「ルナメアAC」の口コミ・感想

ルナメアACの口コミ

三十代の主婦です。二十歳前後からずっと肌荒れに悩まされています。

食生活が乱れたり生理前になると、おでこや頬骨などのフェイスラインにプツプツとしたニキビが出来ます。

 
軽いかゆみやヒリヒリを伴うときもあり、赤く腫れている状態のときはメイクがしづらくて…

せっかくのお出かけや大切な行事に出席しなければならないときにニキビができていると憂鬱になってしまいます。

 
枕カバーを毎日取り換えたり、睡眠不足や便秘にはならないようにと生活習慣にも気をつかって対策しているつもりですが、油断するとすぐに肌が荒れてきます。

 

なぜその化粧水を選んだのか

三十も過ぎるとニキビの治りも悪く、治っても痕がくすみになって残ったりして、肌がずいぶん衰えているのがわかります。

そろそろ本格的にニキビを治して肌をケアしなくては…と思い、治し方をネットで検索してみました。

 
そこで、ニキビに効くという専用の化粧水があることを知りました。

各化粧品メーカーからけっこうたくさん出ているようなのですが、なかでも目を惹いたのは㈱フジフィルムヘルスケアラボラトリーのルナメアACです。

 
フジフィルムといえば写真関係のメーカーなので、始めは化粧品といわれてもピンときませんでした。

長年、写真分野で培ってきた画像解析技術やナノ化技術を生かして新発想のニキビケア化粧品を開発したとのことで、なんだか効果がありそうです。

 
それに馴染みのある企業で安心なので、まずは一週間のお試しキットを注文してみることにしました。

 

化粧水の使い方・テクスチャなど

ネットで注文して数日後、郵送でキットが届きました。パッケージは涼しげな青い箱で、雨に濡れても問題ないようにきちんとビニールで密封されています。

中に入っていたのは 一週間分の洗顔料・化粧水〈ノーマル〉・ジェルクリームと分包タイプの〈しっとり〉化粧水2回分。

 
説明書やキャンペーンのお知らせなどが4点、そして今回は洗顔泡立て用のネットもついていました。

大人になってからできるニキビは思春期のころのとは別物で、大きな原因となるのは継続的な肌の乾燥なのだそう。

 
皮脂のせいではなく、水分不足によって古い角質がたまり、毛穴が詰まるそうです。

なぜ乾燥しがちなフェイスラインや、何度もおなじ場所に大人ニキビが出来るのかがこれでわかりました。

 
フジフィルムの研究では、生理前の肌もその現象が起きやすくなっていることがわかってきているそうです。

そこで毛穴を活性化させ、潤すための有効成分を独自の技術で極小ナノ化して、効率よく化粧品に配合することに成功したそうです。

 

まずは洗顔料から試してみました。

ニキビ用の洗顔料にはアクネ菌退治や固形スクラブが配合されていることがあり、それで一生懸命肌を洗いすぎて、かえって肌に負担をかけてしまうこともあります。

 
しかしルナメアの洗顔料はそれらを一切使用せず、かわりにファイバースクラブと呼ばれる繊維状のスクラブで毛穴のつまりを除去してくれます。

洗顔料をチューブから少量を出してみると、わずかにくすんだような色がついていて、一見、パック用のクレイっぽいイメージでした。

 
専用の泡立てネットで泡立ててみると、手のひらからこぼれ落ちそうなほどにリッチな泡ができます。

それを両手にわけて、ふわりと顔を包み込むように洗います。もちもちしたきめ細かな泡が肌をすべって、ずっと洗っていたくなる気持ちよさです。

 
そして泡はすみやかに洗い流すことができます。

ここでなかなか落ちない洗顔料だと、つい肌をごしごししてしまい、荒れた肌をいっそう傷めてしまうのですが、そんな必要はまったくありません。

 
するんと流れてすぐにさっぱりします。もちろん無臭で、洗いあがりの肌はつるつるになります。

それでいて、タオルで水気をふいても肌がつっぱるようなこともありませんでした。

 
洗顔料としては◎の使用感です。

 

化粧水は、はじめは分包タイプで同封されていた〈しっとり〉のほうをお風呂上りに使ってみました。

見た目はただのお水っぽいですが、湯上りの肌にすーっとなじみ、洗ったばかりの素肌に浸透してゆくのが実感できます。

 
そこまでとろみのある液体でもないのに十分に潤います。コットンは使わず、手のひらでなじませるといいそうです。

ニキビの赤味のあるところにつけても、沁みたりひりひりすることはありませんでした。

 

続いてジェルクリームをつけます。こちらは透け感のある乳白色でぷるぷるしています。

なめらかなに伸びてくれそうで期待感が高まります。

 
チューブの口が小さいので量を自在に調節することができますが、通常のボトルはポンプタイプになっていて、一度に2~3回プッシュして使用します。

てのひらに出したクリームは頬や額にのせ、鼻のほうから外側へと伸ばします。

 
この瞬間がほんとうに気持ちいいです。

みずみずしくて伸びがよく、肌にもたつくような感じもありません。

 

ニキビ化粧水の効果は?

この潤い感だと、あとから肌がベタつくのではと思っていたのですが、一分もするとさらりとした触れ心地に変わりました。

そして、こんなにさっぱりしてしまうと、今度はかえって肌が乾いてつっぱってくるんじゃないのかと不安にもなったのですが、これも心配無用です。

 
寝るまでずっとしっとりさらさらしていました。

素肌が深いところまで潤っている感じです。これがナノテクの威力でしょうか。

 
ジェルの成分にはニキビや肌荒れに効く「アクネシューター」のほかに、ヒルベリー葉エキスやアーティチョークエキス、ヒオウギ抽出液などのハーブ由来のうるおい成分が配合されているそうです。

洗いたてのつるつるの肌を化粧水でうるおし、その成分をジェルで閉じ込めたあとはほんとうにしっとりして気持ちいいです。

 
3日目からはボトル入りの〈ノーマル〉化粧液に切り替えてみましたが、とくに肌が乾燥するようなことはありませんでした。

とにかく寝る前のしっとりすべすべの肌がクセになってルナメアが手放せなくなります。

 
頬にふれると、深いところまでがうるおっているのが実感できて、幸せな気持ちで眠りにつけます。

七日間使用してみて驚いたのが、右の眉にできていたニキビがとても早く消えたこと。

 
いつも、一度できてしまうとなかなか治らないのに、3~4日で赤味がひいて、7日目にはほとんど痕がなくきれいな状態になりました。

 

まとめ

写真技術の応用という特殊な発想で開発された化粧品ルナメリアですが、ニキビに効果があることをしっかりと体感できます。

お試しキットの説明書には「ルナメアといっしょに素肌のチカラを信じて」とキャッチコピーがありますが、ほんとうに自分自身の素肌の力や可能性を信じたくなります。

 
迷っている方にはぜひおすすめしたい化粧水です。