【敏感肌のニキビ対策】スキンケアの注意点と化粧水の選び方は?

敏感肌のニキビ対策

敏感肌は、少しの刺激で肌トラブルが起きやすい肌質です。敏感肌でニキビに悩まされている方は多いのではないでしょうか。

敏感肌は刺激に弱い上に乾燥しやすいため、間違ったスキンケアはニキビを余計に悪化させてしまいます。

 
敏感肌のニキビ対策のために役立つスキンケアの注意点や、化粧水の選び方などを紹介します。

敏感肌でニキビができるのはなぜ?


ニキビができやすいのは、皮脂が過剰なオイリー肌というイメージがありますよね。

しかしオイリー肌だけでなく、敏感肌でもニキビはできやすくなってしまいます。

敏感肌ってどんな状態?

敏感肌とは、肌の油分と水分のバランスが崩れてしまい、乾燥によって肌のバリア機能が失われた状態を指します。

敏感肌の原因は人それぞれで、化粧品や洗顔料によるもの、体調やストレスによるもの、季節や冷暖房の影響などが挙げられます。

 
健康な肌は、皮脂と水分のバランスが整っているため、キメ細かく、潤いのあるしっとりした肌になります。

弱酸性の状態で肌トラブルにもなりにくく、最も理想的な肌質です。

 
それに対して敏感肌は、肌のバリア機能が上手く働きません。

アルカリ性の状態で雑菌が繁殖しやすく、少しの刺激でも肌トラブルを引き起こしてしまいます。

治ってもすぐできる…オイリー肌のニキビ対策、注意点は?

肌質は大きく「普通肌」「混合肌」「乾燥肌」「脂性肌(オイリー肌)」の4つに分類されます。 この中でも脂性肌は肌トラブルが最も深刻化しやすいと言われています。 & ...

敏感肌でもニキビができるの?

思春期は皮脂が過剰に分泌されやすく、オイリー肌が原因でニキビができやすくなります。

年齢を重ねると皮脂の分泌は落ち着いてきますが、今度は乾燥肌や敏感肌が原因で、ニキビができやすくなります。

 
敏感肌は水分が少なく、肌が乾燥した状態です。肌に充分な水分がないと、外部の刺激から肌を守るバリア機能がうまく働きません。

そのため、わずかな刺激でもニキビができてしまいます。

 
また、ニキビは毛穴に皮脂が詰まり、雑菌が繁殖することで発生します。敏感肌は乾燥によって肌の角質が乱れているため、毛穴が狭くなりがちです。

乾いて狭くなった毛穴は、健康な肌の毛穴に比べて詰まりやすくなってしまいます。

 
さらに、健康な肌が弱酸性の状態をキープしているのに対して、敏感肌はアルカリ性になりがちです。

肌がアルカリ性になると悪玉菌が繁殖しやすくなるため、ニキビの原因となるアクネ菌の働きも活発になります。

 
つまり、刺激に弱く、毛穴が詰まりやすく、悪玉菌も発生しやすい敏感肌は、ニキビが非常にできやすい肌質なのです。

油断しないで!冬のニキビケアの注意点は?

ニキビができやすいのは、皮脂が多くなる夏の間と思っていませんか? 実は肌が乾燥する冬も、ニキビができやすくなる季節です。   冬のニキビは意外な原因で ...

敏感肌のニキビを治すには?

敏感肌でニキビにお悩みの方は、まず正しいスキンケアと生活習慣の見直しを意識してみましょう。

常に保湿を心がけ、肌の乾燥を防ぐことで敏感肌が改善され、ニキビができにくくなります。

 
普段のメイクも必要最低限にして、なるべく素肌でいる時間を多くしましょう。

ニキビを隠そうとファンデーションを厚塗りしたり、コンシーラーなどで隠したりするのは逆効果です。

 
肌に過剰な刺激を与え、油分も多くなるため、敏感肌のニキビを悪化させてしまいます。

 

敏感肌向けのスキンケアの注意点は?

敏感肌の方のスキンケアは、肌に十分な潤いを与えてあげることと、肌に刺激を与えないことが大切です。

肌の保湿が十分でないと、失われたバリア機能は戻ってきません。

 
保湿が足りない状態で肌に刺激を加えると、ニキビがますます悪化してしまう可能性があります。

こんなスキンケアはNG!

