色素沈着やクレーター状のニキビ跡を 治すのにかかる期間は?

ニキビ跡が治るまでの期間

せっかくニキビが治っても、跡が凸凹になって残ってしまうことがあります。

ニキビ跡はなかなか消えてくれず、鏡を見るたびに憂鬱になってしまうものです。

 
ニキビの跡が出来てしまう理由、そしてなかなか治りにくい理由は、何なのでしょうか。

ニキビ跡の種類ごとに、その原因や治し方を紹介します。

ニキビ跡を治すのに時間が掛かるのはなぜ?

ニキビ跡が治るまでには、どうして長い時間が掛かるのでしょうか。

ニキビ跡の種類ごとに、その原因は異なります。

ニキビ跡が残る原因は?

ニキビ跡の元々の原因は、ずばりニキビの炎症です。

この炎症は、ニキビをつぶしたときに患部に菌が入り込んだり、同じ場所に繰り返しニキビが出来ることで進行します。

 
炎症が起きやすい肌質の影響もあります。

ニキビ跡には、赤いもの、茶色いシミのようなもの、そして肌が凸凹になるクレーター状のものが見られます。

 
まず赤いニキビ跡は、ダメージを受けた皮膚組織の修復のために毛細血管が作られ、その血液の色が透けて見えている状態です。

炎症のために皮膚が薄くなって、赤みが目立つ状態になっています。

 
次に茶色いシミ状のニキビ跡の場合、メラニン色素が色素沈着を起こしています。

ニキビの炎症が起こると、肌を保護するためのメラニンが大量に作られます。

 
ニキビ炎症後の肌はターンオーバーが滞ることもあって、過剰なメラニン色素が排泄されずに、ニキビ跡となって残ってしまいます。

そしてクレーター状のニキビ跡は、ニキビの炎症が進行したことで皮膚組織が破壊されてしまい、真皮層や皮下組織まで傷つくことが原因です。

 
ニキビができた場所では炎症からの回復の際に皮膚組織が収縮していき、「線維化」という現象が起こります。

この時に表皮が陥没し、しこりのような跡ができてしまうのです。

治るのに時間が掛かるニキビ跡は?

最も改善しやすいのは、赤いニキビ跡です。

赤いニキビ跡ができるのはニキビの炎症があまりひどくない場合のため改善も早く、時間が経過することで薄くなっていきます。

 
逆に、治るのに時間が掛かるのは、クレーター状やケロイド状になってしまったニキビ跡です。

完全に跡を消すのは難しく、凸凹を平たんにすることはできても跡が残ってしまったり、跡の面積がへこんでいた時よりも大きくなってしまうことがあります。

クレーター状の「デコボコ」ニキビ跡を治すには?

程度の差はあれ、多くの人が経験するニキビ。 皮脂が毛穴に詰まったり、それが炎症を起こすことでできるニキビですが、これらの症状が治まっても「ニキビ跡」として肌に残 ...

 

ニキビ跡はどの位の期間で治る

同じニキビ跡でも、治りやすいもの、治しにくいものがあることが分かりました。

それぞれ治るまでの目安がどのぐらいなのかを確認しましょう。

赤いニキビ跡が治るのにどのくらいかかる?

赤いニキビ跡は改善しやすいとはいえ、治るまでに1~3ヶ月程度はかかります。

ダメージを受けた皮膚を修復するには、正しい洗顔やスキンケアで炎症の進行を抑える必要があります。

 
健康な肌への生まれ変わりには、数か月必要になるのです。

色素沈着のニキビ跡はどれくらいで治る?

色素沈着の茶色いニキビ跡はもう少し時間が必要で、きれいになるまでに半年~1年程度かかると言われます。

沈着した色素は、ターンオーバーを何度か繰り返すことで徐々に薄くなっていきます。

 
肌のターンオーバーの周期は早くても1ヶ月程度で、年を取るにつれて周期がだんだんと遅れていくこともあり、治るのに時間がかかります。

ニキビ跡の色素沈着・シミを消すには?

ニキビは数日で治りますが、ニキビ跡には何カ月も悩ませられることがありますね。 メイクをしても隠し切れないほどの目立つニキビ跡が残ってしまうと、人に会うのも億劫に ...

クレーター状のニキビ跡が治る期間の目安は?

真皮層や皮下組織にまでダメージが及んでしまったクレーター状のニキビは、自然治癒やセルフケアだけでは治せません。

病院での治療を経ても、数年、長ければ5年ほど掛かると考えてください。

 
ただしこの期間はあくまで目安であり、肌質や炎症の程度、目指す肌状態によっても個人差があります。

 

ニキビ跡を早く治す方法は?

ここまで見てきた通り、ニキビ跡を治すにはそれなりに時間がかかる事が分かりました。

そうは言っても、できるだけ早く治したいですよね。

 
ニキビ跡を早く治すには、どのような事に注意すればいいのでしょうか?

スキンケアでニキビ跡って早く治るの?

