油断しないで!冬のニキビケアの注意点は?

冬のニキビケア

ニキビができやすいのは、皮脂が多くなる夏の間と思っていませんか?

実は肌が乾燥する冬も、ニキビができやすくなる季節です。

 
冬のニキビは意外な原因ででき、油断していると悪化することも少なくありません。

今回は、冬のニキビの原因とその対策について解説します。

冬もニキビができやすいって本当?

ニキビの主な原因である皮脂は夏に比べて少なくなりますが、冬には冬のニキビができやすくなる原因があり、いったんできると治りが遅い傾向もあります。

冬のニキビには多くの場合、冬の乾燥した空気と寒さが関係しています。

冬ニキビの原因1:乾燥

冬は空気が乾燥するので肌の水分が奪われやすく、油断していると角質がカラカラに乾いて粉を吹いたようになります。

肌が乾燥するとバリア機能が低下するので、角質を厚くしようとしてターン―オーバーが過剰になります。

 
乾燥肌になると角質がポロポロと剥がれたり、粉を吹いたようになるのはそのためです。

このような角化異常が生じると、毛穴の出口が狭くなり、毛穴内部でも角質のくずが剥がれ落ちます。

 
角栓ができて皮脂詰まりが起きやすくなるため、ニキビができやすくなるのです。

乾燥した角質は硬くなるので、毛穴付近の肌の柔軟性が低下します。

 
硬い角質に囲まれた毛穴は、閉じっぱなしで皮脂の分泌が滞る、開きっぱなしで外部から汚れが入るなどで、やはり毛穴詰まりが起きやすくなります。

また肌が乾燥すると水分の蒸発を防ごうとして皮脂の分泌が増えます。

 
詰まりやすくなっている毛穴で皮脂が増えるのですから、当然ニキビができやすくなりますね。

冬ニキビの原因2:肌免疫の低下

冬の気温の低下は、身体の冷えを招きがちです。冷えによって肌の血流が低下し、それに伴って免疫力も低下します。

免疫力が低下すると、炎症ニキビの原因であるアクネ菌が増殖しやすくなります。

 
冬のニキビが治りにくく、悪化しやすいのは、血行の悪化と免疫力の低下が原因です。

アクネ菌は常に皮膚に住みついている「常在菌」で、普段は無害です。

 
しかし角栓ができて空気に触れなくなった皮脂の中では、異常に繁殖する性質があります。

その時に免疫力が低下していると、炎症がさらに悪化します。

参考

ニキビができる原因チョコラドットコム

冬ニキビの原因3:ホルモンバランスの乱れ

身体の冷えは自律神経を乱し、それがホルモンバランスの乱れにつながります。

自律神経が乱れると、交感神経が優勢になって心身がリラックスできない「緊張状態」を作ります。

 
この緊張状態は、皮膚への血流を低下させ、男性ホルモンの分泌を増やします。

男性ホルモンは皮脂の分泌を増やし、皮膚を厚くする作用があるので、その増加はニキビの原因になります。

 
実感としても「冷え」があると、中々リラックスできず夜眠れなくなることもあります。

冷え→自律神経の乱れ→さらなる冷え、という悪循環になりやすいという性質もあります。

ニキビの原因、「ホルモンバランスの乱れ」って何?

ニキビの原因の一つに「ホルモンバランスの乱れ」があります。 よく聞く言葉ではあるものの、具体的にはどういうことなのか、何に気を付ければ良いのかはよく分からないで ...

 

冬ニキビ対策はここに注意!

