オロナインによるニキビ・黒ずみ解消ケア

オロナインのニキビへの効果

オロナイン軟膏と聞くと「子供の頃自宅にいつもあった、懐かしい!」と感じる方は多いと思います。

ちょっとした切り傷ややけど、肌荒れに、お母さんからオロナイン軟膏を塗ってもらった記憶がありますよね。

 
ところでオロナインの対象症状の中に、「ニキビ」が含まれることを知っていますか?

思春期だけでなく大人でも悩むことが多いニキビに、オロナインがどんな効力をもたらすのか、その使用法についても知っておきましょう。

オロナインのニキビへの効果は?

オロナインとは

大塚製薬が1953年に発売した皮膚用抗菌軟膏剤・オロナインH軟膏の主成分は、消毒薬・止血薬・乳化剤などで構成されます。

オロナインで効力が期待できる症状は、軽いやけど、しもやけ、ひび、あかぎれそして尋常性挫創(ニキビ)です。

 
ニキビ治療として用いる際に注目したいのは、オロナインの抗菌・殺菌効果と、油分によるカバー効果です。

抗菌・殺菌効果

オロナインの有効成分のひとつに、クロルヘキシジングルコン酸塩液があります。

この成分には抗菌作用があり、ニキビの予防・改善に効果があります。

 
毛穴に皮脂が詰まり、これが皮膚の雑菌などで炎症を起こしてしまって悪化するニキビでは、皮脂を増やさないのはもちろんのこと、雑菌による炎症を防ぐことが重要です。

オロナインの抗菌力・殺菌力により、ニキビの炎症を抑えて治していきます。

油分による保護膜効果

また、オロナインにはオリー油やワセリンが配合されており、これら油分が肌を乾燥から守ります。

オイリーな状態は良くないのでは?とも思えますが、実は乾燥こそが皮脂分泌を促しニキビを悪化させる原因。

 
オロナインの油分で患部をカバーし、余計な刺激を避けることも可能です。

参考

オロナイン公式サイト大塚製薬

 

オロナインによるニキビケア!効果的な使い方は?

一般的なオロナインの使い方は、清潔な指や綿棒で患部に乗せるだけです。

その際、余ったオロナインは、手の平に馴染ませてから顔全体を塗ってあげるとニキビの予防にもなります。

 
オロナインの活用法はこのほかにもいくつかありますので、ひとつひとつ紹介していきます。

【所要時間30秒】スタンダードケア

洗顔後に化粧水もしくはエタノールを沁みこませたコットンで患部をパックした後、少し多めのオロナインをニキビに乗せ、ふんわりと絆創膏でカバーしてみてください。

そのままたっぷりと睡眠をとり、これを3日ほど繰り返すことで、症状の改善がみられるはずです。

【所要時間20分】オロナインパック

鼻ニキビができやすいという方におすすめなのがオロナインパックです。

1.蒸しタオルで毛穴を開かせます。水で濡らしたタオルを軽く絞り、耐熱容器に乗せ電子レンジで20~30秒温めます。

タオルはアツアツですので、手にとる際は火傷に注意してくださいね。

蒸タオルを用意するのが面倒である場合は、お風呂で体を温めて毛穴を十分に開かせてあげてください。

 
2.いつも通り洗顔をしてから、オロナインを鼻に塗っていきます。地肌が見えないくらいたっぷりつけて大丈夫です。

 
3.このまま、10~15分程放置します。時間が経ったら、ぬるま湯で綺麗に洗い流してください。

ひと肌くらいのぬるま湯がベストです。お水で流してしまうと、油分を含むオロナインは落ちにくくなってしまいますので注意してください。

オロナインパック後の毛穴パックでおもしろいほど角栓がごっそり取れる!

オロナインパックのあと(スキンケアの前まで)に、毛穴パックをやると、通常よりもごっそり取れるって知っていましたか?

普段のパックの前に、ひと手間かけてオロナインパックをすることで、軟膏剤が毛穴に密着して角質=黒ずみを除去します。

 
その後のパック成分の浸透をより促すという美容効果が期待できるのです。

毛穴パック前専用のジェルも販売されていますが、オロナインでもそれと同様の効果を得ることがでます。

 
毛穴パック後は、消毒の意味も込めて、殺菌効果のあるニキビ化粧水がおすすめです。

注意
毛穴パックは肌へのダメージがありますので、頻繁に行ってはなりません。週に1回を目安に行うようにしてください。

また、毛穴パック後は毛穴が全開な状態ですので、そこから皮脂や汚れ、雑菌等が入らないように、毛穴を引きしめなくてはなりません。

引き締め効果や保湿効果のある化粧水で、コットンを使って優しくパッティングしてあげてくださいね。

毛穴の黒ずみの正体は黒ニキビ?!その治し方は?