健康な肌なら問題ない刺激も、敏感肌には大きなダメージになってしまうことがあります。

敏感肌のスキンケアは、強い刺激を与えないよう十分注意しましょう。

 
肌を強く擦ったり、コットンでパッティングするのは、肌に過剰な刺激を与えてしまいます。

また、熱いお湯で洗うのも、少ない皮脂をさらに奪って乾燥を促進させてしまうためNGです。

実はすごい…!フランス人女性のニキビケア

フランス人と言えば、非常に美意識が強く、セルフケアにも熱心なイメージがありますね。 では、フランス人女性は、ニキビができた時、いったいどのようなケアをしているの ...

敏感肌は洗顔にも要注意

敏感肌の方は、洗顔する時もできるだけ肌に優しい方法で洗いましょう。

冷たい水や熱いお湯は刺激が強いので、ぬるま湯で洗うのが基本です。洗顔ブラシなどの使用も避け、優しく手で洗いましょう。

 
肌を擦りすぎないよう、たっぷり泡立てた洗顔料で汚れを落としたら、メイクや洗顔料の洗い残しがないようにすすぎます。

顔を拭く際も、タオルでごしごし擦らないように気を付けて下さい。

 
肌触りの良いタオルを使い、肌の水分を吸い取るようにするのが正しい方法です。

敏感肌のためのスキンケア方法は?

敏感肌のためのスキンケアは、たっぷりの保湿と低刺激が基本です。肌の水分を保つために、スキンケアはこまめに行います。

化粧水や乳液などは手のひらで軽く温めてから、肌に押し込むように少しずつ付けていきます。

 
コットンを使ったパッティングは、肌に刺激を与えてしまうため避けましょう。

敏感肌は体調や環境のちょっとした変化でも刺激を受けやすい肌質です。

 
そのため、昨日まで大丈夫だったスキンケアが急に合わなくなるということもあります。

肌にかゆみや痛みが生じた場合は一旦使用を止めて様子を見て下さい。

 

敏感肌向けのニキビ化粧品の選び方は?

敏感肌は非常に刺激に弱いため、肌に優しいニキビ化粧品を選びましょう。

また、乾燥を改善するために保湿力の高いものがおすすめです。

低刺激のものを選ぶ

ニキビ化粧品を選ぶ際は、低刺激のものを選ぶのが基本です。添加物が多く入っているものや、洗浄力の強いものは刺激が強いので避けましょう。

また、さっぱり感を得られるメントール入りや、香料が含まれているものも、敏感肌には向いていません。

 
メイクを落とすためのクレンジング剤も、洗浄力の強いオイルタイプは避け、クリームタイプの物を選びましょう。

クリームタイプのクレンジング剤はメイクと馴染みやすく、少ない刺激でメイクを落とせます。

保湿力が高いものを選ぶ

敏感肌は乾燥が原因なので、保湿力の高いニキビ化粧水がおすすめです。

また、ニキビの原因となる悪玉菌から肌を守るため、抗菌・殺菌作用が含まれているものも有効です。

 
油分の多いオイルタイプのものは避け、さっぱりした軽めの化粧水を選ぶようにします。

スキンケアの基本は化粧水をこまめに付け、特に乾燥している部分だけ、クリームや美容液で保湿を補うのがいいでしょう。

パッチテストをしてから使う

敏感肌の方は、化粧品やスキンケアで肌が荒れがちです。初めて使うアイテムは、必ずパッチテストをしてから使いましょう。

パッチテスト済と書いてある商品もありますが、敏感肌の場合は自分の肌でパッチテストをする事をおすすめします。

 
パッチテストをする際は、腕の内側など、体の目立たない部分を良く洗い、テストする化粧水などを付けます。

30分ほど様子を見て、赤みや腫れ、かゆみがないことを確認します。

 
ニキビは悪化するとニキビ跡が残り、消えるまでにかなりの時間がかかります。

敏感肌用のスキンケアを使ったセルフケアでもニキビが治らない場合は、早めに皮膚科での治療を受けましょう。

 

この記事のまとめ

  • 敏感肌の原因は乾燥
  • 肌のバリア機能が低下し、ニキビができやすい
  • スキンケアでは肌に刺激を与えないことが重要
  • 保湿力が高く、低刺激の化粧水を選ぶ
  • 初めて使う化粧水はパッチテストを行う