冬ニキビの対策の二本柱は、「乾燥対策」と「冷え対策」です。乾燥対策では、毎日使う化粧品にも注意が必要です。

乾燥対策を万全に

乾燥した冬の風に当たると肌はいっきに乾燥します。

とくに首筋に冷たい風が当たると肌の毛細血管が収縮して、肌への水分補給機能が低下します。

 
屋外では、マフラーなどで首筋から頬にかけて保温するようにしましょう。

室内でもエアコンの暖房は空気を乾燥させるので、加湿器を使うなどの対策が必要です。

 
その点、煙突の付いていないタイプの石油ストーブやガスストーブは、燃焼するときに水分を発生するので、空気が極端に乾燥することはありません。

床暖房や電気カーペットも部屋の空気を乾燥させるので注意しましょう。

 
室内で肌の乾燥を感じたときは、ミストや化粧水で肌に水分補給をすることも大切です。

寝るときに電気毛布を使うと温かくて気持ちが良いのですが、脚や背中の肌を乾燥させるで、ある程度布団が温まったスイッチを切るようにしましょう。

冷え性を改善する

身体の冷えは、血流の低下、免疫力の低下、ホルモンバランスの乱れを招き、冬ニキビの原因になります。

冷え症の改善は一朝一夕にはいきませんが、「体を温める」ことで自律神経をリラックスさせる、「体を動かす」ことで自律神経の働きに良いリズムを与えるのが有効です。

 
1日1回身体を芯から温めるために、お風呂ではぬるめのお湯に15~20分間、ゆっくりつかるようにしましょう。

ヒートテックなど着ぶくれせずに身体を保温できる、機能性インナーも活用したいですね。

 
ウォーキングや軽いジョギングで身体を動かす習慣をつけると、自律神経の働きに良いリズムが生まれます。

ちょっとしたすきま時間を利用して、手脚や肩、腰のストレッチをするのも有効です。

 
いくつかのストレッチのパターンを試して、気持ちの良い「マイ・ストレッチ」を見つけて習慣づけると長続きしますよ。

【知っておきたい】ニキビ対策には室内環境の改善が大切!

ストレスがニキビの原因になることはよく知られていますが、精神的なストレスだけでなく、気温の変化など物理的なストレスもニキビの原因になります。 今回は、普段生活す ...

化粧品を見直す

保湿対策を万全にするには、スキンケアアイテムの選び方も大切です。

湿度が高く汗の多い夏は、あまり保湿力の高い化粧品では皮脂の過剰に繋がるため、さっぱりした化粧水を選ぶ人が多いと思います。

 
しかし冬は、保湿力の高い化粧品でがっちり水分をキープすることが必要です。

1年中同じ化粧品を使うのではなく、季節によって使い分けるのがベターです。

 
冬は、化粧水は高保湿のしっとりタイプを使い、美容液もポイント使いではなく顔全体に使いましょう。

その上を乳液かクリームでカバーするのも必須です。空気の乾燥が厳しいときは、乳液とクリームを重ね使いすると万全です。

自分のお肌にぴったりなニキビケアを見つけよう!

ニキビができやすい肌といえば、脂性肌と考えがちですが、乾燥肌にもニキビはできます。 ニキビケアは自分の肌タイプに合ったものでないと、思うような効果は上がりません ...

 

ニキビ予防に!冬野菜は栄養満点

冬野菜は体を温める作用があるので、冷え症の改善に役立ちます。旬の冬野菜をたっぷり食べるのは、冬ニキビの予防にも効果があるという事ですね。

体を温める以外に、冬野菜のどのような成分がニキビ予防の役に立つのでしょうか?

肌を健康に保つビタミンC

ビタミンCには、コラーゲンやヒアルロン酸の産生を促進して、肌を柔らかくする働きがあります。

また肌の代謝を促進するビタミンB群の働きには、ビタミンCの協力が必須です。肌を健康に保ことでニキビを予防するのがビタミンCです。

 
冬野菜でビタミンCを豊富に含むものには、カリフラワー、小松菜、ほうれん草、春菊などがあります。

抗酸化作用があるβ-カロテン

β-カロテンには強い抗酸化力があり、肌が活性酸素によって酸化ダメージを受けるのを防ぐ効果があります。

またβ-カロテンは、体内でビタミンAに変換されて肌や粘膜を丈夫にし、乾燥肌や肌荒れを予防します。

 
冬野菜でβ-カロテンを豊富に含むのは、ニンジン、春菊、小松菜などです。

夏に収穫されて冬が食べ頃になるカボチャにも、β-カロテンが豊富に含まれています。

消化を助ける食物繊維

食物繊維は、大腸で分解されて腸内細菌の餌になります。食物繊維を摂ることで腸内環境が整えられ、便秘を予防することができます。

便秘の解消がニキビの予防になることは言うまでもありませんね。

 
また、便秘と自律神経の乱れも、お互いが原因にも結果にもなって、悪循環を起こしやすい関係にあります。

冬野菜で食物繊維を多く含むのは、ゴボウ、大根、ニンジン、ほうれん草などです。

 
冬も案外ニキビができやすい季節だという事に納得いただけたでしょうか? 夏とは違う原因もあるので注意したいですね。

 
 ニキビ化粧水、おすすめは?

 ニキビ跡消す化粧水、おすすめは?

 

この記事のまとめ

  • 冬のニキビの最大原因は肌の乾燥
  • 身体の冷えによる、免疫の低下やホルモンバランスの乱れも原因
  • 冬ニキビの予防は、肌の乾燥対策を万全に
  • 冬に使う化粧品を見直すことも大切
  • 冷え性対策、冬野菜の摂取で、ニキビの出来にくい健康肌に