思春期ニキビを治すには?アクネ菌の正体とニキビを治す3つのポイント

思春期ニキビ

思春期ニキビのせいで青春が台無しだった・・・と嘆く大人は多くいます。

ニキビは青春の証だとか言われたりしますが、当の本人にとっては、なんの気休めにもならないですよね。

 
思春期ニキビに悩んで貴重な青春時代を楽しめずにいる10代の方のために、ここでは思春期ニキビをケアするポイントについてお話したいと思います。

思春期ニキビは「治ったと思ってもまたできる」の繰り返しが多いもの。

 
ニキビに限らず、お肌の悩みは1日そこらで解決できるものではありません。

勉強や部活、遊びに一生懸命になるのと同じように、ニキビケアも諦めずに根気強く励む姿勢が大事ですよ!

思春期ニキビってなに?

思春期は、心と体が大人になるための準備をしている段階です。男性であれば、身長が伸びたり筋肉が発達したり、より男らしい体つきに。

女性であれば、胸が膨らんだり体全体が丸みを帯びた女性らしい体つきへと成長します。

 
この成長を促すのが成長ホルモンという物質なのですが、同時に皮脂分泌を活発化させる働きがあります。

そのため、思春期はどうしてもニキビができやすくなってしまう時期なのです。

 
成長ホルモンは13歳~17歳頃が分泌のピークだと言われており、それを過ぎれば次第にニキビは収まってくるものです。

【保存版】大人ニキビはこうして治す!

ニキビと聞くと、未だ10代の肌トラブルというイメージが強くありますよね。 思春期ニキビからやっと解放されたかと思ったら、次にやって来るのは「大人ニキビ」です。 ...

思春期ニキビの種類

思春期ニキビは、おでこや鼻、頬など顔中いたる所にできるのが大きな特徴だと言えます。

また顔に限らず、背中や胸元など皮脂が多い箇所にできます。思春期ニキビにもいくつか種類があります。

白ニキビ

初期段階のニキビで、サイズは小さく白い色をしています。

毛穴は閉じたままなので、そこまで目立ちません。

黒ニキビ

毛穴の中に溜まった汚れや角質、皮脂などが酸化することによって黒く見えるニキビです。

毛穴が開いた状態なので、割と目立ちます。

赤ニキビ

皮脂や古い角質などが毛穴に詰まり、毛穴内でアクネ菌が増殖したことにより、炎症が起こっているニキビです。

見るからに痛々しい、思春期ニキビと言えばの

 
思春期ニキビを治す上でキーポイントとなるのが、赤ニキビの説明で出てきた「アクネ菌」です。

アクネ菌を知らずして思春期ニキビに立ち向かうことはできませんので、次ではアクネ菌の正体についてお話したいと思います。

痛くてかゆい!赤ニキビの原因と治し方は?

ニキビの症状が進行し、炎症を起こして痛みや腫れを伴う状態になったのが赤ニキビ(赤色丘疹)です。 赤ニキビは対処を間違えると、症状が悪化したり、ニキビ跡が残ってし ...

 

10代が知っておきたい、アクネ菌の正体!

実はアクネ菌はお肌に必要な常在菌のひとつ

アクネ菌は、英語名で“Propionibacterium acnes”(プロピオニバクテリウム・アクネス)と言い、学術的にはアクネ桿菌(かんきん)などとも呼ばれています。

このアクネ菌は、あたかもニキビの温床であるかのように、悪く言われがちですが、実際には肌の機能を正常に維持するための常在菌として、重要な役割を担っています。

 
したがってこのアクネ菌は、誰の肌の上でも存在しており、アクネ菌がいるというただそれだけでニキビになるというわけではありません。

参考

ニキビの原因、アクネ菌を分析肌トラブルの改善ガイド

アクネ菌はなぜニキビと結びつけられるのか

それはアクネ菌が持つ次の性質に由来しています。まず、アクネ菌は酸素に触れること嫌います。

ですから、毛穴の奥にいるアクネ菌は、自分から毛穴の外に出てくることはありません。

 
死滅してようやく、皮脂などとともに老廃物として排出されます。そして、アクネ菌は、皮脂を栄養素とします。

特に皮脂の5割を占める成分であるトリアシルグリセロールと呼ばれる中性脂肪を好物としています。

 
アクネ菌のこの二つの性質は、つぎのようなトラブルをひきおこします。

すなわち、通常は一定割合しか繁殖しないアクネ菌が、何らかの原因で、皮脂の分泌量が増大するすることにより、大好物である栄養素が増え、毛穴のなかで通常量を超えて繁殖してしまうのです。

 
ここから、アクネ菌とニキビとが密接に関係しはじめます。

白ニキビはセーフ、黒ニキビはギリギリセーフ?

