【何に気を付ける?】妊娠中のニキビケア、その注意点は?

妊婦さんのニキビケア

妊娠中には、頭痛やめまい、不眠、便秘などのマイナートラブルと呼ばれる不快な症状が現れます。

今回はその中でも特に悩みを抱く方が多い、ニキビ・肌荒れのケア方法や注意点についてお話します。

妊娠したらニキビができやすくなった?!

妊娠中は女性ホルモンの分泌が活発になるため、肌にハリがでてつややかになる、というイメージがあります。

しかし、実際には妊娠後に急に肌荒れが起こるようになり、ニキビが一気に増えてしまった…、なんてケースもよく見られます。

 
では、なぜ妊娠後にニキビが発生しやすくなってしまうのでしょうか?

妊娠ニキビが出やすい時期

妊娠ニキビは、妊娠中、常に出やすいものではなく、発生しやすい時期があります。

通用、妊娠後のニキビは妊娠2ヶ月頃の妊娠初期(週数で数えると4~6週頃)に現れやすいとされています。

 
発生する部位は顔や背中、胸など広い範囲で、妊娠前に肌トラブルが見られなかったような部位に突然ニキビが見られる場合も少なくありません。

妊娠初期は、ホルモンバランスが大きく変化を見せる時期にあたり、このことがニキビをはじめとした肌トラブルの原因になっていると考えられます。

 
それを裏付けるように、妊娠中期(週数で16周目以降)に入ると、女性ホルモンの分泌やホルモンバランスが安定し、肌トラブルやニキビの症状が落ち着くとされています。

一般的に、出産後は肌の状態が元に戻るため、妊娠ニキビが再発する可能性は低いとい言われています。

 
しかし、妊娠中にニキビケアを怠ってしまうと、出産後もニキビができやすい肌状態が続いてしまったり、ニキビ痕や色素沈着が消えずに悩むこととなります。

そのため、妊娠中もできてしまったニキビに対しては、適切なケアを行うことが大切です。

参考

妊娠初期の肌荒れ ゼクシィBaby

 

妊娠中にニキビが発生する原因とは

妊娠中にニキビができやすくなる原因には、次のようなものがあります。

ホルモンバランスの乱れ

妊娠初期には、女性ホルモンの一種であるプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌が活発になります。

このプロゲステロンには、着床間もない胚を守るために子宮内膜を厚くするなど、子宮内の状態を整えて流産を防ぐ役割があります。

 
しかし、プロゲステロンの分泌量が増えると、腸の動きが悪くなり、便秘やむくみが起きやすくなるという問題もあります。

妊娠中でない女性の場合、プロゲステロンの分泌は排卵期後の黄体期に多くなりますが、この期間は月経前症候群(PMS)が出てくる時期と重なります。

 
妊娠中にプロゲステロンの分泌が増加するということは、言うなれば月経前症候群(PMS)の時期が続くのに等しいため、肌荒れやニキビといった肌トラブルが起きやすくなるのも頷けます。

妊娠中期以降になると、プロゲステロンの分泌が落ち着き「美容ホルモン」とも呼ばれる女性ホルモンの一種であるエストロゲンの分泌が優位となります。

 
その時期になると肌状態が落ち着き、ニキビが改善する傾向にあるようです。

ニキビの原因、「ホルモンバランスの乱れ」って何?

ニキビの原因の一つに「ホルモンバランスの乱れ」があります。 よく聞く言葉ではあるものの、具体的にはどういうことなのか、何に気を付ければ良いのかはよく分からないで ...

