痛くてかゆい!赤ニキビの原因と治し方は?

赤ニキビの治し方

ニキビの症状が進行し、炎症を起こして痛みや腫れを伴う状態になったのが赤ニキビ(赤色丘疹)です。

赤ニキビは対処を間違えると、症状が悪化したり、ニキビ跡が残ってしまう可能性もあります。

 
そのため、赤ニキビによる傷や跡を残さずキレイに治すためには、原因をしっかりと理解し、正しいケアを行うことが何より重要となってきます。

今回は、ニキビ跡を残さない赤ニキビのケア方法や予防方法について、ご紹介していきたいと思います。

赤ニキビってどんな状態?

赤ニキビは「炎症ニキビ」とも呼ばれる通り、ニキビが炎症を起こして赤く腫れている状態を指します。

赤ニキビは、白ニキビや黒ニキビよりも症状が進行していることが一目で分かるものとなっており、痛々しい見た目に違わず、軽く触れただけで強い痛みを感じます。

【初期段階で対策!】白ニキビの原因と治し方は?

ニキビについて調べてみると、かなりの確率で目にする『白ニキビ』という言葉。 赤ニキビや黄ニキビなどいろいろなニキビのタイプがあるようですが、白ニキビという言葉が ...

 
ニキビは、毛穴詰まりなどによって起こる毛穴の皮脂だまりに、ニキビの原因菌であるアクネ桿菌が異常繁殖することで発症します。

ニキビは、白ニキビのような発生したばかりの軽症段階では、炎症を起こしてはいるものの、痛みを伴うことはありません。

 
また、皮膚が赤く腫れ上がることもないため、触れても熱などは感じられず、発生していること自体を忘れることもあるほどです。

この白ニキビを不衛生な状態で放置したり、強い刺激に晒してしまうと、炎症が進行して赤ニキビとなってしまいます。

 
赤ニキビは、深刻な化膿と肌ダメージを伴う「黄ニキビ」の前段階にあるニキビのため、適切な処置・治療を行って進行を止める、改善することが重要となります。

熱や痛みを伴う赤ニキビは、つい気になって指などで触れてしまいがちですが、そのことが炎症をより進行させる要因となり、症状を悪化させる悪循環に陥りやすいという特徴があります。

 
赤ニキビのケアの第一段階で大切なのは、症状・炎症を進行させない処理です。

そのため、赤ニキビができてしまった場合は、絶対に指などで触れたりせず、できるだけ早く専門医による診断や治療を受け、適切な処理を施すことが大切となってきます。

 

赤ニキビを改善するには?

炎症を抑える

強い炎症を起こしている赤ニキビの処置で先決となるのは、まずは炎症を抑えることがです。

赤く腫れ上がるほどの炎症を見せる赤ニキビは、そのまま放置してしまうと、ニキビ周辺が熱をもってほてったり、痛みやかゆみなどが強く出たりすることがあります。

 
このような症状が出てきてしまうと、どうしても、指で触れたり掻いたりして刺激を与える危険性が上がってしまいます。

炎症による痛みやかゆみがどうしても我慢できない場合は、清潔なタオルを冷やし、赤ニキビをアイシングするなどして対処してみて下さい。

 
炎症による熱や痛み、かゆみは、冷やすことで一時的に緩和されることがあります。

但し、アイシングを頻繁に行うと肌の乾燥を招く恐れもあるので、あくまで一時的な応急処置だということを覚えておいてください。

 
アイシングよりもオススメの対処法には、ニキビ用ローションを活用したローションパックがあります。

ニキビ用の化粧水には、ニキビの炎症を沈静化する成分が配合されているため、冷たいタオルによるアイシングよりも高い効果が期待できます。

炎症ニキビ(化膿ニキビ)を治すには?

ニキビは症状のレベルにしたがって、さまざまな種類に分けられています。 ごく初期のものが隠れニキビ、毛穴内部の角化が進んだものが白ニキビ、毛穴内部の皮脂が酸化した ...

ニキビ治療薬を使用する

赤ニキビは、毛穴の中でアクネ菌が異常増殖し、目に見えるほど強い炎症を起こしている状態となっています。

そのため、正しい洗顔や保湿といったスキンケアだけでは完治が難しく、治療薬の併用が必要なケースが多く見られます。

 
ニキビ治療薬は、ニキビの炎症を引き起こしているアクネ菌の増殖を抑える作用があるため、根本原因を叩くことができるという強みがあります。

また、抗生物質が配合された外用抗生剤や内服薬は、すでに起こってしまった炎症を治療するのに有効です。

 
しかし、これらの薬を自己判断で用いるのはリスクが高く、場合によってはニキビの重症化や健康被害を引き起こす可能性も考えられます。

赤ニキビのような進行したニキビの改善には、やはり皮膚科などの専門医による診断と治療が一番です。

 
痛みや熱をはらむほど炎症が進んだ赤ニキビは、もはやセルフケアが困難な、重症化した皮膚炎に分類されるものと考えるべきものです。

ニキビ治療薬を用いたケアを検討する場合も、まずは専門医にかかり、適切な処置を受けることが先決となってきます。

 
症状がひどい場合は、一時的に抗生物質やステロイドで炎症を緩和させ、その後にニキビの治療に入るという流れが必要なケースもあります。

赤ニキビに関しては、自己判断は慎み、できるだけ早い段階で医療機関に相談することをおすすめします。

参考

にきび-皮膚科での治療法は?公益社団法人日本皮膚科学会

 

赤ニキビを予防するには?

赤ニキビの予防に効果的なのは、初期ニキビである白ニキビや黒ニキビの段階で適切なケアを行うことです。

ニキビの初期段階は、毛穴の中でアクネ菌の繁殖は始まっているものの、炎症がごく軽度の状態にあるため、セルフケアでも十分対応が可能です。

 
白ニキビ・黒ニキビは、洗顔などによって皮膚を清潔に保ち、化粧水やクリームを適切に使用した保湿ケアを行うことで、ニキビの悪化を防ぎ、症状を改善することができます。

さらに、正しい保湿ケアの継続は、肌のバリア機能の向上や皮脂分泌の正常化を促し、ニキビができにくい健康な肌作りにも繋がります。

 
赤ニキビの予防には「ニキビができない肌質への改善」が重要だということを、ぜひ心に留めておいて下さいね。

また、生活習慣や食生活の乱れ、ストレス過多などが続くと、ホルモンバランスが崩れたり、免疫力が崩れたりしてニキビが重症化する可能性が高くなります。

 
規則正しい生活やバランスのとれた食生活、ストレスの解消などもニキビケアの重要な要素となります。

赤ニキビの予防に取り組むことをお考えの方は、まず、生活習慣や食生活の見直しから取り組むと良いでしょう。

ニキビ跡を改善する食事・食材は?

現在進行形のニキビや、一向に消える気配がないニキビ跡にお悩みの方も多いと思います。 ニキビ・ニキビ跡を改善する方法のひとつとして注目したいのが「食事・食材」とい ...

 

この記事のまとめ

  • 赤ニキビは、ニキビの症状が重症化し強い炎症を起こしている状態にある
  • 赤ニキビはセルフケアが困難な皮膚炎であるため、専門医による診断・治療を受ける必要がある
  • 赤ニキビを防ぐには、初期ニキビの段階で適切なケアを行うことが大切
  • ニキビ予防で重要なのは、ニキビができにくい肌質に改善すること