便の排出を促してくれます。

 
便秘と言えばバナナが効果的な印象が強いですが、実はキウイも効果的だったということですね。

おまけにバナナに比べてカロリーも低いため、ダイエットのサポートにも有効な女性にうれしいフルーツだといえます。

3.カリウムで血流アップ・ターンオーバーの働きを正常化する

カリウムには、腎臓機能を高める働きがあり、体内に溜まりがちな余分な水分や塩分を尿として排出しやすくします。

それにより、体内の塩分濃度をコントロールし、血流をアップさせます。

 
血流が良くなると、肌のターンオーバーも促されますので、皮膚に溜まった汚れや古い角質がきれいに剥がれ落ち、ニキビ等の肌荒れ防止に繋がります。

ニキビに良いって本当?亜麻仁油の美容効果とは

油というとニキビに悪いと言うイメージがありますよね。 でも、食用油にも様々な種類があり、中にはニキビの予防・改善に効果があると期待される油もあるんです。 &nb ...

 

ニキビ対策には、キウイの「食べ方」も重要です!

キウイというと、半分に切って、果肉をスプーンですくって食べるのが一般的ですよね。

しかし、ニキビのためには、果肉のおいしい部分だけでなく、産毛の生えたあの「皮」まで食べるのが理想的なんです。

 
なぜなら、キウイの皮には、果肉の3倍ものポリフェノールが含まれているからです。

もちろん、皮ごと食べる時はしっかり洗ってくださいね。

 
皮についた産毛が気になるという方は、ゴシゴシと洗って表面の毛を取り除き、皮ごとミキサーにかけると飲みやすくなります。

好みで牛乳やハチミツを入れるのもいいですね。

キウイは1日1個食べましょう!

キウイは1日1個の摂取が理想的です。

先ほども述べたとおり、キウイにはタンパク質分解酵素が含まれているため、お肉料理など食事した後のデザートとして食べると胃腸への負担を抑えることができます。

 
また、夜食べることで、眠っている間に食物繊維による整腸効果を期待することができますので、翌日はすっきりとした朝を迎えることができるでしょう。

MEMO
朝は食べないほうが良い?

キウイには「ソラレン」という光毒性物質がふくまれています。

これは、紫外線と反応してシミやそばかすなどが発生する原因物質となりますので、陽射しの出る午前や昼間の摂取は好ましくありません。

 
ソラレンが消化されるのはだいたい6~7時間だとされています。その為、美肌のためには夜食べることをおすすめいたします。

栄養満点のキウイの選び方!

綺麗な俵型をしていて、しわがなくハリのあるキウイを選ぶようにしましょう。シワは鮮度が悪い可能性があります。

そして注目すべきは産毛です。産毛はきれいに生えそろった艶のある状態は、鮮度が高く良いキウイだといえます。

 
キウイの実をもって、少しだけ押してみましょう。程よく弾力があり、ややへこむくらいがちょうど食べごろです。

熟すほどビタミンCが増加しますし、甘味も強くなります。お肌のためには少し熟したキウイが良いかもしれませんね。

参考

キウイの追熟と保存方法ゼスプリ キウイフルーツ

 
キウイを利用してニキビが治ってきたら、ニキビ跡を消すケアも行っていきましょう。

下記サイトではおすすめのニキビ跡化粧品を紹介しています。参考にしてみてください。

 
 ニキビ化粧水、おすすめはどれなの?

 ニキビ跡を消す方法は?

 

この記事のまとめ

  • キウイはイチゴやみかんよりもビタミンCが豊富!
  • バナナの2倍もの食物繊維で腸内環境を改善!
  • キウイの皮には栄養がいっぱい!
  • キウイはカロリーも低く、ニキビ肌に最適!