それぞれのニキビ跡の原因を、ここでもう一度まとめてみましょう。

ニキビ跡の種類と原因

  • 赤いニキビ跡:傷ついた肌を治すために毛細血管が増殖している
  • 茶色いニキビ跡:炎症の跡にメラニンが色素沈着している
  • クレーター状のニキビ跡:ニキビの炎症により、真皮層が損傷している

これらのニキビ跡の内、赤や茶色のニキビ跡は、適切なスキンケアをすれば、より早く治すことができます。

ニキビ跡を早く治したいなら、普通の化粧水ではなく、ニキビ跡ケア専用の化粧水を使うことが大切です。

 
ニキビ跡ケアの化粧水には、ニキビの炎症を抑えたり、傷ついた細胞を修復する成分が含まれています。

新たなニキビの予防にもなるため、普通の化粧水を使うよりも、より効率的にニキビ跡のケアができます。

 
ただしクレーター状のニキビ跡は、肌の深い部分が損傷を受けているため、セルフケアだけでは完全に治らない場合もあります。

ニキビ跡ケアの化粧水を使うことで凹みをある程度浅くすることは可能ですが、完全にきれいに治したい場合は、美容外科での治療も検討してみて下さい。

赤・茶色のニキビ跡を早く治すには?

美容外科でのニキビ跡治療はクレーター状のものが一般的ですが、赤や茶色のニキビ跡でも、美容外科での治療が可能です。

美容外科では高度な医療機器を使うため、それなりの効果が見込めます。

ただし、赤・茶色のニキビ跡を治すのに、スキンケアより美容外科の方が早く治せるとは限りません。

 
ニキビ跡の美容外科には色々な施術方法がありますが、そのほとんどが「肌の代謝を促す」ことを目的としています。

施術後に肌が生まれ変わるには1ヶ月程度かかりますし、その施術を何度も繰り返してようやくきれいな肌が手に入ります。

 
美容外科で治療を受けても、結局は数か月単位の期間かかるのが一般的です。

もちろん人によって、またニキビ跡の程度によって違いはありますが、まずはスキンケアでニキビ跡の改善を試み、それでも効果を実感できない場合は美容外科で一度相談してみる、という流れでよいかと思います。

クレーター状のニキビ跡、美容外科で早く治すには?

クレーター状のニキビ跡に効果的な美容外科の施術は、大きく2つに分けることができます。

1つはヒアルロン注射や水光注射などの「注入系」、もう一つはフラクセルやco2レーザーなどの「レーザー系」です。

 
注入系のニキビ跡治療では、注入した成分が直接凹んだ肌を持ち上げるため、早ければ施術後すぐに効果を実感できる場合もあります。

ただしこの治療法では、傷ついた細胞を修復している訳ではないため、根本的な治療にはなっていません。

注入した成分が徐々に体に吸収されて効果が薄れていくため、半年~1年に1回のペースで、再度施術を受ける必要があります
 

一方でレーザー系の治療では、時間はかかるものの(半年から1年ほど)着実にニキビ跡を改善していくことができます

傷ついた皮下組織に刺激を与え、細胞を再生を促すことで肌の凹みを改善します。

ニキビ跡の程度にもよりますが、きれいに治るまでには、1ヶ月おきに5~10回程度の治療を受けます。

 
まとめると、以下のようになります。

・注入系の治療:即効性はあるけど、半年から1年に一度、再手術が必要
・レーザー系の治療:治療には最長1年ほどかかるけど、きれいに治る

 

このように、どちらの施術方法をとってもメリット・デメリットがあります。

美容外科で治療を進めている間にも、医師の指導の下で適切なセルフケアを並行して行うことが重要です。

生活習慣を見直すことも大切

ニキビ跡をより早く治すために、ニキビ跡が悪化しにくい体質を目指すことも大事です。

まず、食生活を見直します。新陳代謝を促すには、ビタミンAを多く含む緑黄色野菜、ビタミンB6を含むまぐろやレバーがおすすめです。

 
肌細胞の材料になるたんぱく質は、大豆や卵で補います。

野菜や果物のビタミンCは、コラーゲン繊維の生成を促し、抗酸化作用によるメラニンの抑制を期待できます。

 
次に、質の良い十分な睡眠を心がけます。肌の修復やターンオーバーのためには、睡眠中の成長ホルモン分泌がカギになります。

睡眠時間の確保だけでなく、リラックスして熟睡できるように工夫してみてください。

 
血行を改善することも、ニキビ跡に効果的です。肌の細部まで栄養が行き渡ると、新陳代謝を高められます。

日中はジョギング、ウォーキングやストレッチ、ヨガなどで適度に体を動かし、夜はぬるめのお湯にゆったりと浸かって、血行を良くしましょう。

 
 

ニキビ跡をできるだけ早く治すには、症状に合った治し方を選ぶと同時に、毎日の生活習慣やスキンケアで、ニキビの炎症をしっかり予防しましょう。

 

この記事のまとめ

  • ニキビ跡の色や形状によって、原因が異なる
  • 赤いニキビ跡は1~3か月程度で治ることが多い
  • クレーター状のニキビ跡は数年かけても治りにくい
  • 赤いニキビ跡にはニキビケア化粧品やピーリング成分を使う
  • クレーター状のニキビ跡は、レーザーやイオン導入で治す
  • 生活習慣を見直し、ニキビを悪化させないことも大事