胸元(デコルテ)ニキビの原因と治し方は?

デコルテのニキビ

胸元ニキビは「胸ニキビ」や「デコルテニキビ」とも呼ばれ、首の付け根の下あたりからミゾオチ周辺までにかけてできるのが特徴です。

女性の場合、洋服のデザインによってデコルテが露わになる場面も多々あるかと思います。

 
そんな時、ニキビやニキビ跡が目立ってしまったら悲しくなりますよね。

ニキビというと顔の肌トラブルとして認識されがちですが、胸元ニキビで悩んでいる方も大勢います。

 
ここでは、そんな胸元ニキビを解消するために、原因や対策について紹介したいと思います。

胸元ニキビができる原因

ニキビの原因といえば、第一にアクネ菌を思い浮かべますが、胸元ニキビの場合は「マラセチア菌」というカビの一種によって炎症が引き起こされます。

しかし、菌が違うだけで、ニキビの発生メカニズムは顔も胸元も一緒です。

 
角質や角栓が溜まって毛穴が塞がってしまうと、皮脂が排出できなくなるため、毛穴詰まりを起こしてニキビができてしまうのです。

胸元にできるニキビの原因を見ていきましょう。

(1)皮脂が多く、汗をかきやすい

この胸元ニキビができる原因としては、まず第一に「胸元は皮脂分泌が活発で汗をかきやすい場所である」という点が挙げられます。

胸元には1平方センチあたり100個程度の汗腺が存在していますが、体温が上昇したり精神的に緊張したりするとその汗腺から汗が放出されます。

 
放出された汗は皮脂の分泌を盛んにし、その皮脂が毛穴に詰まってマラセチア菌などの雑菌が繁殖することによりニキビができてしまうというわけです。

(2)蒸れやすい

一般的に胸元は衣服や下着に包まれていることが多く、汗が乾きにくい(蒸れやすい)という特徴があります。

さらに、胸元の場合は顔や首などと違って汗をかいてしまっても人前では拭きにくいということもあります。

 
いつまでも汗が放置されている(乾かない)ためニキビができやすい環境が整っているといえるのです。

(3)ホルモンバランスの影響

顔と同様に、胸元ニキビもホルモンバランスが影響しています。

20代を超えてから胸元ニキビが気になりだした・・・という方の場合は、ホルモンバランスが乱れたことでターンオーバーが機能せず、古い角質が溜まってしまうことが原因として考えられます。

 
ホルモンバランスが乱れてしまう原因は、代表的なものでは、偏った食生活による栄養不足、夜更かしからくる睡眠不足、過度のストレス、生理周期・・・など様々あります。

このように胸元ニキビは、顔のニキビと共通している原因もありますが、胸元ならではの原因もいくつかあります。

 
そのため、これらを意識して対策をとることによってニキビの解消へと導くことは可能になります。

参考

生理前、生理中になるとできる胸のニキビの治し方は?生理快適Labo by ORBIS

 

胸元ニキビを予防・解消するための対策とは?

胸元に限らずですが、ニキビを予防・改善するには、まず最初にホルモンバランスを整える必要があります。

栄養バランスのとれた食事、十分な睡眠時間、こまめにストレスを発散するなど、日ごろの生活習慣を見直すことが大切です。

美肌作りは食事から!ニキビに効果的な栄養素は?

ニキビのない健康な素肌を目指すには、まずは食生活の見直しからスタートすることがおすすめです。 ニキビの原因は様々ありますが、栄養バランスの偏りや、その影響からく ...

 
加えて、胸元ニキビの解消に有効な対策というのが以下の通りになります。

胸元ニキビの対策は?
・汗をかいたらコマメに拭く、胸元に風を通す

・汗パットや汗とりインナーを使用する

・下着や肌着は毎日取り換える

・石鹸やボディシャンプーのすすぎを丁寧に行なう

・胸元に刺激を与えるようなネックレスやスカーフは避ける

・髪の長い人は髪先が胸元に触れないように注意する

そして、中でも特に胸元ニキビでお悩みの方におすすめなのが、以下の対策です。

下着・肌着は毎日取り換える

当たり前のことですが、下着や肌着は長時間肌に触れるものですので、毎日取り換えましょう。

女性の場合は通気性の良いブラジャーを使用したり、キャミソールや肌着など、肌に直接触れる衣服には化繊のものを使用しないという工夫をしてみるのも一つの方法です。

 
男性の場合もコットンやリネンの肌着を使用するなど、化繊のシャツやニットが直接肌に触れないよう配慮してみるといいでしょう。

また、胸毛が濃い人の場合は汗がたまりやすく、ニキビができてしまうと治療しにくいという面もありますので通気を考えた衣服選びも大切です。

パジャマや寝具は清潔に

下着や肌着は毎日取り換えているという方がほとんどだと思いますが、ルームウェアやパジャマはどうでしょう?