黒くポツポツとした「鼻の黒ずみ」にお悩みの方も多いのではないでしょうか。 毛穴の黒ずみを取るためにスクラブ洗顔や毛穴パックを使っているが、なかなか効果が見られな ...

 

オロナインは他にもこんな使い道が…!

オロナインは、ニキビケア以外にも様々な美容ケアとして利用されています。ここでは、その使い道を紹介いたします。

敏感肌の方に

敏感肌の場合、肌のバリア機能が極端に低下している状態ですので、少しの刺激でも過剰に反応してしまいます。

赤みが出たり、かゆみが出たり、普段使っている化粧水が、急に使えなくなることもあり、化粧品選びに苦労している方も多いと思います。

 
何をつけてもダメ…という場合に、美容家として有名な佐伯チズさんがオススメしているのが、オロナインを2~3滴の水で乳化させて作るオロナイン乳液です。

風呂上りの清潔で温まったお肌に染み込ませてあげると、すんなりと馴染み、敏感肌の方にも使えるくらい低刺激なケアができると言います。

痔でお悩みの方に

痔にもいくつか種類がありますが、オロナインが有効なのが「イボ痔」です。

血便が出るなどの重い症状であれば病院での治療が必要になりますが、軽い場合はホームケアでも治すことは可能です。

 
患部にオロナインを塗布することで快方へ向かいます。症状が出たら早いうちからケアするようにしましょう。

痔で病院へ行くのは恥ずかしい…と、放置してしまい、症状を悪化させてしまう方も多いので、自分でケアできるオロナインはとっても頼りになりますね。

 

オロナインでのニキビケア、注意点は?

オロナインはお肌にとって万能な薬だと言えますが、使い方次第ではニキビを悪化させてしまうこともありますので注意しなくてはなりません。

下記で紹介する点を踏まえた上で、オロナインによるニキビケアを実践するようにしましょう。

「白ニキビ」や「黒ニキビ」には効果がない

オロナインによるニキビケアは、炎症を起こしている「赤ニキビ」にのみ有効です。

赤ニキビの前段階で皮脂が詰まっただけの白ニキビや、皮脂が酸化してしまっている黒ニキビには効果を発揮できません。

【初期段階で対策!】白ニキビの原因と治し方は?

ニキビについて調べてみると、かなりの確率で目にする『白ニキビ』という言葉。 赤ニキビや黄ニキビなどいろいろなニキビのタイプがあるようですが、白ニキビという言葉が ...

応急処置でしかなく、根本的なニキビケアではない

患部に沁みることなく、サラッとして安心なオロナインでニキビを早めに治せれば、手軽で跡も残らず安心ですが、治してもまた繰り返しニキビができては大変です。

オロナインはあくまでもニキビができた時の応急処置でしかありませんので、ニキビ肌を改善するための手段ではありません。

 
もちろん、ニキビを悪化させないためには重要なケアですが、同時にビタミン類や食物繊維が摂れる食生活や十分な睡眠、適度な運動といった生活習慣など、ニキビができにくい体づくりをすることも大切です。

オイリー肌とは相性が良くない

また、オイリー肌の場合、オロナインの油分により毛穴が塞がれ、ニキビが悪化する可能性もあります。

その為、オイリー肌の人や混合肌で皮脂が多い箇所がある方は、患部以外の使用は控えるようにしなくてはなりません。

 
殺菌効果や保護膜効果を求めるのであれば、オロナインよりもニキビ化粧水のほうが断然優れています。

ニキビ化粧水であれば、さっぱりとした使い心地ながら十分な保湿感も得る事ができますので、オイリー肌の方でも安心して使えます。

 
下記では、ニキビ・ニキビ跡も同時にケアできる人気のニキビ専用化粧水を紹介していますので、ぜひこちらも参考にしてみてくださいね。

 
 ニキビ化粧水、おすすめは?

 ニキビ跡消す化粧水、おすすめは?

 

この記事のまとめ

  • オロナインは肌トラブルの救世主!
  • オロナイン1つでニキビケアや鼻の角栓除去もできる
  • オイリー肌にはオロナインの油分が逆効果となることも