単に、毛穴に皮脂が詰まった状態のことを、白ニキビなどと言ったりします。

白ニキビが酸素に触れて黒く酸化したものが、黒ニキビです。この白と黒のニキビのなかでは、アクネ菌はまだ繁殖していません。

黒ニキビが治らなかったらアウト!アクネ菌はモリモリ増殖して、赤ニキビへ進化

ところが、毛穴の詰まりが一向に改善されず、この白と黒のニキビの状態が続くと、アクネ菌がその詰まった皮脂を栄養素として、毛穴の中でどんどん繁殖します。

アクネ菌は、皮脂を食べるときに「遊離脂肪酸」と呼ばれる物質を生成します。

 
実は、この遊離脂肪酸は、肌の新陳代謝(角化)を促す良い物質なのですが、遊離性脂肪酸が多すぎると、この角化のスピードが速くなりすぎてしまいます。

こうなると、毛穴の奥から徐々に盛り上がってくる新しい角質層の細胞が、毛穴の入り口のところを塞いでしまいます。

 
つまり、毛穴の密閉度が、高まってしまうのです。

そしてこの密閉度が高まった毛穴の中で、残りの皮脂が空気に触れることで、過酸化脂質と呼ばれる物質が生み出されます。

 
この過酸化脂質は、その周囲にある細胞を破壊する有害な物質で、これを追いだすために、皮膚の免疫系が防衛にのりだします。

そして、まさにこのときに、炎症を伴った赤ニキビが生じるのです。

炎症が治まらない・・・その時、赤ニキビは黄ニキビへと姿を変える

炎症が進み、拡張した血管表面から白血球が分泌され、それが毛穴に蓄積された状態(すなわち化膿した状態)を、黄ニキビといいます。

アクネ菌とは、以上のようなプロセスによって、ニキビの炎症を生み出す、手助けをしてしまうというわけです。

 
逆に考えるならば、日ごろの生活リズムを整えていれば、皮脂が増加することもなく、その結果アクネ菌が増加することもないのです。

炎症ニキビ(化膿ニキビ)を治すには?

ニキビは症状のレベルにしたがって、さまざまな種類に分けられています。 ごく初期のものが隠れニキビ、毛穴内部の角化が進んだものが白ニキビ、毛穴内部の皮脂が酸化した ...

テカリ女子の必需品「あぶらとり紙」は実はニキビの原因に?!

鼻やおでこのテカリが気になってあぶらとり紙を頻繁に使っている女子も多いのではないでしょうか?

あぶらとり紙は気持ち良いくらい皮脂を吸収してくれますよね。

 
でも、これって表面の不必要なあぶらだけでなく、お肌に必要なあぶらまで吸収しているのです。

肌は足りない油分を補うために皮脂の分泌を増やしますので、通常に増して肌はオイリー気味になってしまうのです。

 
テカテカなお肌は恥ずかしいですし、何より思春期ニキビが出来やすい肌環境だと言えますので、あぶらとり紙の使用は控えたい所です。

テカリが気になった時は、ティッシュや清潔なガーゼタオル等で軽く押さえるように優しく取り除いてください。

 
その時は、絶対にゴシゴシとこすってはいけませんよ。少量の水をつけるとさっぱり感はアップします。

汗をかく季節は水分を含ませたティッシュ・ガーゼ等で気になる箇所を押さえてあげると良いでしょう。

 

思春期ニキビを治すための3つのポイントはコレ!

アクネ菌の増殖を防ぎ、思春期ニキビの予防・改善するにはどのような対策をとれば良いのでしょうか?

思春期ニキビケアの基本は洗顔にあり!

思春期のニキビケアで1つめの大事なポイントは「正しい洗顔をする」ことです。

10代の成長期には男性ホルモンが旺盛になり、肌の皮脂線から過剰な皮脂分泌が行なわれてきます。

 
この皮脂が皮膚の毛穴に入り込むと雑菌が繁殖して、白ニキビや赤ニキビなど思春期ニキビの原因となるため、正しい洗顔法を知っておくことが大切です。

ニキビケアの洗顔で気をつけたい点としては、

  • 洗浄力が高過ぎたり、刺激が強過ぎる洗顔料を避ける
  • 洗顔は朝晩のみにして、必要以上に洗い過ぎないようにする
  • 洗顔料はよく泡立て、皮膚をゴシゴシ擦らないようにする
  • 洗顔後には充分なすすぎをして石鹸分をよく洗い流す

などが挙げられます。

食生活に気を付ける

2つめの思春期ニキビケアの大事なポイントは「ニキビにNGな食品を避ける」ことです。

皮脂分泌の盛んな思春期に次のような食品を多量に摂取したり、毎日摂取し続けたりするとニキビができやすく悪化しがちになります。

思春期のニキビケアで避けたい食品は次のようなものです。

  • 動物性脂肪の多い食品(牛肉、豚肉、バターなど)
  • コレステロールの多い食品(卵黄、ケーキなど)
  • 飽和脂肪酸の多い食品(チョコレート、ソーセージなど)
  • 刺激の強い香辛料(トウガラシ、ワサビなど)
  • カフェインの多い食品(コーヒー、緑茶、紅茶など)

ニキビの予防や改善のためには、こうした食品を過剰に摂取するのは避けるようにしましょう。

生活習慣の見直し

思春期のニキビケアの3つめの大事なポイントは、「生活習慣を見直す」ということです。

毎日、何気なく行なっていることが、実はニキビができたり悪化する原因となっていることがあります。

 
ニキビの原因となる生活習慣としては次のようなものが挙げられます。

  • 数日間、続けて同じシャツやパジャマを着ている
  • タオルや枕カバーなどをあまり取り替えていない
  • シャンプーを怠って汚れた髪が顔に掛かっている
  • 自分の肌質に合わないスキンケア化粧品を使っている
  • 指や手で、顔や首などをさわるクセがある
  • 汗をかいたとき、ついTシャツのスソで拭いてしまう

もし、このような点に心当たりがある場合は、もういちど生活習慣の見直しをしてみてください。

思春期ニキビのケアができていないと、ニキビができやすいだけでなくニキビ跡が残ってしまう要因ともなります。

 
下記では思春期ニキビ専用のスキンケアコスメを紹介していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 
 ニキビ化粧水、おすすめは?

 ニキビ跡消す化粧水、おすすめは?

 

この記事のまとめ

  • 思春期ニキビはアクネ菌の増加により発生する!
  • 顔のテカリが気になったらティッシュでオフ!
  • 思春期ニキビの改善は洗顔・食事・生活習慣の見直しが効果的!