便秘

妊娠中は、プロゲステロンの影響や子宮による胃や腸の圧迫などが関係して、便秘が起こりやすくなります。

妊娠前まで便秘に悩んだことがなかったという方であっても、妊娠中には便秘に悩まされることが多くなり、体内に毒素が溜まりやすくなってしまいます。

 
腸内環境の悪化や体内の毒素の蓄積は、肌の状態にダイレクトに反映されるため、妊娠中の便秘がニキビの原因となるケースが多いとされています。

また、便秘が続くと皮膚の水分量が減少し、乾燥肌や敏感肌になりやすいという問題もあります。

 
ニキビの原因となるような過剰な皮脂の分泌が見られないという場合は、便秘による肌の乾燥や角質硬化、刺激への過分な反応などがないか確認することをおすすめします。

食生活の乱れ

妊娠初期にみられるつわりの時期には、特定の食べ物しか受け付けない、栄養価の高い食物を食べることができないなど、食生活に大きな乱れがでます。

つわりで偏食傾向になると、十分な水分や栄養素が摂取できなくなり、美しい肌を保つための栄養素やミネラル、ビタミンなどが不足しやすくなります。

 
つわりの時期に栄養バランスのとれた食生活をおくることは困難という方も多いかと思いますが、極端な偏食がニキビの原因となる可能性があることは理解しておく必要があると言えるでしょう。

ニキビ・ニキビ跡に効果的?玄米に含まれる美肌成分とは?

健康に良い食事としてとりあげられることの多い「玄米」。普段の食事に取り入れている方もいらっしゃると思います。 この玄米が、ニキビやニキビ跡の改善にも効果をもたら ...

 

妊娠中のニキビケアとその注意点

妊娠中のニキビは、原因が分かっていても対処が難しいという問題があります。

そのため「いかにニキビができにくい状態を保つか」「できてしまったニキビにどう対処するか」を考えることが大切となります。

 
妊娠中のニキビケアのポイントには、次のようなものがあります。

1.食生活に気を配る

妊娠初期は、つわりがあったり食事の嗜好が変わったりと、通常よりもバランスのとれた食生活を送りにくい状況にあります。

そのため、できる範囲でよいので、食生活を改善する努力を続けていくことが重要です。

 
栄養バランスやカロリーを細かく管理・チェックするような食生活は、過度のストレスを招くなど、妊婦の心身に悪影響を与える可能性があります。

揚げ物や甘いお菓子を控える、緑黄色野菜をできるだけ食べる、つわりに影響しない栄養価の高い食材を選ぶなど、食生活の改善は手近なところから初めてみましょう。

【食べ過ぎ注意!】ケーキがニキビによくないって本当?

美味しいケーキやスイーツは、気分を明るくしてくれたり、ストレスを緩和してくれたりしてくれる、とても素敵な存在です。 甘い物が大好きな方の中には「ケーキがない生活 ...

2.肌を清潔に保ち、保湿をしっかり行う

妊娠中は、ホルモンバランスが崩れ、乾燥肌や敏感肌になりやすい傾向にあります。

これを予防するためにも、毎日正しい洗顔を行い、肌を清潔な状態に保つよう心がけ、化粧水・クリームなどを用いた保湿で、肌の保護することが大切です。

 
最近は、ニキビケアに特化した低刺激の化粧水も販売されていますので、そういった機能性に優れたスキンケア用品を活用するのもおすすめです。

3.ニキビ薬を使用する場合は、医師・薬剤師に相談する

妊娠ニキビが悪化した場合、市販のニキビ薬で症状を緩和したいと考えることもあるかと思います。

しかし、ニキビ薬の中には妊婦に禁忌とされる成分が含まれているケースがあるので要注意です。

 
また、皮膚科で処方されるニキビ薬の中にも、妊婦禁忌の抗生剤も存在します。

ニキビ薬の使用を考える場合は、医師や薬剤師に相談し、妊娠中でも使用可能な薬を服用・塗布するよう徹底しましょう。

 

この記事のまとめ

  • 妊娠ニキビは妊娠初期に発生しやすい
  • 妊娠中のニキビは、ホルモンバランスの乱れや便秘が原因となって起こる
  • 妊娠中のニキビ対策は、洗顔や保湿、食生活の改善などが基本となる
  • ニキビ薬を使用する際には、医師や薬剤師に相談することが大切