お風呂から上がった清潔な状態で着るものですので、「汚れている」という認識はそれほどなく、一週間や10日、もしくはそれ以上洗わずに着続けているという方も多いのではないでしょうか。

 
しかし寝ている間は意外と汗をかくもので、冬だって気づかぬうちに大量の汗をかいていたりします。

また胸元や背中には皮脂腺がありますので、汗や皮脂がしみ込んだパジャマは雑菌が繁殖しやすくニキビの発生を促す環境にあるのです。

 
そのため、ニキビを予防・改善するためには、毎日パジャマを取り換えるのが理想的です。

パジャマは洗濯物の中でもかさばりますし、天候や仕事など生活上の問題から洗濯がマメにできないという場合は、上着だけ洗濯したり、替えを用意しておくと良いでしょう。

 
また、頻繁に取り換えるのが難しい寝具にも汗や皮脂は大量に吸収しています。

おまけにダニの死骸なども紛れている可能性があるため、長期間の使用でニキビ発生のリスクは大きくなります。

 
特に夏場は肌が直接シーツやかけ布団に触れてしまいますので、最低でも週に1度の洗濯や布団用クリーナーでの掃除をおすすめします。

シャンプー・コンディショナーのすすぎ落としに注意する

シャンプーは、頭皮の汚れを落とすために合成界面活性剤が含まれています。

これは、台所用洗剤にも使用されている成分で、強力な洗浄力から乾燥を招き、肌荒れを起こす原因とされています。

 
また、リンスやコンディショナーにはシリコンオイルという髪の毛をコーティングする成分が含まれています。

これにより、乾燥やキシミを防止し、艶やかな髪に仕上げてくれるなどの美髪効果が期待できますが、肌にとっては逆効果。

 
肌にオイルがコーティングされてしまうと、毛穴が詰まってニキビの原因となってしまうのです。

そのため、お風呂に入った際は、シャンプーやコンディショナーが残らないように洗髪後に体を洗うようにしましょう。

 
そして、特に注意したいのが長い髪の方です。女性の場合、毛先が胸元に触れるヘアスタイルをされている方も多いのではないでしょうか。

せっかく最後に体を洗っても、髪が胸元に垂れて洗髪後にわずかに残っていた成分が胸元に付着してしまう場合があります。

 
そうならないためにも、洗髪後はシャワーキャップを使ったり、ゴムで結うなどして肌に髪が触れないように心がけましょう。

ピーリング剤を使用して週に一度の角質ケアをする

角質が溜まっている場合は、毛穴詰まりを解消するためにも古くなった角質を除去する方法が望ましいです。

そのためには、規則正しい生活を送り、ターンオーバー機能を正常に働かせてあげるのが理想的ですが、それは難しい場合は石鹸タイプのピーリング剤を使用するなどしてケアしてあげると良いでしょう。

 
ピーリング作用によって古い角質が剥がれ落ちますので、毛穴詰まりの解消に有効です。

しかし、ピーリングは肌の乾燥を招きますので、ケア後はしっかりと保湿を行ってあげてください。

 
また、頻繁にピーリングをすると皮膚が必要以上に薄くなってしまいますので、週に1回以上使用しないよう注意してください。

ニキビケア用の石鹸や化粧水でケアする

顔のお手入ればかりに気が行きがちですが、ついでに胸元までしっかりとケアしてあげることが大切です。

通常のデコルテケアであれば、普段お顔に使っている美白系や保湿系化粧水・クリームでも構いませんが、ニキビを治す場合には専用のニキビケア化粧品を使用するのが効果的です。

 
ニキビケア化粧品としては手軽なローションタイプ、塗りやすいクリームタイプ、毛穴に詰まった皮脂を取り除ける石鹸タイプなどがあります。

自分のニキビの症状に合わせてスキンケア化粧品の種類を選んだり、ラインでセットになっているスキンケア化粧品を使ってみると良いでしょう。

 
顔のニキビでお悩みの方は一緒にケアできますが、胸元だけにニキビケア化粧品を使用したいという方も多いと思います。

その場合には、少量から試せるトライアルキットが便利です。リーズナブルな価格でたっぷり使用できますので、胸元のニキビケアにも最適ですよ。

 
すでにできてしまったニキビは爪で掻いてしまわないように注意し、ニキビ用化粧品や治療薬を使用したうえ、浴用タオルなども毎日取り換えて清潔なものを使うようにしてください。

もし、ニキビが進行していて化膿や炎症が激しい場合は、自己流の手当でなく皮膚科の専門医を受診することをおすすめします。

 
ニキビを治すには早期発見と早期手当てが重要になってきます。

悪化して病院などに通うはめにならないためにも、日頃からニキビ化粧水で早目にケアをしておくと安心ですね。

 
下記では、胸元ニキビのケアにおすすめのニキビ化粧水を紹介しています。トライアルキットもありますのでチェックしてみてくださいね。

 

この記事のまとめ
・胸元は汗や皮脂、蒸れやすい環境によってニキビができやすい

・治すには、ホルモンバランスの乱れを整え、胸元を清潔に保つことが大切

・洗髪後は、成分が残らないように胸元をしっかり洗いましょう

・ニキビ・ニキビ跡の予防のためにも、ニキビ化粧水でのデコルテケアがおすすめ